シャープがスマホ向け有機ELパネルを量産に!2018年夏以降の「AQUOS」シリーズのフラッグシップモデルに搭載予定――欧州での発売も検討中で完全復活へ



シャープがスマホ向け有機ELパネルを今春から量産!写真は現行フラッグシップスマホ「AQUOS R」

シャープが2018年春にもスマートフォン(スマホ)向け有機ELパネルの量産を開始し、夏にも自社製の「AQUOS」シリーズにおける高級機種の一部に採用すると報道されています。

同社の堺工場や三重工場に数百億円を投じて有機ELの小規模生産ラインを立ち上げており、すでに昨年末にサンプル出荷をはじめ、このほど量産技術にめどを付けたとのこと。

本格稼働を2018年4〜6月に始め、商品化に必要な明るさや画質を調整し、順調に行けば「2018年夏モデル」以降に発売する予定だとのこと。日本向けであればフラッグシップスマホ「AQUOS R」の後継機種「AQUOS R2」(仮称)に搭載されそうです。


スマホ向け有機ELパネルは液晶パネルと比べて自ら発行するためバックライトが不要で、薄型化や軽量化しやすく、さらにカメラで撮影した写真や利用機会が増えている動画視聴などにおいて鮮やかな発色と高いコントラストで見栄えが良いことで特にハイエンドモデルを中心に採用が進んでいます。

またパネルを曲げやすいといった特長もあり、Samsung Electronicsが傘下のSamsun Displayが製造する有機パネルを長らく採用してきましたが、昨秋にはAppleも最上位の次世代スマホ「[[iPhone X]]」で初導入し、さらに採用するメーカーが増えている状況です。

一方で有機ELパネルはスマホ向けではSamsung Displayが1社で供給する状態が続いており、これにLG Displayなども続く様相を呈しており、日本のジャパンディスプレイ(JDI)も2019年に2019年に有機ELパネルの量産を開始する予定とされています。

今回、日本メーカーとして先んじてシャープがまずは自社製品向けですが、有機ELパネルを量産することになったということです。さらに2018年には欧州での販売も検討しているということで、鴻海精密工業傘下となり、復活してきている印象の強いシャープが今年はさらに飛躍できるのか注目したいところです。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・シャープ、スマホ用有機EL国内初の量産 自社端末に搭載  :日本経済新聞

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】ゲーム機を彷彿させるタッチパネル付2画面ケータイ「D800iDS」

「D800iDS」は、タッチパネル付2画面ケータイ。形状は折り畳みタイプのケータイで、開いた状態で上下に液晶画面を搭載し、下部の画面がタッチパネルとなっている。ライフスタイルに合わせて、タッチパネルのデザインや操作方法を選択す…

【ケータイラボ】リアルメタルフェイスを採用!次世代京ぽん「WX320K」

「WX320K」は、より高速で快適な通信環境を実現する「W-OAM」に対応したアルミ素材を採用した京セラ製の音声端末。発売時期は2月中旬予定。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。カラ…

【ケータイラボ】ワンプッシュでオープン!クリアな表面パネルのケータイ「706P」

「706P」は、薄さ約16.2mmの折りたたみタイプで、透明感のあるクリアなデザインの表面パネルを採用したパナソニック モバイルコミュニケーションズ製ケータイ。発売時期は、2月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「706P」は、…

【ケータイラボ】タッチ式の液晶パネルで操作するDSスタイルケータイ「D800iDS」レビュー

折りたたみタイプの携帯電話で、液晶画面が2つ搭載していてボタンがついていないというDSスタイルの端末がドコモから発売になった。三菱電機製のD800iDSである。通常の液晶画面と、ふれることで操作ができるタッチパネルディスプレイの…

【気になるPC】最小・最軽量モデルにCore 2 Duoプロセッサ採用 Let′s note R6レビュー

松下電器産業は、Let's noteシリーズの最小・最軽量モデルR6(CF-R6AW1BJR)を発売開始した。実売価格は210,000円前後。約940gの超軽量コンパクトボディにCore 2 Duoプロセッサを搭載。OSには、Windows Vista Businessを採用している。■…