ソフトバンク、ワイモバイル向けおサイフケータイ対応タフネススマホ「Android One X3」を1月25日に発売!1月19日予約開始で、本体価格6万7932円の実質1万8684円から



Y!mobile向け低価格スマホ「Android One X3」が1月25日発売!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は11日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向け「2017-2018年冬春モデル」のうちの約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶やQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 630(SDM630)」、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用スマートフォン(スマホ)「Android One X3」(京セラ製)を2018年1月25日(木)に発売すると発表しています。

また発売に先立ってワイモバイルショップや量販店などのY!mobile取扱店舗および公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」にて1月19日(金)より予約受付を実施するとのこと。価格(税込)は本体代67,932円の実質負担額が新規契約および機種変更で31,644円(頭金540円+分割1,296円/月×24回)から、他社から乗り換え(MNP)で18,684円(頭金540円+分割756円/月×24回)からとなっています。

またソフトバンク コマース&サービスは公式アクセサリーブランド「Y!mobile Selection」からAndroid One X3向けなどの周辺機器を発売に合わせて1月25日に発売し、1月18日から予約開始する予定。周辺機器は好きな角度に調整できて快適な動画視聴を楽しめるスタンドフリップケースをはじめ、液晶画面を破損から守る衝撃吸収フィルムなど4アイテムを用意。



Android One X3はY!mobile向けの「Android One」シリーズとして上位モデルとなるAndroid One Xシリーズ第3弾で、第1弾「Android One X1」(シャープ製)や「Android One X2」(HTC製)と同じくより高性能かつ多機能となっており、Android One X3ではおサイフケータイ(FeliCa)や防水・防塵・耐衝撃に対応しています。

またディスプレイの下中央に指紋センサーを搭載。カメラは前面が約800万画素CMOS、背面が約1300万画素CMOS。サイズは約149×72×8.2mm(突起部除く)、質量は約150g、本体色はホワイトおよびブラック、ライトブルーの3色展開。

その他の仕様は32GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大256GBまで)、USB Type-C端子(USB 2.0)、3.5mmイヤホンマイク端子、環境光センサー、近接センサー、加速度センサー、電子コンパス、ジャイロセンサー、位置情報取得(A-GPS・GLONASS)など。

電池は2800mAhバッテリーを搭載し、連続待受時間はFDD-LTE網で約620時間、AXGP網で約600時間、W-CDMA網で約690時間、GSM網で約660時間、連続通話時間はFDD-LTE網(VoLTE)で約1400分、W-CDMA網で約1550分、GSM網で約640分。

通信環境はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5.xGHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2、NFC Type A/B、携帯電話ネットワークとなっており、携帯電話ネットワークでは3波のキャリアアグリゲーション(CA)やMassive MIMOに対応するほか、VoLTE・VoLTE(HD+)・HD Voice(3G)に対応。

SIMカードはnanoSIMカード(4FF)サイズで、対応周波数帯は4GのFDD-LTE方式でBand 1および3、8、AXGP方式およびTD-LTE方式でBand 41、3GのW-CDMA方式でBand 1および8、2GのGSM方式で850および900、1800、1900MHz。

さらに詳細な製品情報は「ソフトバンク、ワイモバイル向けAndroid Oneスマホ「X3」を発表!京セラ開発のおサイフケータイや防水・防塵・耐衝撃、ワンセグ、5.2インチ液晶、S630、3GB RAM、Android 8.0 Oreoなど - S-MAX」をご参照ください。ワイモバイルオンラインショップにおける価格(税込)は以下の通り。

契約種別新規・機変MNP
スマホプランSM・LSM・L
本体価格67,932円(頭金540円+分割2,808円/月×24回)
月額割引-972円/月×24回
(総額-23,328円)
-1,512円/月×24回
(総額-36,288円)
-2,052円/月×24回
(総額-49,248円)
実質負担額44,604円(頭金540円+分割1,836円/月×24回)31,644円(頭金540円+分割1,296円/月×24回)18,684円(頭金540円+分割756円/月×24回)




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Android One X3 関連記事一覧 - S-MAX
・“ワイモバイル”、割れにくい高強度ディスプレーや指紋認証などの便利機能を搭載したAndroid Oneスマートフォン「X3」を1月25日に発売 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
・Y!mobile Selection、Android Oneスマートフォン「X3」向けアクセサリーを発売 | ソフトバンク コマース&サービス株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】福岡ソフトバンクホークス公認!プロ野球ケータイ「ホークスケータイ」

「ホークスケータイ」は、本体表面に福岡ソフトバンクホークスオフィシャルロゴを配置した、シャープ製のケータイ。発売時期は、3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「ホークスケータイ」は、待受け画面やメニュー画面、着…

【デジカメ調査室】洗練されたコンパクトボディ!「IXY DIGITAL 10/90」発売へ

キヤノンは、コンパクトデジタルカメラ IXY DIGITALシリーズの新製品として、7.1メガピクセルで薄型ボディの「IXY DIGITAL 10」と3.0型大画面・光学3倍ズームの「IXY DIGITAL 90」の2機種を3月中旬より発売すると発表した。価格は、…

【ケータイラボ】ワンセグ対応!定額モバイルブロードバンド端末「EM・ONE」を体験

イー・アクセス株式会社が2007年2月19日に発表した「EM・ONE(エムワン)」は、OSにMicrosoft Windows Mobile 5.0 software Pocket PC 日本語版(Windows Mobile 5.0)を採用し、最大3.6MbpsのHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバ…

【ケータイラボ】モバイル天国のスタート!ブロードバンドが持ち歩ける「EM・ONE」レポート

2007年3月31日、新しい携帯電話事業社であるイー・モバイルが新モバイル・ブロードバンドサービスを開始した。サービス名称は「EMモバイルブロードバンド」で、最初はデータ通信サービスのみの提供である。音声通話サービスは2008年3…

【ケータイの疑問】ソフトバンクのホワイトプランは本当に安いのか? 店頭お持ち帰り価格″0円″の秘密とは?

はじめまして、memn0ckといいます。今回から、日本のケータイ市場について、あれやこれと探っていくことになりました。よろしくお願いします。さて、今週は月曜日にNTTドコモが同社のフラッグシップモデルとなる「FOMA 904i」シリーズを…