スマートスピーカー「Google Home」が7560円、「Google Home Mini」が3240円の半額セールを12月10日まで実施中!ビックカメラ系列やヤマダ電機系列などで一斉開催



shimajiro@mobiler

既報通り、楽天が「楽天スーパーSALE」にてるAI(人工知能)を活用した音声アシスト機能「Google アシスタント」に対応したスマートスピーカー「Google Home Mini」を通常価格(6,480円)の半額となる3,240円で販売している(価格はすべて税込)。

残念ながらすでに本体色のチョークのほうは完売しており、チャコールについては入荷予約を受付ているものの、12月8日以降発送予定となっている。なお、このセールは12月7日(木)1:59まで。

一方で、Google Home Miniだけでなく「Google Home」も含めてビックカメラ系列やヤマダ電機系列の家電量販店各社やECサイトでも12月3日(日)〜12月10日(日)の期間限定で半額となるセールを開催中だ。

対象となる製品は、店舗およびサイトごとに微妙に異なるが、ビックカメラおよびヤマダ電機(ECサイト除く)ではGoogle HomeおよびGoogle Home Miniが半額セール対象となっている。

【ビックカメラ】


ビックカメラの店舗ではビックカメラ新宿西口店の4Fにある「Google Home特設コーナー」(トップ写真)でGoogle HomeおよびGoogle Home Miniの半額セールを上記の写真の通り確認した。

またECサイト「ビックカメラ.com」でもGoogle HomeおよびGoogle Home Miniの半額セールを実施しており、それぞれ在庫もある状態だ。さらにビックカメラでは12月31日(日)までにロボット掃除機「ルンバ」を購入した場合にGoogle Home Miniがプレゼントされるキャンペーンも実施している。

その他、ソフマップなどのビックカメラ系列でも同様にGoogle HomeおよびGoogle Home Miniの半額セールをしているので、欲しい場合はポイントを貯めていたり、過去に買い物をしたことがあるなど、買いやすい店舗・ECサイトで購入するのが良さそだ。

【ヤマダ電機】


ヤマダ電機の店舗でもGoogle HomeおよびGoogle Home Miniの半額セールを実施していた。ただし、ヤマダ電機の場合はECサイト「ヤマダウェブコム」ではGoogle Home Miniだけで、Google Homeは半額セールとなっていない。またビックカメラと同様にヤマダ電機でも系列のツクモなどでも実施しているところがある。

【楽天ブックス】


楽天スーパーSALEでGoogle Home Miniが半額なのは楽天ブックスでの販売で、すでに前述通り、チョークは完売している。筆者も購入したほか、周りでも購入した人が多かったようだ。

【Google Homeシリーズのセールまとめ】

店舗Web・店頭半額キャンペーン
ビックカメラ.comWeb
店頭
Google Home、Google Home Miniが半額
ヤマダ電機Web
店頭
Google Home、Google Home Miniが半額
※WebサイトではMiniのみ半額
楽天ブックスWebGoogle Home Miniが半額
Google ストアWeb実施せず
auWeb
店頭
なし

その他、Google HomeおよびGoogle Home MiniはGoogle公式Webショップ「Google ストア」やauショップ(Webショップ「au Online Shop」含め)でも取り扱いがあるが、同様のセールの開催は確認できなかった。

ただし、auショップでは店舗によってセールを開催している可能性はあるので、もし「セールやってるよ!」という情報があればコメント欄などなどでご連絡頂ければm(_ _)m

記事執筆:shimajiro@mobiler


■shimajiro@mobiler
■Google Home・Home Miniが半額!ビックカメラ・ヤマダ電機・楽天などで一斉にセール開催、12月10日(日)まで

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるトレンド用語】増えるネット依存、子どもの闇の顔″学校裏サイト″って何だ?

インターネットが生活のさまざまなところに行き渡り、今や大人だけでなく、子どものインターネット利用も当たり前となっています。世界中にある膨大な知識に簡単に触れられることは、子どもたちにとって有意義な一方で、いくつもの弊害…

【気になるトレンド用語】″学校裏サイト″の次に危険なのはコレ?″プロフ″に潜む甘い罠と危険!

■プロフって何だろうプロフとは、"プロフィール"を略した言葉で、携帯サイト上に自己紹介ページを作成できるサービスの総称です。あらかじめ用意された数十の質問項目から、公表したいものを答えていくだけで、簡単かつ短時間に自分のプ…

【大人の物欲】そよ風でもピカピカ光る!「風力発電機」

ニュース番組などでも騒がれている「地球温暖化」。地球温暖化現象は、大気や海の平均温度が平均的に上昇することを意味する。その原因のひとつが大気中の二酸化炭素に代表される「温室効果ガス」で、二酸化炭素の排出量を抑えることが…

【気になるトレンド用語】Google、Yahoo!に挑む「百度」の表と裏

インターネットで一番利用するサービスといえば“検索”ですね。検索サイトは、調べたい単語を入力するだけで、膨大なインターネット上にある関連サイトや関連ニュースなどの情報を調べてくれるとても便利なサービスです。先日マイクロソ…

【IT革命児】就職したいIT企業の上位!Googleの教祖「ラリー・ペイジ」

世界的に有名な検索サイト「Google」は、1998年9月、ラリー・ペイジ(現製品部門担当社長)とサーゲイ・ブリン氏(現技術部門担当社長)の2人によって共同で設立された。以来、サイトのターゲット検索を中心に事業拡大を続け、今では世…