NTTレゾナント、SIMフリーなgooのスマホ「g07++」を発表!タッチパネルを改善した5.5インチフルHD液晶や4GB RAM、64GBストレージなどに強化



gooのスマホ第7弾がさらにマイナーチェンジ!「g07++」が発売

NTTレゾナントは4日、同社が提供・運営するWebポータルサービス「goo」ブランドにて展開するSIMフリーのスマートフォン(スマホ)サービス「gooのスマホ」において新機種「g07++(グーマルナナプラスプラス)」を発表しています。

g07++は昨年12月に発表・発売した「g07(グーマルナナ)」の改良版として今年3月に発表・発売した「g07+(グーマルナナプラス)」をさらに性能強化し、内蔵メモリー(RAM)や内蔵ストレージを増量、液晶パネルの改善、カメラの高解像化など各スペックのパワーアップを施した機種とのこと。

価格はNTTコミュニケーションズが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」のSIMカードとセットの通常販売で24,800円。またOCN モバイル ONEの音声対応SIMカードとの契約が必須な「らくらくセット」で19,800円です(ともに税抜)。

さらに発売を記念して「g07++発売記念キャンペーン」として先着各907人までらくらくセットが最大5,000円相当(3,000円OFF販売+1年以上OCN モバイル ONE音声対応SIM利用で2,000円分相当gooポイント付与)お得に購入することが可能となっています。



g07++は約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)LPTS液晶を搭載したミッドレンジスマホで、g07やg07+と同様に3Gと4GのDSDS機能や指紋認証に対応し、新たにRAMやストレージなどを強化したモデルとなっています。

なお、同社では「g07」シリーズはgooのスマホの中で最高クラスの反響があり、現在はg07およびg07+のどちらもほぼ完売となっているとのことで、これにより、新たに性能を向上させたg07++を投入することになったということです。



外観はアルミ素材のメタルボディーとなっており、ディスプレイを覆うのは強化ガラス「Dragontrail」(旭硝子製)を採用。本体カラーは定番のシルバーに加え、シャイニングブルーとマットブラックを追加した3色展開。サイズは約152×75.6×7.9mm、質量は約150gと、大きさや重さはg07・g07+と同じ。背面に指紋センサーを搭載。

またg07+で対応したCDMA2000方式も引き続き対応しており、日本ではNTTドコモやau、ソフトバンクの回線で利用可能としています。SIMカードはmicroSIMカード(3FF)とmicroSDXCカードスロットと共用のnanoSIMカード(4FF)のデュアルSIM対応。最大通信速度はLTE UE Category 4による下り最大150Mbpsおよび上り最大50Mbps。

対応通信方式および周波数帯は4GのFDD-LTE方式で800MHz(Band 19)および900MHz(Band 8)、1800MHz(Band 3)、2100MHz(Band 1)、3GのW-CDMA方式で800MHz(Band 6)および900MHz(Band 8)、2100MHz(Band 1)、CDMA200方式で800MHz(BC0)および2000MHz(BC6)、2GのGSM方式で850および900、1800、1900MHz。FOMAプラスエリアにも対応。



またディスプレイはg07+のIGZO液晶パネルからさらに変更され、g07やg07+で指摘されていたタッチパネルの精度も向上しているとのこと。カメラのセンサーもソニー製を採用し、画素数も向上した約1600万画素リアカメラおよび約1300万画素フロントカメラを搭載。リアカメラはオートフォーカス(AF)やHDR機能、両方のカメラともにフラッシュを搭載。

機種g07++g07+g07
RAM4GB3GB
ストレージ64GB32GB
背面カメラ1600万画素1300万画素
前面カメラ1300万画素800万画素
CDMA2000



その他の仕様ではMediaTek製チップセット(SoC)「MT6750T」(オクタコアCPU/最大1.5GHz ARM Cortex-A53コア×4+最大1.0GHz ARM Cortex-A53コア×4)およびmicroSDXCカードスロット(最大128GBまで)、3000mAhバッテリー(急速充電対応)、2.4および5.xGHz対応でIEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.1、USB Type-C端子(OTG対応、USB 2.0)、3.5mmイヤホンマイク端子、位置情報取得(A-GPS・GLONASS)、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、電子コンパス、ジャイロセンサー、Android 7.0(開発コード名:Nougat)など。

gooのスマホ g07++(グーマルナナプラプラ) & 選べるOCNモバイルONEセット【送料無料】【シルバー:1月上旬以降出荷予定、マットブラック:12/15以降出荷予定】
価格:26784円(税込、送料無料)

共有する

関連記事

携帯は無料通話になるのか? ノキアのケータイ対応するSkype【気になるトレンド用語】

世界的な携帯電話メーカーであるノキアが同社の携帯電話で無料通話のSkypeに対応すると発表しました。Skypeは、P2P技術を使い無線LANなどを介してSkype同士での無料通話ができるアプリケーションとサービスです。ノキアは、2009年第3四…

カメラの限界を超え始めたデジタルカメラ【気になるトレンド用語】

進歩を続けるデジタルカメラが新しい時代に入ろうとしています。デジタルカメラ(以下デジカメ)は、手軽なサイズと価格ながら、高画質・多機能さから人気を集め普及してきました。フィルムがいらないカメラとして登場したデジタルカメ…

有名ブランド製品の半値も? お値打ち地デジ対応液晶テレビを探せ【ネット物欲魂】

一時は高額家電の代名詞だった液晶テレビだが、地上デジタル放送への移行が近づくにつれ、価格破壊が起こっている。地上デジタル放送のハイビジョン映像を楽しむためには、ハイビジョン対応テレビが必要だ。自宅のテレビが未対応の場合…

入力革命!光センサー液晶ノートPC「新生・Mebius」発表会

シャープは2009年4月21日、同社の東京市ヶ谷ビル「エルムホール」において、世界初の「光センサー液晶」を搭載したノートパソコン「新生・Mebius(メビウス)」を発表した。世界初となる「光センサー液晶パッド」は、新しいセンシング方…

頭脳をもったカメラ? 大切な人を覚えてくれるデジカメ【とんでもなく進歩したデジカメ特集】

どうせデジカメなんて、どれも同じ・・・ なんてこと思ってない?そう思ってる「あなた」は、とてつもなく古い!たしかに多機能化や小型・薄型化が進み価格もすごく安くなり、誰でもデジカメを持つようになって久しい。ところが、デジカメ…