シャープ、4.9インチ縦長画面やS660などを搭載したコンパクトプレミアムなSIMフリースマホ「AQUOS R compact SH-M06」を発表!1月下旬発売で、価格は7万円前後



SHARPが高性能小型スマホ「AQUOS R compact」のSIMフリーモデルを発表!

シャープは11日、同社のスマートフォン(スマホ)「AQUOS」の新しいコンパクトハイエンドスマートフォン(スマホ)「AQUOS R compact」におけるSIMフリーモデル「AQUOS R compact SH-M06」を発表しています。

発売時期は2018年1月下旬を予定し、価格はオープンプライスながらすでに予約受付を実施している「ビックカメラ.com」では76,550円(税込)の10%ポイント(7,655ポイント)還元の実質約7万円となっています。販路は各量販店などとのこと。

仕様としてはすでにauやSoftBankから販売されているAQUOS R compactと同様にアスペクト比9:17とやや縦長の約4.9インチフルHD+(1080×2032ドット)IGZO液晶やオクタコアCPU「Snapdragon 660」、3GB内蔵メモリー(RAM)を搭載し、防水(IPX5およびIPX8準拠)や防塵(IP6X準拠)、おサイフケータイ(FeliCa)、ワンセグに対応しています。


AQUOS R compactはシャープの新しいフラッグシップコンパクトスマホシリーズで、ディスプレイの上左右の3辺における周りの縁(ベゼル)が狭い狭額縁デザイン「EDGEST」が進化し、新たに「IGZOフリーフォームディスプレイ」をAQUOSシリーズとして初搭載したことによって丸みのある形状の「EDGEST fit」を実現しています。

これにより、従来までの4.7インチサイズと同等の横幅66mmのコンパクトサイズに4.9インチになり、4.9インチながら持ちやすくなっているとのこと。外観はディスプレイ面は2.5D強化ガラス「Corning Gorilla Glass 3」で覆われ、側面フレームはアルミ素材を採用し、背面パネルはハードコーティングで傷がつきにくくなっています。

またディスプレイの上部に切り欠きがあり、そこに搭載したフロントカメラによって以前のEDGESTでは下からのアングルになってしまっていましたが、より自然な目線での自撮りも可能になっています。フロントカメラは広角23mm相当(35mm換算)レンズと約800万画素センサーを採用。

ディスプレイは倍速120Hz駆動の「ハイスピードIGZO」や「バーチャルHDR」、高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」をサポート。ディスプレイの下中央には指紋センサーを兼ねたホームキーが搭載され、ホームボタンのほか、左右になぞることで戻るボタンや履歴ボタンの機能を割り当てられるようになっています。

リアカメラは広角25mm相当(35mm換算)レンズと約1640万画素センサーで、像面位相差オートフォーカス(PDAF)およびコントラストAFによるハイブリッドAFに対応しています。なお、AQUOS Rで対応していた光学手ブレ補正(OIS)には非対応。



サイズは約132×66×9.6mm、質量は約140g、本体カラーはベース色のムーンホワイトおよびトルマリンブラックの2色展開。電池は2500mAhバッテリーで、急速充電「Quick Charge 3.0」および「USB PD」に対応。充電などの端子は表裏のないUSB Type-Cを採用。

その他の仕様は32GB内蔵ストレージおよびmicroSDXCカードスロット(最大400GBまで)、2.4および5.xGHzデュアルバンドでMU-MIMOに対応したIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0、位置情報取得(A-GPS・GLONASS・BeiDou・GALILEO・みちびき)、3.5mmイヤホンマイク端子など。

ハイレゾ音源や簡易留守録、エモパー(Ver 7.0)、テザリング(Wi-Fi×10台、Bluetooth×4台、USB×1台)、ヒカリエモーション(9色12パターン)、リラックスオート、自動画面点灯、スクロールオート、グローブモード、Bright Keep、キーボードレイアウト、Clip Now、スマホカバー設定などのほか、Jアラートなどを含む国民保護情報の緊急速報メールにも対応。



SIMカードはnanoSIMカード(4FF)を採用し、対応周波数帯は4G(LTE方式)のBand 1および3、8、19、26、41、42、3G(W-CDMA方式)のBand 1および6、8、19、2G(GSM方式)の850および900、1800、1900MHzで、VoLTEにも対応。付属品はACアダプター(型番:SH-AC04)およびUSB Type-Cケーブル、テレビアンテナケーブル(試供品)。

以前に紹介したようにGoogle Playストアのサポート端末一覧に記載されており、登場が予想されていましたが、シャープより正式に発表されました。価格が高めなのが惜しいところですが、小型かつ高性能でおサイフケータイやワンセグにも対応したSIMフリースマホはほぼないだけに販売状況含めて注目したいところです。





【2018年1月下旬】 【送料無料】 シャープ AQUOS R compact ...
価格:76550円(税込、送料無料)

共有する

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…