NTTドコモ、料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の契約数が4000万件を突破!サービス開始約3年5ヶ月で、シンプルプランの追加で底上げ――契約率は全体の約5割超えに



NTTドコモの新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」が4000万契約突破!

NTTドコモは13日、2014年6月から提供している新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の基本プラン(「カケホーダイプラン」および「シンプルプラン」、「データプラン」、「デバイスプラス」)の契約数が2017年11月10日(金)に4000万件を突破したと発表しています。

提供を開始して約4ヶ月で1000万件、約1年で2000万件と順調に加入数を伸ばしていましたが、その後はさすがにやや鈍化したのか、約1年10ヶ月後に3000万件、そして今回、約3年5ヶ月後に4000万件突破を果たしました。

NTTドコモの契約者数が2017年6月末で7536万1000契約なので、新料金プランの契約率は53%となり、6〜11月の契約数の増加を見込んでも5割を超えたことになると見られます。

NTTドコモでは利用者がより快適に同社の携帯電話を利用できるように国内の音声通話を定額とし、パケット通信のデータ通信量を家族間や同一法人間等でシェアできる新たな料金プランとしてカケホーダイ&パケあえるを2014年6月1日から国内の移動通信事業者として初めて提供開始しました。

特にNTTドコモの携帯電話を家族で長く利用しているユーザーを中心に多くの契約があった結果、提供開始から初期は比較的順調に契約数が伸びましたが、その後は鈍化。しかしながら、今年5月からは月額980円(税別)の「シンプルプラン」や毎月1,500円が割り引かれる「docomo with」も新たに追加し、契約数を伸ばしてきています。なお、これまでの契約数の推移は以下の通り。

【「カケホーダイ&パケあえる」契約数の推移】
契約数日付
300万件突破2014年6月10日(火)
500万件突破2014年7月5日(土)
1000万件突破2014年10月14日(火)
2000万件突破2015年6月6日(土)
3000万件突破2016年4月12日(火)
4000万件突破2017年11月10日(金)




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・報道発表資料 : (お知らせ)「カケホーダイ&パケあえる」の契約数が4,000万件を突破 | お知らせ | NTTドコモ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】ドコモにもついに登場!「サイクロイドスタイル」

誰もがキレイな液晶画面だと納得するのがシャープの携帯電話である。ようやく、ドコモの携帯電話にも3.0インチワイドQVGAモバイルASV液晶を搭載し、「AQUOS」の冠を与えられた端末が登場した。ドコモショップに聞いてみると、問い合わせ…

【ケータイの疑問】ソフトバンクのホワイトプランは本当に安いのか? 店頭お持ち帰り価格″0円″の秘密とは?

はじめまして、memn0ckといいます。今回から、日本のケータイ市場について、あれやこれと探っていくことになりました。よろしくお願いします。さて、今週は月曜日にNTTドコモが同社のフラッグシップモデルとなる「FOMA 904i」シリーズを…

【ケータイの疑問】2in1でドコモの反撃はあるのか? 2007年夏モデルにみるドコモの可能性

例年通り5月のゴールデンウィークを明けてから、auやソフトバンクの2007年夏モデルも発表されました。また、各社の2007年3月度の決算発表も行われ、MNP以降の各社の明暗が鮮明になりました。2007年4月のMNP利用動向では、ついにソフ…

【ケータイラボ】ケータイの常識を変える!シリーズ唯一のハイスピード携帯、ドコモ″N904i″の真価

このあいだ、新聞を見てびっくりした。ドコモのことをはっきりと"独り負けドコモ"と書いてある。まさかこんなことになるとは…。「そろそろ反撃してもいいですか」という広告で、au、SoftBankなどにライバル心むき出しにしたドコモ。反撃…