ソニー、腕時計のバンド型スマートウォッチの新製品「wena wrist pro」と「wena wrist active」を発表!合わせて使える時計のヘッド部にも機械式とソーラー式も発売




ソニーは7日、腕時計のバンド部にスマートウォッチの機能を内蔵した「wena wrist」シリーズの新製品として質感と高級感にこだわった「wena wrist pro」とスポーティなデザインの「wena wrist active」を発表しています。

さらにバンド部に合わせたヘッド部にもそれぞれwena wristシリーズ初となる機械式の「wena wrist Mechanical head」とソーラー式の「wena wrist Solar head」も発表しています。この他、今年7月に発表した「wena wrist leather」を12月21日に発売します。

発売日および予約開始日はwena wrist proおよびwena wrist Mechanical head、wena wrist Solar headが12月21日(木)発売、12月7日(木)予約受付、wena wrist activeが2018年3月上旬発売、2018年2月上旬予約受付となっています。

価格はオープンながらwena wrist proが35,000円前後から、wena wrist activeが30,000円前後、wena wrist Mechanical headが54,000円前後から、wena wrist Solar headが33,000円前後から。販売および予約は公式Webショップ「ソニーストアオンライン」などにて実施されます。

商品名商品形状など型名カラー発売日市場想定価格
wena wrist proバンド部WB-11A/Sシルバー12月21日35,000円前後
WB-11A/Bプレミアムブラック37,000円前後
wena wrist activeWA-01A/Bブラック3月上旬30,000円前後
wena wrist
Mechanical head
ヘッド部
(機械式)
WH-TM01/Wホワイト12月21日54,000円前後
WH-TM01/Sシルバー
WH-TM01/Bブラック55,000円前後
wena wrist
Solar head
ヘッド部
(ソーラー式/スリーハンズ)
WH-TS01/Sシルバー12月21日33,000円前後
WH-TS01/Bブラック34,000円前後
ヘッド部
(ソーラー式/クロノグラフ)
WH-CS01/Sシルバー43,000円前後
WH-CS01/Bブラック44,000円前後


wena wrist pro(左からシルバー、プレミアムブラック)

wena wrist proは腕時計としての質感や高級感を追求しながら新たに従来の7色のLEDと振動に加えて有機ELディスプレイを搭載することで通知・活動ログ機能をより便利にしたモデルです。ディスプレイ表示は大きめの文字で1行、小さめの文字で2行の切り替えが可能で、スクロールして確認できます。

また従来モデルよりバンド幅と厚みを小さくすることで、体積比で約25%の小型化を実現し、さらに防水性能もIPX5およびIPX7準拠に加えて5気圧に向上しました。取り付ける腕時計の対応ラグ幅は22mmで、別売りのエンドピースに交換すると18mmおよび20mmの腕時計にも取り付けることが可能。

側面は鏡面仕上げで、かつ角に丸みを持たせたデザインを採用することで、従来モデルよりなめらかな手触りを実現し、精緻なヘアライン、上品な鏡面仕上げ、バックルの付け外し音など腕時計としての美しい質感、そして高級腕時計でも使用されているステンレス材のSUS316Lを採用するなど、腕時計基準での高いクオリティーにこだわっているとのこと。

加えて、外観だけでなく内部の基板や配線、リサイクルマークに至るまでモノトーンで統一し、見えない部分への美しさまで追求し、バンドのコマ長さを約11mmと小さいサイズで統一したことで、シンメトリーな美しいデザインを実現し、サイズの微調整もしやすくしているということです。

さらに引き続いて電子マネー機能と活動ログ機能を独自技術で搭載。バンドをかざすだけで、全国のコンビニ、ドラッグストア、スーパーなどで買い物ができます。また、1日の歩数や消費カロリー、睡眠の状態などを専用アプリから確認することが可能です。電子マネー機能は従来と同様に「楽天Edy」や「iD」、「ANA」、「QuicPay」、「dポイント」、「ヨドバシカメラ」。


wena wrist active
(ブラック)

一方、wena wrist activeは、GPSや光学式心拍センサーを搭載し、ランニングにも使用できるモデルです。また独自設計のエンドピースによって睡眠やランニング時などにはヘッド部を外すことでスマートバンドとして使用可能です。

wena wrist proと同様にバックル部分に有機ELディスプレイを搭載。ランニング中には心拍数や移動速度を確認でき、スマートフォン連動による電話やメール着信、SNS更新などさまざまな通知を確認できます。電子マネー機能も搭載。

シーンに合わせてヘッド部を取り付けたり、付け替えたりすることでビジネスシーンやフォーマルな場でも使え、両モデルともバンド部のみで販売します。


wena wrist Mechanical head(上段)およびwena wrist Solar head(下段)

wena wrist proやwena wrist activeだけでなく、従来モデルのwena wristなどと組み合わせて使用するヘッド部として、wena wristシリーズ初となる機械式モデルのwena wrist Mechanical head、同じく初のソーラー式のwena wrist Solar headも発売されます。

腕時計の伝統的なスタイルであるラグジュアリーな機械式はwena wrist proに、ソーラー式はスポーティなイメージでwena wrist activeに合わせデザインされているということです。

wena wrist Mechanical headは、前面の風防には衝撃や傷に強い球面サファイアガラスを、また背面には機械式ムーブメントの動きを確認できるシースルーバックを採用しています。

キャリバーは高品質な機械式ムーブメント「90S5」で、錘にはwenaロゴを入れており、重心を低くすることで腕にフィットする着け心地を実現しています。

クラシカルで上質なデザインと機械式ならではの伝統の技術、そしてwena wristに搭載された先進のテクノロジーの融合が、腕時計のあり方を新しくします。

一方、wena wrist Solar headはソーラー式電池を搭載し、ヘッド部のみの連続動作時間が満充電後から約6ヶ月です。wena wrist proと同様に前面の風防には衝撃や傷に強い球面サファイアガラスを採用。

片面無反射コーティングを施すことで、照り返しの強い日差しの下でも時間を確認しやすい視認性を確保し、5気圧防水を実現し、アクティビティにもフィットする、強さを兼ね備えています。

また文字板は旭光の表面処理後、何重にも塗装を施すことで、太陽光を透過させながらも、高級感のある輝きを両立しています。クロノグラフとスリーハンズの2種類をラインアップしました。

ソニーストア


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Sony Japan | ニュースリリース | wena wristの新商品、質感と高級感にこだわった「wena wrist pro」とスポーティなデザインの「wena wrist active」を発売
・wena wrist

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】ワンセグ対応!定額モバイルブロードバンド端末「EM・ONE」を体験

イー・アクセス株式会社が2007年2月19日に発表した「EM・ONE(エムワン)」は、OSにMicrosoft Windows Mobile 5.0 software Pocket PC 日本語版(Windows Mobile 5.0)を採用し、最大3.6MbpsのHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバ…

【ケータイラボ】新触感!au design project 第6弾を飾る「MEDIA SKIN」

auがリリースしてきたオシャレで個性的な端末"au design project"。その6番目として登場したのが「MEDIA SKIN」である。単にデザイン重視というだけでなく、世界初の26万画素有機ELメインディスプレイの採用や、ワンセグに対応、131万…

【ケータイラボ】モバイル天国のスタート!ブロードバンドが持ち歩ける「EM・ONE」レポート

2007年3月31日、新しい携帯電話事業社であるイー・モバイルが新モバイル・ブロードバンドサービスを開始した。サービス名称は「EMモバイルブロードバンド」で、最初はデータ通信サービスのみの提供である。音声通話サービスは2008年3…

【気になるトレンド用語】モバイルブロードバンドで″モバイル天国″はやってくるのか?

モバイルブロードバンドという言葉が最近、にわかに話題となっています。ドコモがHSDPA通信対応端末を発売し、イー・モバイル株式会社が"EMモバイルブロードバンドサービス"を開始しています。どちらも、既存のモバイル通信より高速な家…