Unihertz、超小型SIMフリースマホ「Jelly Pro」にソフトウェア更新を提供開始!技適マークが電子表示に、Android 8.1 OreoへOSバージョンアップを予告。桜の背面カバーなどのプレゼントも



超小型スマホ「Unihertz Jelly Pro」にソフトウェア更新!Android 8.1 Oreoも提供予定

Unihertz(ユニハーツ)は12日(現地時間)、約2.45インチワイドQVGA(240×432ドット)液晶を搭載したLTE対応の超小型スマートフォン(スマホ)「Jelly Pro」に対してソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

Jelly Proは日本国内でローミング以外で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)を取得し、今年2月にAmazon.co.jpにて正式販売を開始していました。

これまで日本向けに正式販売されたJelly Pro(型番:JPRO-02)には、レビューで紹介したように本体の背面カバーを外し、電池パックを取り外したところに技適マークが記載されていましたが、今回のソフトウェア更新によって技適マークなどの規制情報が電子表示に対応しました。

また電話アプリに画面オフにする時間設定が追加されたほか、Androidセキュリティパッチレベルも「2018年1月5日」となるなどしています。なお、Unihertzでは合わせてJelly Proに「Android 8.1(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを提供することも明らかにしており、まもなくリリースしたいとしています。

今回のソフトウェア更新による変更点は以下の通り。ビルド番号は「Unihertz_Jelly-Pro_20180308」。その他、同社では桜の時期と日本での正式販売を記念して桜をモチーフにしてデザインした限定背面カバー5つをプレゼントするキャンペーン( https://www.unihertz.com/store/cherry-blossom-festival-giveaway/ )を実施すると発表しています。

[Add]
Add regulatory info menu (Settings->About phone->Regulatory information)
Add screen off time setting menu for call UI (Phone->Settings->Call settings)

[Optimization]
Optimize caller ID display issue
Fix dialpad popup issue when calling Voicemail
Optimize network roaming algorithm for Austria Tele.ring

With this new version, Japanese users can find the Japan certification in “Regulatory information” which will assure you the device can be legally used.
And you can adjust the screen off time in the menu according to your requirement.

Thanks for all the feedbacks so we can keep improving the SW!

Now we are working on the Android 8.1 system and hope to release it soon.



プレゼントされる桜バージョンの背面カバー

Jelly Proは昨年5月に発表されたLTE対応の世界最小スマホ(発表時)で、当初はクラウドファウンディング「Kickstarter」にて資金調達していましたが、無事に成功して海外では昨夏から出荷が開始し、その後、日本でも技適マークを取得して今年2月に正式販売が開始されました。

サイズは約92.4×43×13mm、質量は約60.4gと非常に小型で、本体カラーはパールホワイトおよびスカイブルー、スペースブラックの3色展開。OSはAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)を搭載していますが、Android 8.1 OreoへのOSバージョンアップを予定していることも案内されました。

・Unihertz、LTE対応2.45インチ超小型スマホ「Jelly Pro」を日本で正式に発売!技適マークも取得したSIMフリー版で、Amazon.co.jpにて1万3788円で販売中 - S-MAX
・話題沸騰の超小型Androidスマホ「Unihertz Jelly Pro」を徹底チェック!音楽プレイヤーやテザリング端末として十分すぎる便利さ【レビュー】 - S-MAX
・話題沸騰の超小型Androidスマホ「Unihertz Jelly Pro」を徹底チェック!音楽プレイヤーやテザリング端末として十分すぎる便利さ【レビュー】 - S-MAX

桜バージョンの背面カバーのプレゼントキャンペーンは、同社の公式TwitterアカウントやFacebookページにおける該当投稿を「いいね」または「シェア」して一番好きな桜背面カバーを選んでコメントなどで投稿すると応募でき、桜背面カバー付きのJelly Proが1人、桜背面カバーが20人にプレゼントされます。

当選者には3月23日に連絡され、さらに最も人気のあった桜バージョンの背面カバーは3月26日から4月16日まで予約注文で9.99ドル(約1,100円)で購入できるほか、期間終了後も通常価格12.99ドル(約1,400円)で買えるということです。

Unihertz Jelly Pro, 世界最小の4Gスマートフォン, 2GBのRAM と 16GBのROM を搭載したAndroid 7.0 Nougat ロック解除された, 青 [Wireless Phone Accessory]
Unihertz



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・エスマックス(S-MAX)
・Jelly, The Smallest 4G Smartphone by Unihertz - Kickstarter
・Jelly, The Smallest 4G Smartphone by Unihertz - Kickstarter

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】新触感!au design project 第6弾を飾る「MEDIA SKIN」

auがリリースしてきたオシャレで個性的な端末"au design project"。その6番目として登場したのが「MEDIA SKIN」である。単にデザイン重視というだけでなく、世界初の26万画素有機ELメインディスプレイの採用や、ワンセグに対応、131万…

【気になるトレンド用語】携帯会社が争う″モバイルWiMAX″って何?

近頃、"WiMAX"という言葉がインターネットニュースなどで多く見るようになりました。どうやら無線LANと関係がありそうなのですが、携帯メーカーも乗り出しているモ"バイルWiMAX"というのもあるようです。■WiMAX(ワイマックス)ってなに…

【世界のモバイル】″モバイルWiMAX″は日本メーカーの救世主となるか

2.5GHz帯を利用する広域無線通信サービスの免許が総務省から2社に交付された。1社は次世代PHS方式を採用するウィルコム、もう1社はモバイルWiMAX方式を採用するワイヤレスブロードバンド企画である。このうちモバイルWiMAXは国際的に…

ポケットシステムズ、iPhone 3G用着せ替えカバーの販売を開始

ポケットシステムズは、iPhone 3G用着せ替えカバーの販売を開始した。背面全体を覆うタイプ10種、背面の上部が空いたオープントップタイプ4種の計14種類があり、価格は1260円。●着せ替えカバー iPhone 3G洋服を着替えるようにiPhone 3G…

一足先にWiMAX体験 便利な韓国のレンタルサービス【世界のモバイル】

日本でも来年からWiMAXサービスが開始される予定だが、お隣の韓国では2006年からWiMAXのサブセット版と言えるWiBroサービスが提供されている。高速移動中でも小型のモデムやUMPC、携帯電話型端末などを利用して快適にインターネットへア…