携帯電話サービス「J:COM MOBILE」にて機種変更時にスマホの本体代を割り引く施策「スマホmoreプログラム」が2月15日より提供!利用料無料で「半額アシスト」と「端末割」が利用可能



J:COM MOBILEの機種変更時における割引施策が発表!

ジュピターテレコム(以下、J:COM)は1日、同社がNTTドコモやauから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「J:COM MOBILE」( https://www.jcom.co.jp/service/mobile/ )において24ヵ月目以降の機種変更時にスマートフォン(スマホ)の販売価格を補助する割引施策「スマホmoreプログラム」を2018年2月15日(木)
より提供開始すると発表しています。

利用料は無料で、初回請求から24ヵ月目以降の機種変更時に機種変更前に利用していた端末代金の残額分の支払が不要となるプログラム「半額アシスト」と、初回請求から24ヵ月目以降の機種変更時に新しく購入する端末の賦払金相当額(一部または全額)の割り引くプログラム「端末割」の2つ。

これにより、同社のケーブルテレビサービス「J:COM TV」または固定インターネットサービス「J:COM NET」を利用中にJ:COM MOBILEの「Aプラン」(au回線)をスマホとセットで契約時に48回分割払いを選択することで、毎月の支払金額を抑えられるだけでなく、24ヵ月目以降に機種変更すると機種変更前の製品の残額の支払いが不要となります。

さらに新しく購入した製品も割引され、人気機種から支払負担額が実質0円となる製品までニーズに合わせて選択できるようになるということです。

なお、J:COM MOBILEでは外出先でもJ:COM TVで放送中の番組や動画配信サービス「J:COMオンデマンド」を見放題(データ通信量カウントなし)で視聴でき、また加入時の初期設定・操作説明の無料訪問サポートや電話による遠隔サポートを行うなど、お客さまが安心してスマホの利用を開始できるサポート体制を整えています。


半額アシストはスマホなどの製品の代金支払いが24 回以上終了している場合に機種変更すると、機種変更
前に利用していた製品の代金残額分の支払が不要となる割引施策です。対象端末はJ:COM MOBILEのAプランのスマホセットで販売している機種すべて、割引額は機種変更申出の翌月以降の残額分。適用条件は以下の通り。

・J:COM TV または J:COM NET*4 にご加入中であること
・J:COM MOBLE A プラン スマホセット(デュアルタイプ)にご加入中であること
・機種変更前の端末代金の分割支払いが 24 回以上終了していること
・J:COM MOBLE A プラン スマホセットで提供している端末へ分割払いで機種
変更すること
・機種変更前の端末を J:COM に返却すること

端末割は半額アシストを利用して機種変更した場合、新しく購入する製品の賦払金相当額(一部または全額)を最大48ヵ月間月額料金から割引する施策です。割引額は「LG Wine Smart」および「AQUOS L2」、「HUAWEI P10 lite」、「iPhone 6s」が250円/月、「LG X Screen」および「arrows M03」が675円/月となっています(金額は税別)。

例えば、このうちのLG Wine SmartやLG X Screen、arrows M03では分割支払額と端末割の割引額が同額となるので実質負担額0円となります。なお、端末割の適用条件は半額アシストで機種変更を行うことのみ。ただし、端末代金を全額支払済みの場合は、機種変更時に端末割へ申込可能(2018年2月14日以前に一括払いで購入済みの場合は、回線開通翌月から起算して24カ月以上経過していること)。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・J:COM MOBILE から、機種変更時も端末がお求めやすくなる「スマホmoreプログラム」を月額無料で提供開始(PDF)
・J:COM MOBILE | J:COM

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるPC】快適ケータイ&パソコン!最新のBluetooth製品 一挙紹介

Bluetoothとは、東芝、エリクソン、インテル、IBM、ノキアが中心となり策定した短距離無線接続の規格。無線LANは文字通りにネットワークへの接続を前提としているのに対して、Bluetoothは様々な機器を無線で接続できる点が大きな魅力と…

【ゲームの穴】君もリンクになろう!誰でも勇者になれる「Combat Pack」

任天堂の家庭用ゲーム機「Wii」は、付属の"Wiiリモコン"を体を使って動かすことで、臨場感あふれるゲームを体感できるため、子供から大人までユーザーを選ばずに楽しめるところが人気を呼び、大ヒットとなっている。実体験という"リアリ…

【世界のモバイル】日本のケータイビジネスはぬるい?激烈な海外の新製品発表競争と格差

5月22日、auとソフトバンクから2007年夏モデルが発表された。海外でも携帯電話の新機種は毎月のように発表されているが、日本のようにキャリアから新機種が発表されることはほとんどなく、ほとんどがメーカーからの発表だ。日本と海外…

【気になるトレンド用語】最近見かけるWindows Mobileって何

近頃、国内の携帯電話(PHS含む)会社でスマートフォンが発売されるようになりました。特に、ウィルコムのW-ZERO3の名前は、一度は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。これらの多くのスマートフォンには「Windows Mobile」…

【ケータイラボ】ワンセグもデコメも! ケータイに負けないスマートフォン「WILLCOM 03」

スマートフォンがケータイを超える日は、もうやってきたのかもしれない。ウィルコムは、スマートフォンの夢を載せた第4世代となる「WILLCOM 03(ウィルコム ゼロスリー)」を発売した。「WILLCOM 03」は、これまでのW-ZERO3から名称を…