秋吉 健のArcaic Singularity:電気自動車は自動運転の夢を見るか。変革期へ突入した自動車の現在と未来を考える【コラム】



テクノロジーの視点からクルマの未来と問題点を考えてみた!

米国の民間宇宙開発ベンチャー、スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(以下、スペースX)は日本時間7日未明、自動車メーカー・テスラのスポーツカー「ロードスター」を宇宙へ打ち上げました。

……これだけを書くとまるでどこかの出来の悪いフェイクニュースのようですが、笑うなかれ事実なのです。スペースXとテスラの創設者であるイーロン・マスク氏の突拍子もない発想やその大胆さ、そして実行力は常にIT業界やテクノロジーの分野で驚きを与えてくれますが、今回は自社のロケット開発力の高さをアピールするため、同じく自社の電気自動車(EV)を実験台として使用したのです。

本来であればここでロケットの技術解説などを延々と書き綴るべきなのでしょうが、今回は残念ながらロケットではなく自動車のお話です。世界の自動車業界が一気にEVやハイブリッド自動車(HV)へと舵を切り始めたきっかけを作ったのもテスラであり、誰もが最初はイーロン・マスク氏の大言壮語だとばかり思っていたものが圧倒的な行動力と実行力によって次々と実現させていったことが大きな要因となったのは間違いないでしょう。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はそんな次世代自動車の未来と現実を考えてみたいと思います。


宇宙に浮かぶ地球とロードスター。まるでCGのようだが現実の画像だ


■新技術は常に新たな問題との戦いである

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

テクノロジーにアナログで挑む? ハイブリッドカー vs 淵上の足【最新ハイテク講座】

海面上昇や異常気象、生態系の変化など、最近は地球温暖化の影響が騒がれている。人類が放出する二酸化炭素などの温室効果ガスは地球温暖化を加速する要因としても問題視されている。特に化石燃料を大量に使用する自動車は温室効果ガス…

どこがスゴイの? インフルエンザ対策にもなる「アレルキャッチャーマスク」【最新口コミ モノ・トレンド】

花粉症をはじめとして、各種アレルギーに悩む人は多い。 また、新型インフルエンザが大流行したことは記憶に新しい。秋には、毒性も上がり再流行するのではとの懸念も出されているのだ。新型インフルエンザ対策としては、春に売り切れ続…

鳩山政策もゲーム機競争も先行きは不透明!未来は天のみぞ知る?【4コマでわかる時事ニュース】

何かと話題の鳩山内閣ですが、それだけ世間の注目度が高いということでしょう。2020年までに二酸化炭素の排出量を25%削減するとの政策にEU諸国が絶賛したとのことですが、高速料金を無料化により排出量が33%増えるのでは?との懸念もあ…

未来の巨匠に会えるチャンス!RING CUBE、写真展「OVERSEAS - 世界を選んだ若手作家たち - 」

株式会社リコーは、東京・銀座のフォトギャラリー「RING CUBE」において、写真展「OVERSEAS - 世界を選んだ若手作家たち - 」を11月18日より開催すると発表した。今回の企画は、海外で活躍している日本人若手写真家5人の作品を展示する…

シャープ、新スローガン!目指してる、未来がちがう。

-「目の付けどころがシャープでしょ。」から20年ぶりに変更 -シャープ株式会社は2010年1月5日、同社のスローガン「目の付けどころがシャープでしょ。」を1月より一新すると発表した。従来のスローガン「目の付けどころがシャープでしょ…