アイ・オー・データから録画番組を持ち出せるSeeQVault対応ポータブルSSD「SDP-SQ30H」


アイ・オー・データ機器は、録画番組を持ち出して楽しめるSeeQVault対応ポータブルSSD「SDP-SQ30H」を2018年2月末より発売する。価格は2万7,700円。

本商品はSeeQVaultコンテンツの録画番組を保存して持ち運ぶことができる録画番組持ち出しBOX。約30時間分の録画番組を保存でき、ドラマであれば、1クール(10話)3タイトルの番組を持ち運べる。

Androidスマホで録画番組を鑑賞できるので、通勤時や出張の移動中・外出中など、さまざまな場所で番組を楽しめる。視聴にはピクセラ製の「SeeQVault プレーヤー」のインストールが必要。なお、本アプリケーションは2020年6月末まで無償配布予定となっている。。また「SeeQVault プレーヤー」で使われている、SeeQVault暗号を復号するために必要なNSMデバイス鍵の更新は、2022年6月末までサポート予定だ。

■ニュースリリース

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
・「プレイステーション4 Pro」、「グレイシャー・ホワイト」を2018年3月8日(木)より数量限定発売
・ボイスレコーダーにもなるポケットサイズのフルHD小型カメラ「レンズが回転するポケットカメラ『マワッ撮る』」
・LIXILとローランドが「音」にこだわったトイレ用音響装置を共同開
・パナソニック、ノイズキャンセリング搭載でハイレゾ対応のワイヤレスステレオヘッドホンを発売
・ソフトバンク コマース&サービス、個性を学習するパートナーロボット「ユニボ(家庭向け)」取扱い開始

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…

【デジカメ調査室】乾電池対応!光学6倍ズームのコンパクトデジカメ「LZ7」

「LZ7」は、720万画素CCDを搭載した乾電池対応のコンパクトデジタルカメラで、2月9日より発売を開始する。カラーバリエーションは、シルバーのみ。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、3万3,000円前後の見込み。外出先でも手…