KDDI、au向け最新プレミアムコンパクトスマホ「AQUOS R compact SHV41」を発表!やや縦長の4.9インチFHD+ハイスピードIGZO液晶を搭載した進化した狭額縁デザイン「EDGEST fit」に



auが新スマホ「AQUOS R compact SHV41」を発表!2017年12月下旬発売

KDDIおよび沖縄セルラー電話は21日、都内にて「au HOME 発表会 with au 2017 冬モデル」を開催し、今冬以降に発売する「2017年冬モデル」として約4.9インチFHD+(1080×2032ドット)ハイスピードIGZO液晶やオクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用の最新プレミアムコンパクトスマートフォン(スマホ)「AQUOS R compact(型番:SHV41)」(シャープ製)を発表しています。

発売時期は2017年12月下旬を予定し、auショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施される予定。なお、2017年11月22日(水)より「au SHINJUKU」や「au SENDAI」、「au NAGOYA 」、「au OSAKA」、「au FUKUOKA 」にて先行展示されるということです。

AQUOS R compactはシャープから10月に発表された同社のフラッグシップスマホ「AQUOS R」の小型モデル「AQUOS R compact」のau
版で、新たにアスペクト比9:17のやや縦長画面を搭載し、自由にディスプレイの形を設計できる「IGZOフリーフォームディスプレイ」によってディスプレイの上左右の縁(ベゼル)を狭くした「EDGEST」デザインを進化させた「EDGEST fit」デザインを採用しています。

これにより、従来までの4.7インチサイズと同等の横幅66mmのコンパクトサイズに4.9インチになり、狭額縁デザインながら片手にフィットして持ちやすさを向上させ、さらにディスプレイ上部中央を切り欠けさせてそこにフロントカメラを搭載することで、自然な目線での自撮りも可能となっています。なお、AQUOS R compactはSoftBank版「AQUOS R compact(型番:701SH)」も発売されます。


AQUOS R compactはシャープの新しいプレミアムコンパクトスマホで、以前に展開していたディスプレイの上左右の3辺における周りの縁が狭いEDGESTが進化し、新たに「AQUOS」シリーズとして初めてIGZOフリーフォームディスプレイを搭載したことによって実現した丸みのある形状のEDGEST fitを採用しました。

サイズは約132×66×9.6mm(最厚部約9.7mm)、質量は約140g。本体色はシャープから発表されたベースカラーのムーンホワイトおよびトルマリンブラックのうちのムーンホワイトに加え、メタルブラックおよびローズピンクの2色を加えた3色展開。防水(IPX5およびIPX8準拠)および防塵(IP6X準拠)、おサイフケータイ(FeliCa)、ワンセグにも対応し、フロントカメラは広角23mm相当(35mm換算)レンズと約800万画素センサーを搭載。



ディスプレイは倍速120Hz駆動のハイスピードIGZOのほか、高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」や「バーチャルHDR」をサポートし、ディスプレイの下中央には指紋センサーを兼ねたホームキーが搭載され、ホームボタンのほか、左右になぞることで戻るボタンや履歴ボタンの機能を割り当てられるようになっています。また画面上に表示しているホームなどのソフトウェアナビゲーションボタンを非表示にすることも可能。本体右側面に音量上下キーおよび電源/スリープキー、左側面にSIMカードおよびmicroSDカードスロットが配置。

リアカメラは広角25mm相当(35mm換算)レンズと約1640万画素センサーで、像面位相差オートフォーカス(PDAF)およびコントラストAFによるハイブリッドAFに対応しています。なお、AQUOS Rで対応していた光学手ブレ補正(OIS)には非対応。


その他の仕様はチップセットは14nmプロセスで製造された64bit対応のQualcomm製「Snapdragon 660」(2.2GHz Kryo 260×8コアCPU、GPU「Adreno 512」)、内蔵メモリー(RAM)は3GB LPDDR4X、内蔵ストレージは32GB、外部ストレージはmicroSDXCカードスロット(最大256GBまで)、2.4および5.xGHzデュアルバンド対応でIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0、エモパー(Ver.7.0)、3.5mmイヤホンマイク端子、au世界サービス(VoLTE/LTE/UMTS/GSM)、緊急速報メールなど。

電池容量は2500mAhで、急速充電「Quick Charge 3.0」および「USB PD」に対応。充電などの端子は表裏のないUSB Type-Cを採用。連続通話時間は約1530分(au VoLTE)、連続待受時間は約630時間(LTE・WiMAX 2+)、電池持ち時間は約80時間、連続テレビ視聴時間はワンセグで約10時間20分。OSは最新のAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)をプリインストール。


動画リンク:https://youtu.be/LgM2CYXi9lo



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・au 2017冬モデル4機種の発売について | 2017年 | KDDI株式会社
・KDDI株式会社向け2017年冬モデル 2機種を製品化|ニュースリリース:シャープ
・AQUOS R compact(アクオス アール コンパクト) SHV41|スマートフォン(Android スマホ)|au
・主な特長|AQUOS R compact SHV41|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…