Qualcommの次世代通信チップ「Snapdragon X50 5G Modem」でSprintなどが2019年に5G商用サービスを開始!NTTドコモやauも実証実験で使用――次期ハイエンドSoCは「Snapdragon 855」に




Qualcomm傘下のQualcomm Technologiesは8日(現地時間)、次世代移動通信システム「5G(第5世代)」向け通信モデムチップ「Snapdragon X50 5G Modem」を日本のNTTドコモやKDDIを含む、VerizonやVodafone、China Mobileなどの世界の主要な通信事業者が5Gのトライアルにて使用すると発表しています。

同社では2019年にも5Gの商用サービスがスタートするとしており、富士通やシャープ、ソニーモバイルなどを含めた各メーカーが対応製品を開発しており、さらにソフトバンクグループでは2月7日に開催した「2018年3月期 第3四半期 決算説明会」にて傘下のSprintがこのSnapdragon X50 5G Modemを利用して2019年に5Gの商用サービスを開始することを明らかにしています。

またこの説明会においてソフトバンクグループではSnapdragon X50 5G Modemを搭載したQualcommの次期ハイエンド向け統合チップセット(SoC)が「Snapdragon 855(SDM855)」になることを示しています。


Snapdragon X50 5G Modemは5Gに向けて開発が進められている通信モデムチップで、第2世代(2G)や第3世代(3G)、第4世代(4G)といった4世代に対応し、2019年に5G(フェーズ1)に対応した最終版がリリース予定となっています。

5Gで導入される各仕様によってSnapdragon X50 5G Modemは、24〜100GHz帯のmmWave(ミリ波)を利用して最大8波のキャリアアグリゲーション(CA)によって8×100MHz=最大800MHzの帯域幅を利用するほか、MIMOを利用してアダプティブビームフォーミングやビームトラッキングなどによって新たに最大5Gbpsのダウンロードをサポートします。

今回、Qualcomm TechnologiesではNTTドコモやKDDI、AT&T、British Telecom、China Telecom、China Mobile、China Unicom、Deutsche Telekom、KT、LG Uplus、Orange、Singtel、SK Telecom、Sprint、Telstra、TIM、Vodafone Group、Verizonが3GPP Release 15に基づいた「5G NR」のトライアルをSnapdragon X50 5G Modemを用いて実施する予定であることが発表されました。

またSnapdragon X50 5G Modemシリーズを採用するメーカーではASUSTeK ComputerやFujitsu/Fujitsu Connected Technologies、HMD Global、HTC、Inseego/Novatel Wireless、LG Electronics、NetComm Wireless、NETGEAR、OPPO Mobile Telecommunications、SHARP、Sierrra Wireless、Sony Mobile Communications、Telit、vivo、Wingtech、WNC、Xiaomi、ZTEが採用し、2019年以降に6GHz以下のmmWaveに対応した製品を開発しているとのこと。

なお、Sprintでは2.5GHz帯において2019年にも3GPP Release 15を用いた4G+5G NRを併用するノンスタンドアローンにてサービスを開始する予定で、通信速度が向上し、さらに他社のようなより波長の短い周波数帯ではなく、4Gにも利用している2.5GHz帯を使うことで5Gのエリアも面展開できると説明していました。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Global Mobile Operators Select Qualcomm Snapdragon X50 5G Modem for Mobile 5G NR Trials in 2018 | Qualcomm
・Global OEMs Select Qualcomm Snapdragon X50 5G NR Modem Family for Mobile Device Launches in 2019 | Qualcomm
・Snapdragon X50 5G Modem | Qualcomm
・2017年度 | 説明会資料・動画 | IR情報 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
・Release 15 - 3GPP

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

ケータイでFTTH並みの速度を実現!次世代の通信規格「LTE」の最前線【最新ハイテク講座】

最近の携帯電話は、メール機能や音楽再生機能、デジカメ機能など多機能化が進んでいるが、そんな携帯電話に新たな展開が見え始めている。総務省は2009年1月23日、「3.9世代移動通信システムの導入のための特定基地局の開設に関する指針…

真のモバイル・ブロードバンド時代へ!「UQ WiMAXサービス開通式」レポート【ケータイラボ】

UQコミュニケーションズ株式会社は、高速モバイルデータ通信が利用できる世界基準のフューチャー・ブロードバンド通信サービス「UQ WiMAXサービス」を開始するのに先立ち、2009年2月26日、都内 帝国ホテル本館4階「桜の間」において「UQ…

IE8は次世代ブラウザの地位を守れるか?【気になるトレンド用語】

インターネットを利用する上でもっとも使われるツールがウェブブラウザです。ウェブブラウザは、Netscape Navigatorを経てマイクロソフトがWindowsにInternet Explorer(以下IE)を同梱するようになってからは、IEが定番ツールとして利…

レジで赤恥? うれしいサービスの落とし穴と初恋のツケは痛い【4コマでわかる時事ニュース】

今週の時事4コマは、喜怒哀楽はっきり分かれた話題をお届けしましょう。【喜】不況の中でも好調なコンビニですが、うれしいサービス「お得意様サービス」をファミリーマートが実施へ。でもそこには落とし穴、レジ前で私たちの秘め事が……

ネットブックとモバイラーの救世主!次世代の高速データ通信「WILLCOM CORE XGP」【最新ハイテク講座】

低価格なインターネット端末としてネットブックが急速に普及しているが、インターネット利用がメインであるネットブックの一番の悩みは屋外での通信環境だ。ネットブックには、無線LAN機能を備えたマシンも多いが、屋外で利用可能な無線…