ワイモバイルのiPhone SEが一括1円、SIMフリースマホ「HUAWEI P10」が一括19,800円などのセールをヨドバシカメラで実施中!オンラインでもSIMカード契約で最大2万円キャッシュバック



shimajiro@mobiler

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄が提供する携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」において小型4インチスマートフォン(スマホ)「iPhone SE」(Apple製)の32GBモデルが「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」にて一括1円で販売されていた。

また同店舗ではワイモバイルの契約とSIMフリースマホのセット販売でも大幅割引を行なっており、例えば、人気のハイエンドモデル「HUAWEI P10」がおよそ4万円の割引で一括19,800円(通常60,440円)などとなっており、その他の機種でも15,000〜20,000円の割引が実施されていた。


HUAWEI P10が一括19,800円



HUAWEI P10以外の機種の割引額は15,000〜20,000円前後

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとして展開しており、メインブランド「[[SoftBank]]」は大容量かつハイエンドモデルなどを用意しているのに対し、ワイモバイルははじめてスマホを持つ人や低価格に抑えたい人などに向けたサービスを展開している。

とはいえ、ワイモバイルでは通信品質はSoftBankと同等となっているし、SoftBank向けに提供されている「SUPER FRYDAY」などの一部サービスは対象外なものの、無料で「Yahoo!プレミアム」は使えるなど、月額料金を安く済ませたい場合にはオススメできる。

そんなワイモバイルのiPhone SEが32GBモデルでは一括1円で販売されていた。これは約4.2万円OFFとなる「iPhone SE一括販売特典」による割引を適用して購入する場合となる。

【ワイモバイルにおけるiPhone SE一括販売特典を利用した場合の価格】
iPhone SE(32GB)本体代金:52,380円
iPhone SE一括販売特典:-41,796円
店舗独自値引き:-10,584円
---------------------------------------------
支払額:1円

このiPhone SE一括販売特典では、購入から24カ月以内に解約すると最大で29,999円のペナルティーが通常の解除料に加えて発生するほか、SIMロック解除が行えるのは購入から101日目以降になる点は注意が必要だ。

●契約月を1ヵ月目として、24ヵ月以内(ご請求月単位)に解約された場合、経過期間に応じた解除料(32GBは最大29,999円、128GBは最大40,000円)が、スマホプランS/M/Lの契約解除料10,260円に追加でかかります。

●本特典にてご購入の端末はSIMロックの即時解除(一括購入)の対象外となります。

なお、iPhone SEの32GBモデルを一括1円で購入した場合の月額料金は、最も安い「スマホプランS」(特典で高速通信量が月2GBまで)で税抜1,980円(1年目)からとなる。


ワイモバイルの料金プラン「スマホプランS・M・L」

この他、ワイモバイルのSIMカード(携帯電話回線契約)とSIMフリースマホの同時購入での割引も実施されており、中でもHUAWEI P10が一括19,800円で販売されていた。その他の機種では通常20,000円前後の割引が多くなっているので、HUAWEI P10が40,000円引きで購入できるのはお得と言えそうだ。

ただし、キャンペーン期間は「月初限定」とされており、明確な期限は不明(確認したのは2月初旬)。また割引条件として、スマホプランMまたはスマホプランLの契約での申込が必要とのこと。プランについては、翌月以降にスマホプランSへの変更も問題なし。ただし、端末購入から2年以内に解約すると通常の解除料とは別に最大10,000円のペナルティーが発生する点は注意となる。

他の機種なら公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」でSIMカードのみの契約をすれば、スマホプランSで10,000円、スマホプランM・Lで20,000円のキャッシュバックが得られるので、そちらを利用しても良いだろう。



記事執筆:shimajiro@mobiler


■shimajiro@mobiler


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【デジカメ調査室】720万画素で最大18倍ズーム!コンパクト高倍率ズームデジカメ「FZ8」

「FZ8」は、軽量コンパクトサイズに、720万画素CCDと最大18倍※の望遠撮影が可能な光学12倍ズームレンズを搭載したデジタルカメで、2月9日より発売を開始する。カラーバリエーションは、シルバーとブラックの2色。価格は、オープンプ…

【世界のモバイル番外編】日本登場はあるのか?全世界が浮かれた″iPhone″狂乱騒ぎ

発表から5ヶ月の時間を経て、ようやく6月29日にアメリカで発売されたアップル初のケータイ「iPhone」。全米のアップルストアの前には、1秒でも早く手に入れようとする人たちの行列で埋め尽くされた。なかでも、NY店の前には100時間以…

【世界のモバイル】複雑怪奇な日本のケータイ料金!不透明な″割引″は解決できるのか?

auに引き続き、NTTドコモも基本料金が最大半額になる新しい割引サービスを発表した。利用者にとっては料金が割引きになることはうれしい反面、毎回のように導入される各種割引サービスは名称も含め複雑化しすぎていないだろうか?海外に…