NTTドコモ、2画面スマホ「M Z-01K」を2月9日に発売!公式オンラインショップでは2月7日10時購入手続き開始で、価格は本体代9万2664円の実質2万6568円から



docomoの2画面スマホ「M Z-01K」が2月9日発売!

NTTドコモは5日、昨年10月に発表した「2017-2018年冬春モデル」のうちの約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶デュアルディスプレイを搭載した折りたたみ型スマートフォン(スマホ)「M Z-01K」(ZTE製)を2018年2月9日(金)に発売すると発表しています。

すでに1月12日よりドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付を実施しており、価格(税込)は本体代が92,664円(分割3,861円/月×24回)で、ドコモオンラインショップでは2月7日(水)午前10時以降に購入手続きが開始されます。

また価格も紹介しているようにドコモオンラインショップでは、新規契約および機種変更なら月々サポートが-2,079円/月×24回の実質42,768円(分割1,782円/月×24回)、他社から乗り換え(MNP)なら月々サポートが-2,754円/×24回の実質26,568円(分割1,107円/月×24回)となっています。

その他、発売を記念して「M Z-01K購入キャンペーン」を実施しており、M Z-01Kを2018年3月31日(土)までに購入して2018年4月30日(月)までに専用キャンペーンサイト「docomo M Z-01K 購入キャンペーン」にて応募すると、抽選で合計1250人にdポイントがプレゼントされます。

なお、このキャンペーンでは発売日前日の2月8日(木)までに予約すると当選倍率が2倍となるとのこと(ドコモオンラインショップでは購入手続き開始前日の2月6日(水)まで)。プレゼントは1等(10,000ポイント)が50人、2等(5,000ポイント)が200人、3等(1,000ポイント)が1000人となっています。



M Z-01Kは約5.2インチフルHD液晶を2つ搭載したことで、本のように見開きで使える折りたたみ型デュアルディスプレイ搭載の2画面スマホで、NTTドコモが主導してメーカーのZTEと共同で開発しました。

これにより、見開いた状態では約6.8インチ相当の画面となることから、より大画面化が進む中でニーズに応える次世代への提案のひとつとして開発されたとのことで、発表時から“変態端末”として話題になっていました。

主な仕様はQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 821(MSM8996Pro)」(クアッドコアCPU「2.15GHz×2+1.6GHz×2」)および4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、2930mAhバッテリー(取外不可)、約2030万画素リアカメラ(F1.8)、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2、NFC Type A/B、USB Type-C端子など。

OSはAndroid 7.1.2(開発コード名:Nougat)を採用し、サイズは約151x72x12.1mm、質量は約230g、本体色はBlackの1色のみ。その他の詳細な製品情報は「NTTドコモ、2画面スマホ「M Z-01K」を発表!5.2インチフルHDデュアルディスプレイ搭載で、見開きで使うと6.8インチ大画面にーー2018年1月以降発売に - S-MAX」をご参照ください。

ドコモオンラインショップで案内されている価格は以下の通り。ドコモショップなどでは別途、頭金などが設定されている場合や店舗ごとの割引がある場合もあるため、予約・購入する各店舗にて価格を確認しておいたほうが良いかと思われます。

【M Z-01Kの価格(税込)】
契約種別新規契約・機種変更
(契約変更含む)
他社から乗り換え
(MNP)
本体価格92,664円(分割3,861円/月×24回)
月々サポート-2,079円/月×24回
(総額49,896円)
-2,754円/×24回
(総額66,096円)
実質負担額42,768円
(分割1,782円/月×24回)
26,568円
(分割1,107円/月×24回)

【M Z-01Kの主な仕様】
サイズ(高さ×幅×厚さ)約151mm×約72mm×約12.1mm
質量約226g
OSAndroid 7.1
ディスプレイ
(サイズ、ディスプレイ方式、発色数)
約5.2インチ×2
TFT
約1670万色
ディスプレイ解像度(横×縦)フルHD(1080×1920)
CPUSnapdragon 821(Qualcomm MSM8996SG)2.2GHz+1.6GHz
クアッドコア
内蔵メモリー(RAM)4GB
内蔵ストレージ64GB
外部ストレージ(最大対応容量)microSDXC(256GB)
バッテリー容量2930mAh
防水機能/防塵機能−/−
VoLTE/VoLTE(HD+)○/−
連続待受時間(静止時[自動])
(LTE/3G/GSM)
約410時間/約440時間/約290時間
連続通話時間
(LTE/3G/GSM)
約980分/約640分/約570分
電池持ち時間※1約100時間(約80時間※5
受信時最大速度/送信時最大速度※2500Mbps/50Mbps
Bluetooth(対応バージョン)○(4.2)
アウトカメラ
(有効画素数、F値)
約2030万
1.8
インカメラ
(有効画素数、F値)
ワンセグ/フルセグ−/−
生体認証指紋認証
スグ電
非常用節電機能非常用節電モード
ハイレゾ※3
HDR動画再生対応
UIMnanoUIM
充電端子USB Type-C※4
カラーBlack
製造メーカーZTE
※1 NTTドコモ調べ。実際の利用状況(連続通話や動画を大量にダウンロードした場合など)によってはそれを下回る場合があります。
※2 通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。
※3 ハイレゾ対応のヘッドセットやスピーカー(別売)が必要です。
※4 充電には、「ACアダプタ 06」(別売)または「microUSB変換アダプタ B to C 01」(別売)が必要です。
※5 2画面利用時の値です。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・M Z-01K 関連記事一覧 - S-MAX
・報道発表資料 : 「ドコモ スマートフォン M Z-01K」を発売 | お知らせ | NTTドコモ
「M Z-01K」のご購入手続き開始について | お知らせ | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ
M Z-01K | 製品 | NTTドコモ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

KDDI、走った距離だけ画面が広がる「世界一横に長いTOPページ」を開設

KDDIは、走った距離だけ画面が広がる「世界一横に長いTOPページ」開設した。この「世界一横に長いTOPページ」は、「au Smart Sports」のエコキャンペーン「Green Road Project」の一環として提供される。auは、携帯とPCを連携した新サー…

真のモバイル・ブロードバンド時代へ!「UQ WiMAXサービス開通式」レポート【ケータイラボ】

UQコミュニケーションズ株式会社は、高速モバイルデータ通信が利用できる世界基準のフューチャー・ブロードバンド通信サービス「UQ WiMAXサービス」を開始するのに先立ち、2009年2月26日、都内 帝国ホテル本館4階「桜の間」において「UQ…

屋外でも光の高速ネットを実現!「UQ WiMAX」の仕組み【最新ハイテク講座】

仕事だけでなくプライベートでも、今やインターネットは欠かせない存在となってきた。インターネット白書2008によると、日本のインターネット市場はすでに成熟期に入り、光ブロードバンドも急速に普及している。会社や家庭だけでなく、…

明日に仕事は残さない 働きマンは大画面でテキパキ【ミニノートPC特集】

今、話題のパソコンといえば、6万円から4万円台という低価格がセールスポイントのミニノートPCです。インターネット利用が目的で性能を抑えてはいますが、予想外に仕事でも使えることから、サブではなくメインとして使う人も増えていま…

ネットブックでゲームもブルーレイもOK!低価格PCの切り札「ION」【最新ハイテク講座】

パソコン業界に一大センセーションを巻き起こしたネットブック。その人気は今も衰えるどころか、いっそう拍車が掛かっている。パソコンメーカー各社も単に安いだけでなくデザインや操作性などを向上した製品の投入にシフトし始めた。ネ…