日本未発表の高性能スマホ「HTC U11+」やワイモバイル向け「Android One X2」などがお披露目!HTC U11のSIMフリー版の日本発売も決まったファンイベントを紹介【レポート】



国内投入にも期待が高まる最新プレミアムスマホ「HTC U11+」などがお披露目されたイベントの様子を紹介!

台湾HTCの日本法人であるHTC NIPPONが1日、都内にてファンなど向けに『HTCの最新スマートフォン「HTC U11 life」「HTC U11+」国内初のタッチ&トライイベント』を開催しました。

グローバル向けの最新スマートフォン(スマホ)「HTC U11+」(国内未発表)やY!mobile(ワイモバイル)向けに「Android One X2」として発売される「HTC U11 life」の国内初のタッチ&トライができるとして募集していたもの。

また別途実施していた「クリスマスキャンペーン」でちょうど目標の同社の公式Twitterアカウント( @HTCJapan )が2万フォロワーを超え、フラグシップモデルとしてauやソフトバンクから販売中の「HTC U11」のSIMフリー版の日本発売が直前に決定するなど、HTCファンにとっては充実したイベントとなりました。

筆者も同イベントに参加してきたので、今回は主にプレゼンテーションの様子を中心にご紹介します。なお、HTC U11+とAndroid One X2については別途の記事において詳細なレビューをお届けする予定なので、そちらもお楽しみに。


クリスマスに扮した格好で登場したHTC NIPPON社長の児島 全克氏

まずはじめにHTC NIPPON代表取締役社長の児島全克氏がクリスマスキャンペーンに合わせてサンタクロースに扮してサンタ帽をかぶって登場し、前述通り、クリスマスキャンペーンの目標としていた「公式Twitterアカウントの2万フォロワーをイベント直前に達成したことを報告しました。


HTC U11のSIMフリー版の国内販売がアナウンスされた



発売が決まったHTC U11のソーラーレッドは見る角度で色が変わって美しい

それに伴って、すでにauやソフトバンクから販売しているフラグシップスマホのHTC U11をSIMフリー版として日本国内に投入することを正式に発表しました。

発売は2018年1月から2月を予定し、カラーバリエーションはグローバル版にはあったものの、auやソフトバンク向けモデルでは投入されなかった新色「ソーラーレッド」の1色展開。

さらにキャンペーンでまずは5名、加えてイベントで新たに2万5千を突破したら5台増台(合計10台)、3万突破でさらに10台増台(合計20台)の同製品をプレゼントするとのことで、こちらも要チェックです。


HTC U11シリーズの立ち位置は明確になっている

続いて、HTC U11+とHTC U11 lifeの説明に移り、グローバル市場においてHTC U11をベースにして性能を拡充したHTC U11+と、基本性能を受け継いで価格が抑えられているHTC U11 life(Android One X2のベースモデル)の2機種を加えて展開することで、より多くの顧客のニーズに応えるとしています。


販売中のHTC U11にもビッグなニュースが!

さらにHTC U11においても音声アシスタントとして現状「Googleアシスタント」のみが搭載されていますが、12月末より新たに「Amazon Alexa」(HTC Alexa)が使用可能になるというビッグニュースが発表されました。日本で発売されるスマホとしては初の搭載となり、複数の音声アシスタントを利用可能な機種となります。


ワイモバイルから発売されるAndroid One X2



Android One X2の主要なスペック



Android One X2のワイモバイル契約時の価格設定

HTC U11 lifeをベースモデルとするAndroid One X2は、チップセット(SoC)に「Snapdragon 630」プロセッサーを搭載し、4GB内蔵メモリー(RAM)と64GB内蔵ストレージを搭載する防水・防塵性能に対応したミドルレンジ帯のモデル。

HTC U11のDNAを引き継ぎながらも価格を抑えられている点が特徴で、日本向けはおサイフケータイ(FeliCa)にも対応。カラーバリエーションは「サファイアブルー」と「アイスホワイト」の2色展開となります。


細部を見るとコストカットが見て取れるが、高級感は損なわれていない印象

細部を見てみると、HTC U11・U11+ではガラス素材を用いているのに対して、Android One X2やHTC U11 lifeでは樹脂製の素材に変更しており、所々でコストカットを図っている印象は受けます。

しかしながら、樹脂でもガラスのように見えるような加工がしてあるとのことで、全体的な加工精度や質感などは良好で、安っぽさは感じません。

樹脂素材を採用することで、ガラス素材を採用したU11やU11+を比較して傷が付きやすい弱点も存在しますが、ケースなどでも対策が可能なので人によっては余り気にならないのかもしれません。


台湾本社のデザイン部門担当者のJohnson Chiang(ジョンソン・チャン)氏も登壇



背面に採用されたガラス素材の加工工程

特別ゲストとしてHTC本社のデザイン部門 アソシエイトバイスプレジデントのジョンソン・チャン氏も登場し、これまでのHTC製スマホの歴史や、そのデザインコンセプトについて語りました。


日本では未発表のHTC U11+もお披露目



HTC U11+はHTC U11をベースに各性能を向上させたモデル

そして、国内未発表の最新フラッグシップスマホとなるHTC U11+も一足早くお披露目されました。すでに日本でも発売されているHTC U11のデザインコンセプトを踏襲しつつも、基本スペックを向上させたハイエンドモデルとなります。

カラーバリエーションは「セラミックブラック」および「アメイジングシルバー」、「トランスルーセントブラック」の3色展開。トランスルーセントブラックは背面のガラスパネルが半透明に仕上がったスケルトン仕様となっています。


HTC U11+のカラーバリエーションは3色展開



加工精度は抜群で、質感も上々な仕上がりとなっている



エッジセンスから起動可能な「エッジランチャー」も便利だ

CPUにはハイエンド向けのSoC「Snapdragon 835」プロセッサーを搭載し、モデルによって仕様は異なり、4または6GB RAMと、64または128GBの内蔵ストレージを備えています。

HTC U11と比較して強化されたポイントは、1)バッテリー容量が3930mAhに増量、2)表面ガラスにGorilla Glass 5を採用した6インチディスプレイ、3)IP68等級の防水・防塵性能の3つとなり、フラグシップとして発売中のHTC U11をも超越するスペックを兼ね備えています。


参加者によって実際に出された意見の実例

イベントの最後には参加者によるグループセッションが行われ、グループに分けられた参加者同士にて「スマホに欲しい機能」を題材に熱い討論がなされました。中でも最も参加者の同意が多かったのは「安くてもフラグシップ級のカメラを備えたスマホ」で、やはり今でもコストパフォーマンスに富んだ製品へのニーズが多いようです。


HTCの日本での今後の製品展開にも期待していきたい

ここまでHTCのファンイベントの内容についてご紹介しました。ワイモバイルから発売が決まっているAndroid One X2やそのグローバル版のHTC U11 life、そして現状では日本未発売のHTC U11+など話題が盛り沢山なイベントとなりました。

また来年1〜2月の発売が予定されるSIMフリー版のHTC U11の詳細についても今後順次公表していくとしているので、続報を楽しみに待ちたいところです。







記事執筆:雪華


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・HTC 関連記事一覧 - S-MAX

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【デジカメ調査室】洗練されたコンパクトボディ!「IXY DIGITAL 10/90」発売へ

キヤノンは、コンパクトデジタルカメラ IXY DIGITALシリーズの新製品として、7.1メガピクセルで薄型ボディの「IXY DIGITAL 10」と3.0型大画面・光学3倍ズームの「IXY DIGITAL 90」の2機種を3月中旬より発売すると発表した。価格は、…

【ケータイラボ】ワンセグ対応!定額モバイルブロードバンド端末「EM・ONE」を体験

イー・アクセス株式会社が2007年2月19日に発表した「EM・ONE(エムワン)」は、OSにMicrosoft Windows Mobile 5.0 software Pocket PC 日本語版(Windows Mobile 5.0)を採用し、最大3.6MbpsのHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバ…

【ケータイラボ】モバイル天国のスタート!ブロードバンドが持ち歩ける「EM・ONE」レポート

2007年3月31日、新しい携帯電話事業社であるイー・モバイルが新モバイル・ブロードバンドサービスを開始した。サービス名称は「EMモバイルブロードバンド」で、最初はデータ通信サービスのみの提供である。音声通話サービスは2008年3…

【コスプレ天国】艶姿!コスプレ・イベント「COSMODEギャザリンク」フォトレポート

秋葉原UDXにおいて開催された、COSMODE&COSMODE.NET主催のコスプレイベント「COSMODEギャザリンク」をレポートしましょう。イベント会場は、明るく開放的で綺麗。しかも秋葉原の駅からも近いのでアクセスはバッチリ。イベント内容も、…