ファーウェイ、2万円台で流行りの縦長画面とダブルレンズカメラなどを搭載したエントリー向けSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 2」を発表!2月9日より順次発売し、MVNOではさらに割引も



低価格なSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 2」が発表!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は7日、事前の予告通りに同社の新しいエントリー向けSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite 2」(Huawei Technologies製)を発表しています。発売日は2月9日(金)より順次で、価格はオープンながら希望小売価格が25,980円(税抜)。

販売拠点は仮想移動体通信事業者(MVNO)の各所ですでに「gooSimSeller」や「楽天モバイル」、「NifMo」、「mineo」、「エキサイトモバイル」などにて取り扱いが案内されており、gooSimsellerではOCN モバイル ONEとのSIMカードセットで9,800円(税抜)で販売開始されています。

HUAWEI nova lite 2は流行りのアスペクト比9:18の縦長画面による“ほぼ全画面デザイン”を採用しており、約5.65インチフルHD(1080×2160ドット)TFT液晶やダブルレンスカメラ、指紋センサーなどを搭載しつつ、2万円台と低価格に抑えられたエントリースマホです。

背面に搭載されたダブルレンスカメラはメインの約1300万画素とサブの約200万画素の2つのセンサーで構成され、サブで被写体との距離を正確に把握することによって自然で美しいボケ味を生み、立体感のあるイメージが描かれた写真が撮影できます。オートフォーカスはコントラストAFおよび像面位相差AF(PDAF)に対応。

また同社のハイエンドスマホと同様に「ワイドアパーチャ」機能で撮影した後でもフォーカスを自由に調整できたり、「ポートレートモード」で一眼レフで撮影したような雰囲気のある写真を手軽に撮影することができるなど、手軽に楽しくクオリティーの高い“インスタ映え”する写真が撮影できるようになっています。

さらに価格に敏感な若者やビジネスマン、女性層をターゲットにしており、大画面ながら持ちやすいサイズ感となっていて、サイズは約150.1×72.05×7.45mm、質量は約143g、本体カラーはブルーおよびブラック、ゴールドの3色がラインナップされています。前面は2.5Dラウンドエッジガラスを採用し、フロントカメラは約800万画素。

背面にはダブルレンスカメラのほか、カメラなど用のLEDフラッシュライトや指紋センサーを搭載し、今後のソフトウェア更新で顔認証機能も追加される予定となっています。また電池は3000mAhバッテリー(取外不可)。OSはAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)を採用し、独自ユーザーインターフェース「EMUI 8.0」を搭載。

その他の仕様ではHiSilicon製チップセット(SoC)「Kirin 659」(オクタコアCPU:2.36GHz×4+1.7GHz×4)や3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大256GBまで)、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2、位置情報取得(A-GPS・GLONASS)、microUSB端子(USB 2.0)、加速度センサー、電子コンパス、環境光センサー、近接センサーなど。

携帯電話ネットワークではキャリアアグリゲーション(CA)には対応せず、下り最大150Mbpsおよび上り最大50MbpsのLTE UE Category 4をサポートし、nanoSIMカード(4FF)サイズが2つのデュアルSIMながら片方は2G(GSM方式)の音声通話のみに利用できるとのことで、日本では利用不可。対応周波数帯は以下の通り。

FDD LTE:B1/3/5/7/8/19/20,
WCDMA:B1/2/5/6/8/19,
GSM:850/900/1800/1900MHz

取扱があるMVNOはIIJmioやイオンモバイル、エキサイトモバイル、NTTコムストア by gooSimseller、QTmobile、DMM mobile、NifMo、BIGLOBEモバイル、Fiimo、mineo、LINEモバイル、楽天モバイル、LIBMO、LinksMateほかとなっています。付属品はACアダプターおよびUSBケーブル、保護ケース、イヤホンマイク、クイックスタートガイドなど。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・ダイナミックな超ワイドディスプレイ。 美しいボケ味を生むダブルレンズカメラ。 『HUAWEI nova lite 2』 2月9日(金)より発売
・HUAWEI nova lite 2 スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】リアルメタルフェイスを採用!次世代京ぽん「WX320K」

「WX320K」は、より高速で快適な通信環境を実現する「W-OAM」に対応したアルミ素材を採用した京セラ製の音声端末。発売時期は2月中旬予定。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。カラ…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…