NTTドコモが割れないスマホ「arrows NX F-01K」を12月8日に発売!価格は本体代8万8128円の実質2万6568円から、公式Webストアの購入手続きは12月6日10時から



割れないスマホ「docomo arrows NX F-01K」が12月8日発売!

NTTドコモは5日、今冬および来春に発売する「2017-2018年冬春モデル」のうちの約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶や64bit対応オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載した富士通ブランドのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「arrows NX F-01K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を2017年12月8日(金)に発売すると発表しています。

すでにドコモショップなどの店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて事前予約受付を実施しており、ドコモオンラインショップでは発売に先立って2017年12月6日(水)10時以降に購入手続きが開始されます。なお、価格もすでに案内されていますのでまとめて紹介します。



arrows NX F-01Kは富士通のNTTドコモ向けフラッグシップスマホの最新機種で、性能的にはミッドレンジからミッドハイレンジクラスではありますが、従来から引き続いてコンクリートに落としても“割れないスマホ”として安心・安全に使える機種となっています。

またタフネス性能に加え、新たにユーザーエクスペリエンス(UX)を高め、虹彩認証だけでなく指紋認証にも対応。指紋認証は右側面に搭載された電源キー兼なぞって操作できるセンサー「Exlider」にて行なえます。

サイズは5.2インチクラスなのでちょうど良い約149×72×8.1mm。本体カラーはlue BlackおよびIvory White、Moss Greenの3色展開。その他の詳細な製品情報については「NTTドコモ、富士通の新スマホ「arrows NX F-01K」を発表!コンクリート落下で画面割れしないタフネス性能や虹彩認証は継承し、指紋認証対応のなぞって操作するセンサー「Exlider」を搭載 - S-MAX」をご参照ください。

arrows NX F-01K | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

ドコモオンラインショップで案内されている価格(税込)は以下の通り。他社から乗り換え(MNP)がやや優遇されているほか、新規契約および機種変更(Xi→Xi)、契約変更(FOMA→Xi)では同じとなっています。

契約種別新規契約、機種変更、契約変更MNP
本体価格88,128円(分割3,672円/月×24回)
月々サポート-2,079円/月×24回(総額-49,896円)-2,565円/月×24回(総額-61,560円)
実質負担額38,232円(分割1,593円/月×24回)26,568円(分割1,107円/月×24回)

スペックを考えるとやや高いようにも感じますが、割れないで長く使えるならば……後はソフトウェア更新をしっかりとやってくれれば長く使えて良さそうでしょうか。

【arrows NX F-01Kの主な仕様】
サイズ(高さ×幅×厚さ)約149mm×約72mm×約8.1mm
質量約154g
OSAndroid 7.1
ディスプレイ(サイズ、ディスプレイ方式、発色数)約5.2インチ
TFT
約1677万色
ディスプレイ解像度(横×縦)フルHD(1080×1920)
CPUQualcomm SDM660
2.2GHz+1.8GHz
オクタコア
内蔵メモリ(RAM/ROM)4GB/32GB
外部メモリ(最大対応容量)microSDXC(256GB)
バッテリー容量2580mAh
防水/防塵○/○(IPX5、8/IP6X)
VoLTE/VoLTE(HD+)○/○
連続待受時間(静止時[自動])(LTE/3G/GSM)約400時間/約450時間/約340時間
連続通話時間(LTE/3G/GSM)約850時間/約770時間/約700時間
電池持ち時間※1約120時間
受信時最大速度/送信時最大速度※2450Mbps/50Mbps
Bluetooth(対応バージョン)○(5.0)
アウトカメラ(有効画素数、F値)約2300万
2.0
インカメラ(有効画素数、F値)約500万
2.4
ワンセグ/フルセグ※3/○※3
生体認証虹彩認証、指紋認証
スグ電
非常用節電機能○(非常用節電モード)
ハイレゾ※4
HDR動画再生対応-
UIMnanoUIM
充電端子USB Type-C
カラーBlue Black
Ivory White
Moss Green
製造メーカー富士通コネクテッドテクノロジーズ
※1 NTTドコモ調べ。実際の利用状況(連続通話や動画を大量にダウンロードした場合など)によってはそれを下回る場合があります。
※2 通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォ−ト方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワ−クの混雑状況に応じて変化します。
※3 ワンセグの視聴には同梱の外付けアンテナが必要です。
※4 ハイレゾ対応のヘッドセットやスピーカー(別売)が必要です。
※5 充電には「ACアダプタ 06」(別売)または「microUSB変換アダプタ B to C 01」(別売)が必要です。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・arrows NX F-01K 関連記事一覧 - S-MAX
・報道発表資料 : 「ドコモ スマートフォン arrows NX F-01K」を発売 | お知らせ | NTTドコモ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…