ファーウェイの約2.5万円の縦長画面&ダブルレンズカメラ搭載スマホ「HUAWEI nova lite 2」の価格をまとめて紹介!単体購入はgooSimsellerやイオンモバイルなどで可能



SIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 2」の価格をチェック!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は流行りの縦長画面やダブルレンズリアカメラを搭載したSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite 2」(Huawei Technologies製)を2018年2月9日(金)に発売しています。

画面はアスペクト比9:18の約5.65インチフルHD(1080×2160ドット)TFT液晶となっており、背面には約1300万画素+約200万画素のダブルレンズカメラを搭載し、HiSilicon製チップセット(SoC)「Kirin 659」(オクタコアCPU)や3GB内蔵メモリー(RAM)などとエントリー向けながらスペックはミドルレンジとなっています。

同社が昨年12月に発売したミッドレンジスマホ「HUAWEI Mate 10 lite」と比べても「縦長画面」や「ダブルレンズカメラ」、「指紋センサー」、「Kirin 659」といった仕様は同じとなっており、約5.9インチFHD+や前面もダブルレンズカメラ、RAMが4GBなどの違いはあるものの、その分さらに価格が抑えられ、安くなっているのが特徴です。

例えば、HUAWEI nova lite 2は基本的にMVNOから各社のSIMカード(携帯電話回線契約)とセット販売となっていますが、単体購入できるAmazon.co.jpではHUAWEI nova lite 2が24,624円、HUAWEI Mate 10 liteが40,123円となっています。

価格(税込)やざっくりとした主なキャンペーンなどは以下の通り。なお、gooSimsellerのらくらくセットはNTTコミュニケーションズのMVNOサービスである「OCN モバイル ONE」の音声SIMの契約が必須となっているため、最低利用期間が6ヶ月となっています。

そのため、最も安い110MB/日コースでも月額1,728円がかかり、初期費用3,240円を加味するとほぼAmazon.co.jpで販売されているgooSimsellerの通常セットと同額となるため、手間を考えれば半年間OCN モバイル ONEが使えるのがメリットとならないのであればお得とは言えなそうです。

また単体購入は若干高くなりますが、イオンモバイルでも可能なほか、楽天モバイルの契約者なら単体で追加購入できるということなのでそういったものを利用するのも良さそうです。

MVNO価格分割払いその他(特典など)
gooSimseller10,584円発売記念キャンペーン(通常18,144円)。らくらくセット(OCN モバイル ONE契約必須)
IIJmio23,544円Amazonギフト券3,000円分キャッシュバック
NifMo24,000円最大20,100円キャッシュバック。機種変更は21,384円
BIGLOBEモバイル25,920円最大10,800円キャッシュバック
LINEモバイル28,058円 
エキサイトモバイル25,704円最大10,000円キャッシュバック
DMMモバイル28,058円3周年キャンペーン
イオンモバイル31,104円単体購入は27,864円
楽天モバイル21,600円スーパーホーダイ(複数年契約)で最大20,000円キャッシュバック。既存契約者は単体購入可能
mineo24,624円2月15日発売。音声契約は月900円×6ヶ月割引


HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue) [エレクトロニクス]
NTTコミュニケーションズ



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・HUAWEI nova lite 2 関連記事一覧 - S-MAX

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】安心と使いやすさを実現!子どもを守るケータイ「コドモバイル 812T」

「コドモバイル 812T」は、ソフトバンクモバイル初の子ども向けGPS機能付ケータイ。発売時期は2月中旬以降を予定し、価格はオープンプライス。カラーバリエーションは、ブルーとピンクの2色。「コドモバイル 812T」は、液晶上部のスイ…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【世界のモバイル】世界はモバイルインターネットの時代へ

今や一大産業となった携帯電話コンテンツビジネス。しかし日本や韓国では携帯コンテンツの利用は日常的になっているものの、他の市場ではまだまだ普及途中の段階で、携帯電話を音声端末としてのみ利用しているユーザーが大多数に上って…

【ケータイラボ】ワンセグ対応!定額モバイルブロードバンド端末「EM・ONE」を体験

イー・アクセス株式会社が2007年2月19日に発表した「EM・ONE(エムワン)」は、OSにMicrosoft Windows Mobile 5.0 software Pocket PC 日本語版(Windows Mobile 5.0)を採用し、最大3.6MbpsのHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバ…