いよいよ明日12月7日に発売!ワイモバイル向けスマホ「Android One X2」の気になる価格をチェック――防水やおサイフケータイ、5.2インチ液晶、S660、4GB RAMなど



Y!mobile向けAndroid Oneスマホ「X2」の価格を紹介!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄が携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向けに2年間のOSバージョンアップやセキュリティーアップデートの提供が保証された「Android One」シリーズのスマートフォン(スマホ)「Android One X2」(HTC製)を2017年12月7日(木)に発売します。

すでにすでにワイモバイルショップなどのY!mobile取扱店および公式Webストア「ワイモバイルオンラインストア」にて事前予約受付を実施しており、価格も案内されているので紹介したいと思います。


Android One X2の本体カラーはサファイアブルーおよびアイスホワイトの2色展開

Android One X2はHTC初のAndroid Oneシリーズとなった海外向け製品「HTC U11 life」をベースにしており、日本市場向けにおサイフケータイ(FeliCa)に対応しています。

日本でも今夏にauやSoftBankから発売されたHTCのフラッグシップスマホ「HTC U11」と同じコンセプトで握って操作できる「Edge Sense」などに対応したミッドレンジスマホとなっています。

主な仕様は約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)Super LDC(液晶)ディスプレイやオクタコアCPU「Snapdragon 630」、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大256GBまで)、2600mAhバッテリー、指紋センサー、USB Type-C端子(USB 2.0)など。

HTC U11と同様に防水・防塵(IP67相当)に対応し、カメラは像面位相差オートフォーカス(PDAF)やHDRブーストに対応した約1600万画素裏面照射型リアカメラ(F2.0)と約1600万画素ウルトラピクセルフロントカメラ(F.2.0)を搭載。その他の詳細な製品情報は以下の記事をご覧ください。

・ソフトバンク、ワイモバイル向けAndroid Oneスマホ「X2」を発表!HTC U11 lifeがベースでおサイフケータイや防水・防塵、5.2インチ液晶、S630、4GB RAM、Android 8.0 Oreoなど - S-MAX
・ワイモバイル向けHTC製スマホ「Android One X2」を写真で紹介!防水やおサイフケータイに加え、独自機能「Edge Sence」や「Uソニック・ハイレゾ」なども搭載【レポート】 - S-MAX

ワイモバイルオンラインショップで案内されている価格(税込)は以下の通り。少しわかりにくいですが、毎月の利用料から割り引く「月額割引」が機種変更ではPHSからのみが優遇されており、番号ポータビリティーによるのりかえ(MNP)は同じ会社であるソフトバンクからは機種変更相当となっています。

【新規契約および機種変更(PHS除く)、MNP(ソフトバンク)における価格】
料金プランスマホプランSスマホプランM・L
本体価格67,932円(頭金540円+分割2,808円/月×24回)
月額割引-972円/月×24回(総額-23,328円)-1,512円/月×24回(総額-36,288円)
実質負担額44,604円(頭金540円+分割1,836円/月×24回)31,644円(頭金540円+分割1,296円/月×24回)

【機種変更(PHS)およびMNP(ソフトバンク除く)における価格】
料金プランスマホプランSスマホプランM・L
本体価格67,932円(頭金540円+分割2,808円/月×24回)
月額割引-1,512円/月×24回(総額-36,288円)-2,052円/月×24回(総額-49,248円)
実質負担額31,644円(頭金540円+分割1,296円/月×24回)18,684円(頭金540円+分割756円/月×24回)

例えば、新規契約でスマホプランSを契約する場合の2年間の初期費用および月々のランニングコストは以下の通り。2年間使った場合には総額112,116円となり、月当たりに換算すると月額4,672円相当になります。

本体代67,932円+月額1,841円と考えるか、実質負担額の本体代44,604円+月額2,813円と考えるかですが、スマホプランSはデータ容量2倍オプションでも月2GBなので他社の仮想移動体通信事業者(MVNO)による格安SIMならおよそ月額1,500円くらいからあるので、店舗が多い点やサポートなどを考えない場合なら7万円くらいのSIMフリースマホとセット相当となるでしょうか。

◯初期(購入時)支払額
新規契約事務手数料:3,240円
本体代 頭金:540円
--------------------------------------------------
合計:3,780円

◯月額料金
本体代 割賦:2,808円×24回
スマホプランS:3,218円
データ容量2倍オプション:無料
月額割引(翌月から):-972円
ワンキュッパ割(翌月から12ヵ月間):-1,080円
--------------------------------------------------
合計:3,974円(2年目5,054円)



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Android One X2 関連記事一覧 - S-MAX
X2 を購入|オンラインストア|Y!mobile(ワイモバイル)

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】ワンセグ対応!定額モバイルブロードバンド端末「EM・ONE」を体験

イー・アクセス株式会社が2007年2月19日に発表した「EM・ONE(エムワン)」は、OSにMicrosoft Windows Mobile 5.0 software Pocket PC 日本語版(Windows Mobile 5.0)を採用し、最大3.6MbpsのHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバ…

【気になるPC】お洒落なタブレットPCが超低価格で手に入る「HP Pavilion tx1000」

日本HPより、タブレット機能を搭載した低価格PC「HP Pavilion Notebook PC tx1000/CT」が発売された。販売は、直販サイト「HP Directplusオンラインストア」、電話窓口「HP Directplusコールセンター」、または販売パートナー「HP Direc…

【アキバ物欲】安いことは良いことだ!低価格も大満足できるパソコン特集

価格破壊という言葉が登場して既に久しい。この言葉が一番似つかわしいのがパソコン市場だといえるだろう。パソコン黎明期には、100万円をこえるパソコンも珍しくなかったが、その後のパソコンの普及に伴い、低価格が進み、初期導入費は…

【ケータイラボ】モバイル天国のスタート!ブロードバンドが持ち歩ける「EM・ONE」レポート

2007年3月31日、新しい携帯電話事業社であるイー・モバイルが新モバイル・ブロードバンドサービスを開始した。サービス名称は「EMモバイルブロードバンド」で、最初はデータ通信サービスのみの提供である。音声通話サービスは2008年3…

【ケータイの疑問】ソフトバンクのホワイトプランは本当に安いのか? 店頭お持ち帰り価格″0円″の秘密とは?

はじめまして、memn0ckといいます。今回から、日本のケータイ市場について、あれやこれと探っていくことになりました。よろしくお願いします。さて、今週は月曜日にNTTドコモが同社のフラッグシップモデルとなる「FOMA 904i」シリーズを…