ソフトバンク、ワイモバイル向けシャープ製スマホ「Android One 507SH」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始



Y!mobileのAndroid Oneスマホ「507SH」がAndroid 8.0 Oreoに!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は7日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向けに2016年7月に発売した初の「Android One」シリーズのスマートフォン(スマホ)「507SH, Android One」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2018年3月7日(水)より順次提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)でネットワーク経由によるOTAが用意されており、更新の完了までに最大80分程度かかる場合があるとしています。更新後のビルド番号は「S2005」。主な変更点は以下の通り。

・Android 8.0へのOSバージョンアップ
・セキュリティの向上

※上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。
※ご利用中の端末の更新後のソフトウェアバージョンを確認する際は>" target="_blank"><<操作手順>>をご覧ください。
※シャープ 507SH, Android Oneサポート情報は>" target="_blank"><<こちら>>をご覧ください。




507SH, Android Oneはワイモバイル向けでは初のAndroid Oneスマホとして発売され、当初はOSにAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を搭載していましたが、その後、2016年10月27日にAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)へのOSバージョンアップが提供開始されていました。

そして今回、2回目のOSバージョンアップとなるAndroid 8.0 Oreoも提供開始され、Android Oneシリーズは発売から最低18ヶ月のソフトウェア更新と、少なくとも1回のOSバージョンアップが保証されていますが、2回目のOSバージョンアップが来ました。

また合わせてAndroidセキュリティパッチレベルの更新も行われており、こちらも最低18ヶ月をすでに超えているため、利用者としては嬉しいところではないでしょうか。この後、Androidセキュリティパッチレベルの更新はいつまで実施されるのかわかりませんが、できるだけ継続して欲しいものです。

更新はメインメニューから行う場合は、アプリ一覧から「設定」を選択し、「端末情報」→「システムアップデート」を選んでいき、「アップデートをチェック」を選択後、「再起動してインストール」で実施できます。

またステータスバーのアイコンから行う場合はステータスバーに更新アイコンが表示されていたらステータスバーから選択し、「ダウンロード」を選んで「再起動してインストール」で行います。なお、どちらの更新方法でも更新内容は同じです。更新に際する注意点は以下の通り。

※ソフトウェア更新中は、発着信を含む各機能をご利用できません。また、緊急通報(110番、118番、119番)をご利用することもできません。
※ソフトウェア更新の完了までに最大80分程度かかる場合があります。
※ソフトウェア更新には、本体メモリの空き容量が約1GB以上必要です。
※ソフトウェア更新後は以前のAndroidバージョンへ戻すことはできません。
※ソフトウェア更新を行う際は通信が切断されないよう、電波状態のよい場所で移動せずに実施してください。
※ソフトウェア更新中は、絶対に本機の電源を切らないでください。故障の原因となります。
※ソフトウェア更新は電池を十分に充電した状態で実施してください。ソフトウェア更新中に電池切れになると、故障の原因となる可能性があります。本機の状況(故障・破損・水濡れ等)によっては、保存されているデータが破損・消失されることがあります。必要なデータは、ソフトウェア更新前にバックアップしておくことをおすすめします。なお、データが破損・消失した場合の損害につきましては、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
※ソフトウェア更新による個々のアプリケーションの動作保証はできません。更新の前に、ご利用のアプリケーションに関する対応OSバージョンをご確認の上で実施してください。なお、当社提供アプリケーションの対応状況はこちらをご確認ください。




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Android One 507SH 関連記事一覧 - S-MAX
・507SH, Android Oneをご利用中のお客さまへ 〜Android 8.0提供のお知らせ〜 | ワイモバイル(Y!mobile)

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】ワンセグ対応!定額モバイルブロードバンド端末「EM・ONE」を体験

イー・アクセス株式会社が2007年2月19日に発表した「EM・ONE(エムワン)」は、OSにMicrosoft Windows Mobile 5.0 software Pocket PC 日本語版(Windows Mobile 5.0)を採用し、最大3.6MbpsのHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバ…

【ケータイラボ】モバイル天国のスタート!ブロードバンドが持ち歩ける「EM・ONE」レポート

2007年3月31日、新しい携帯電話事業社であるイー・モバイルが新モバイル・ブロードバンドサービスを開始した。サービス名称は「EMモバイルブロードバンド」で、最初はデータ通信サービスのみの提供である。音声通話サービスは2008年3…

【世界のモバイル】″ブランド品″ケータイをもてない日本人! ″PRADA Phone″にみるブランド電話の魅力

LG電子製のPRADAブランド携帯「The PRADA Phone by LG」が海外市場にお目見えした。約10万円の価格もさることながら、PRADAそのもののデザインはPRADAファンのみならず携帯電話市場でも大きな話題となっている。携帯電話方式がGSMのため…

【モバイル通信の実力チェック】高速・低コスト!ブロードバンド端末 ″EM・ONE″は、本当に高速か?

イー・アクセスが提供する"EM モバイルブロードバンド"は、最大3.6Mbps※のHSDPA通信サービスを月額基本料金5,980円の定額で利用できる高速な通信サービスだ。ほかにも最大3.6MbpsのHSDPA通信サービスを提供している通信事業者は存在する…

【ケータイラボ】出先で利用するのはどれがオススメ? 最新の″カード型通信端末″をチェック

筆者は、出先で仕事をすることが多くあるので、ノートパソコンを持ち歩くことが多い。特に最近はモバイルタイプのノートパソコンが軽量化したことで、持ち運びに苦痛を感じなくなったから持ち歩くことが多くなった。また、無線LANに対応…