いよいよ明日12月7日に発売!ワイモバイル向けスマホ「Android One X2」の気になる価格をチェック――防水やおサイフケータイ、5.2インチ液晶、S660、4GB RAMなど



Y!mobile向けAndroid Oneスマホ「X2」の価格を紹介!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄が携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向けに2年間のOSバージョンアップやセキュリティーアップデートの提供が保証された「Android One」シリーズのスマートフォン(スマホ)「Android One X2」(HTC製)を2017年12月7日(木)に発売します。

すでにすでにワイモバイルショップなどのY!mobile取扱店および公式Webストア「ワイモバイルオンラインストア」にて事前予約受付を実施しており、価格も案内されているので紹介したいと思います。


Android One X2の本体カラーはサファイアブルーおよびアイスホワイトの2色展開

Android One X2はHTC初のAndroid Oneシリーズとなった海外向け製品「HTC U11 life」をベースにしており、日本市場向けにおサイフケータイ(FeliCa)に対応しています。

日本でも今夏にauやSoftBankから発売されたHTCのフラッグシップスマホ「HTC U11」と同じコンセプトで握って操作できる「Edge Sense」などに対応したミッドレンジスマホとなっています。

主な仕様は約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)Super LDC(液晶)ディスプレイやオクタコアCPU「Snapdragon 630」、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大256GBまで)、2600mAhバッテリー、指紋センサー、USB Type-C端子(USB 2.0)など。

HTC U11と同様に防水・防塵(IP67相当)に対応し、カメラは像面位相差オートフォーカス(PDAF)やHDRブーストに対応した約1600万画素裏面照射型リアカメラ(F2.0)と約1600万画素ウルトラピクセルフロントカメラ(F.2.0)を搭載。その他の詳細な製品情報は以下の記事をご覧ください。

・ソフトバンク、ワイモバイル向けAndroid Oneスマホ「X2」を発表!HTC U11 lifeがベースでおサイフケータイや防水・防塵、5.2インチ液晶、S630、4GB RAM、Android 8.0 Oreoなど - S-MAX
・ワイモバイル向けHTC製スマホ「Android One X2」を写真で紹介!防水やおサイフケータイに加え、独自機能「Edge Sence」や「Uソニック・ハイレゾ」なども搭載【レポート】 - S-MAX

ワイモバイルオンラインショップで案内されている価格(税込)は以下の通り。少しわかりにくいですが、毎月の利用料から割り引く「月額割引」が機種変更ではPHSからのみが優遇されており、番号ポータビリティーによるのりかえ(MNP)は同じ会社であるソフトバンクからは機種変更相当となっています。

【新規契約および機種変更(PHS除く)、MNP(ソフトバンク)における価格】
料金プランスマホプランSスマホプランM・L
本体価格67,932円(頭金540円+分割2,808円/月×24回)
月額割引-972円/月×24回(総額-23,328円)-1,512円/月×24回(総額-36,288円)
実質負担額44,604円(頭金540円+分割1,836円/月×24回)31,644円(頭金540円+分割1,296円/月×24回)

【機種変更(PHS)およびMNP(ソフトバンク除く)における価格】
料金プランスマホプランSスマホプランM・L
本体価格67,932円(頭金540円+分割2,808円/月×24回)
月額割引-1,512円/月×24回(総額-36,288円)-2,052円/月×24回(総額-49,248円)
実質負担額31,644円(頭金540円+分割1,296円/月×24回)18,684円(頭金540円+分割756円/月×24回)

例えば、新規契約でスマホプランSを契約する場合の2年間の初期費用および月々のランニングコストは以下の通り。2年間使った場合には総額112,116円となり、月当たりに換算すると月額4,672円相当になります。

本体代67,932円+月額1,841円と考えるか、実質負担額の本体代44,604円+月額2,813円と考えるかですが、スマホプランSはデータ容量2倍オプションでも月2GBなので他社の仮想移動体通信事業者(MVNO)による格安SIMならおよそ月額1,500円くらいからあるので、店舗が多い点やサポートなどを考えない場合なら7万円くらいのSIMフリースマホとセット相当となるでしょうか。

◯初期(購入時)支払額
新規契約事務手数料:3,240円
本体代 頭金:540円
--------------------------------------------------
合計:3,780円

◯月額料金
本体代 割賦:2,808円×24回
スマホプランS:3,218円
データ容量2倍オプション:無料
月額割引(翌月から):-972円
ワンキュッパ割(翌月から12ヵ月間):-1,080円
--------------------------------------------------
合計:3,974円(2年目5,054円)



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Android One X2 関連記事一覧 - S-MAX
X2 を購入|オンラインストア|Y!mobile(ワイモバイル)

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

真のモバイル・ブロードバンド時代へ!「UQ WiMAXサービス開通式」レポート【ケータイラボ】

UQコミュニケーションズ株式会社は、高速モバイルデータ通信が利用できる世界基準のフューチャー・ブロードバンド通信サービス「UQ WiMAXサービス」を開始するのに先立ち、2009年2月26日、都内 帝国ホテル本館4階「桜の間」において「UQ…

iPhoneが開く国境なきビジネス 日本を飛び越え世界で勝負する【デジタルネイティブと企業】

アップル社が世界各国で発売したiPhone 3Gはスマートフォン市場に大きなムーブメントを巻き起こしたが、iPhone 3G登場の影響は、スマートフォンという端末市場だけではない。それ以上にiPhone 3G上で動作するアプリケーション市場が世界…

屋外でも光の高速ネットを実現!「UQ WiMAX」の仕組み【最新ハイテク講座】

仕事だけでなくプライベートでも、今やインターネットは欠かせない存在となってきた。インターネット白書2008によると、日本のインターネット市場はすでに成熟期に入り、光ブロードバンドも急速に普及している。会社や家庭だけでなく、…

「感情」と「笑い」だ iPhoneアプリ市場で“侍”を目指す作品作りのイロハ【デジタルネイティブと企業】

アップル社が世界各国で発売したiPhone 3Gの登場で立ち上がったiPhoneアプリケーション市場は急成長を遂げ、インターネットの金鉱のごとく法人・個人を巻き込んだゴールドラッシュを生み出した。アプリケーション開発ができれば、法人・…

ネットブックでゲームもブルーレイもOK!低価格PCの切り札「ION」【最新ハイテク講座】

パソコン業界に一大センセーションを巻き起こしたネットブック。その人気は今も衰えるどころか、いっそう拍車が掛かっている。パソコンメーカー各社も単に安いだけでなくデザインや操作性などを向上した製品の投入にシフトし始めた。ネ…