KDDI、au向けタフネススマホ「TORQUE G03 KYV41」の新色レッドを3月23日に発売!海水に加えて鉄板・コンクリートに1.8mから落とす試験もクリアな人気モデル



au向けタフネススマホ「TORQUE G03」の新色レッドが3月23日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は19日、au向け「2017年夏モデル」のうちの約4.6インチHD(720×1280ドット)TFT液晶を搭載したタフネススマートフォン(スマホ)「TORQUE G03(型番:KYV41)」(京セラ製)の新色レッドを2018年3月23日(金)に発売すると発表しています。

TORQUE G03は昨年6月30日に発売され、今年1月9日に開催された「2018年春モデル」の説明会で新色レッドを追加すると発表し、3月下旬発売予定としていました。auショップなどのau携帯電話取扱店や公式Webストア「au Online Shop」にて予約受付が実施されています。

価格(税込)は既存カラーと同じで、au Online Shopでは本体価格79,920円の毎月割を引いた実質負担額39,960円(分割1,665円/月×24回)からで販売されています。またauではTORQUE G03に対して「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを提供予定としています。

また開発・製造を担当する京セラでは2018年4月27日(金)から29日(日)に行われる距離約170kmにもおよぶ富士山の山麓や登山道などを走り歩きつなぐアウトドアイベント「ULTRA-TRAIL Mt.FUJI 2018(UTMF 2018)」に協賛して“モバイルフォンサプライヤー”として大会スタッフ用に「TORQUE G03」を提供するとしています。


レッドが追加されて全4色展開に



TORQUE G03の新色レッド

TORQUE G03は京セラのタフネスモデル「TORQUE」シリーズにおけるau向けスマホ「TORQUE G」第3弾で、既存製品と同様にまざまな環境に耐えられる超タフネススマホとなっており、チップセット(SoC)「Snapdragon 625(MSM8953)」(2.0GHz×8コア)や3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したミッドレンジモデルです。

前機種の「TORQUE G02(型番:KYV35)」に続いて海水にも対応しているほか、さらに屋外や作業現場での通話利用や写真撮影を想定した高さ1.8mから鉄板・コンクリートに26方向で落下させるメーカー独自試験をクリアし、ガラス割れを防ぐハイブリッドシールドと本体をガードする四隅のバンパー、背面カバーを金属ネジでがっちりロックし、万が一の落下時にも万全の仕様となっています。

背面には1300万画素と200万画素のデュアルカメラを搭載し、135°スーパーワイドアクションカメラなどに対応。また専用機能として海の中での撮影や魚を釣ったその場で記録できる「Fishing Log」に加え、新機能の「Sailor's Log」でセーリングのトレーニングも可能となっています。

その他の仕様は32GB内蔵ストレージおよびmicroSDXCカードスロット(最大256GBまで)、2940mAhバッテリー、約1300万画素CMOS+約200万画素CMOSのデュアルリアカメラ、約500万画素CMOSフロントカメラ、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2、ステレオイヤホンジャック、USB Type-C端子など。

au VoLTEやおサイフケータイ(FeliCa)、緊急速報メール、Wi-Fiテザリング(最大10台接続)、au世界サービスに対応し、SIMカードはnanoSIMカード「au Nano IC Card 04」(4FF)を採用し、受信最大225Mbpsおよび送信最大37.5Mbpsで利用可能。サイズは約145×71×13.6mm(最厚部16.9mm ※突起部除く)、質量は約198g。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・TORQUE G03 関連記事一覧 - S-MAX
・最強スマートフォン「TORQUE (R) G03」の新色「レッド」3月23日より発売開始 | 2018年 | KDDI株式会社
・TORQUE G03 通販 | au オンラインショップ | 価格・在庫情報

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】これからの一眼レフは1000万画素がスタンダード

2006年は、一眼レフのブームや低価格化が進んだことにより各メーカーから数々のデジタル一眼レフカメラが発売された。その中でも脚光を浴びたのが、今回紹介するNikon「D80」とPENTAX「K10D」ではないだろうか。「D80」は、低価格の一眼…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…