NTTドコモ、10.1インチWQXGA液晶搭載タフネスタブレット「arrows Tab F-02K」を発表!ワコムの技術によるペン入力とAIエージェントによる会話モードなどに対応



docomoが新タブレット「arrows Tab F-02K」を発表!2018年1月発売

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約10.1インチWQXGA(2560×1600ドット)IPS液晶や64bit対応オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用タブレット「arrows Tab F-02K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

発売時期は2018年1月以降を予定し、ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施される見込みで、価格も追って案内される予定。

富士通ブランドのNTTドコモ向けタブレットとしては2016年7月に発売された「arrows Tab F-04H」以来となり、新たにワコムのペン入力技術を使った滑らかな書き心地のスマートスタイラスペンが付いており、4096段階の筆圧検知によってメモからイラストまで自由に描くことができるようになっています。



arrows Tab F-02Kは10.1インチサイズのハイスペックタブレットで、最新のミッドハイレンジクラス向けチップセット(SoC)「Snapdragon 660(SDM660)」(オクタコアCPU「2.2GHz×4+1.8GHz×4」)や4GB RAMなどを搭載して快適に利用できます。

また新たにペン入力に対応。ペンは電池が内蔵されているタイプで、付属のペン以外については今後動作確認が取れ次第、ワコムから案内されるとのこと。なお、ペン入力時に手のひらを画面に付いた場合に反応しないパームリジェクション機能も備えています。


音声認識用アレイマイクを搭載し、面が消えても話しかければAIエージェントによって「会話モード」ですぐに反応してくれ、周囲が騒がしくても、あなたが話した言葉をしっかり聞き取ってくれます。さらに音楽を楽しんでいる時もジェスチャーで音量を変えたり、話しかけて別の楽曲を探したり、タブレットを触らなくても離れた場所から操作可能。

外観は四隅にエストラマー素材(ゴムのような弾性のある樹脂)のすべり止め「grip edge」を引き続いて搭載し、お風呂場などの滑りやすい場所でもしっかりとスタンドなしで立てることができるようになっています。



デザインは美しく、つかみやすい「Concave」フォルムを採用し、光の反射を受けて豊かな陰影を刻み、本体色は格調高く、飽きのこないBlackおよびOff Whiteの2色展開で、Blackは光の加減でグレートーンに表情を変え、Off Whiteは繊細なパターンが入っています。

また指に沿うしなやかな凹曲面のくぼみ部分に指が心地よく引っかかり、持ち上げやすく、grip edgeをさらに効果的に機能させ、ディテールまでしっかりと丁寧に造り込まれた「Made in Japan」ならではの繊細な美しさと優しさ詰め込んでいるとのこと。サイズは約173×256×6.9mm、質量は約441g。

製品arrows TabARROWS Tab
F-02KF-04HF-03GF-02F
画面10.1型WQXGA液晶10.5型WQXGA有機EL10.1型WQXGA液晶
大きさ173×256×6.9mm175×266×6.8mm174×265×8.5mm169×261×8.9mm
重さ441g430g433g519g
SoCS660S808S801S800
RAM4GB3GB2GB2GB
ストレージ32GB32GB64GB64GB
虹彩認証
電池容量6000mAh6000mAh7840mAh9600mAh
発売時期2018年1月2016年7月2014年11月





ディスプレイの上には虹彩認証「Iris Passport」が搭載され、パスワードを入力する必要がなく、画面を見た瞬間に認証が行われ、自動でスピーディーにロックが解除されます。セキュリティー面では安心・安全としてアメリカ(米国)の国防総省(いわゆる「米軍」)が定める耐久試験「MIL-STD-810G」(以下、MIL規格)に準拠した14項目の耐性能を装備。もちろん、防水(IPX5およびIPX8準拠)や防塵(IP6X準拠)にも対応。

arrowsスマホに続いて音響はオンキヨー監修によるデジタルノイズや歪みの少ない高品位な音質となり、臨場感あふれるハイレゾ音源にも対応。ワンセグやフルセグに対応し、アンテナを内蔵しているので電波感度も良く手軽に地上デジタル放送が楽しめます。なお、録画にも対応。

その他の仕様ではQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 660(SDM660)」(オクタコアCPU「2.2GHz×4+1.8GHz×4」)および32GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大256GBまで)、約810万画素リアカメラ(F2.4)、約500万画素フロントカメラ(F2.4)、6000mAhバッテリー、Bluetooth 5.0、位置情報取得(GPS)、USB Type-C端子、3.5mmイヤホンマイク端子、エリアメールなど。

通信速度はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)では下り最大867Mbps、携帯電話ネットワークではキャリアアグリゲーション(CA)に対応したPREMIUM 4G」による下り最大450Mbpsおよび上り最大50Mbpsに対応。SIMカードはnanoSIMカード(4FF)サイズ。











記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・報道発表資料 : 2017-2018年 冬春 新商品15機種を開発・発売 | お知らせ | NTTドコモ
・arrows Tab F-02K | 製品 | NTTドコモ
・arrows Tab F-02K - タブレット - FMWORLD.NET(個人) : 富士通

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

携帯は無料通話になるのか? ノキアのケータイ対応するSkype【気になるトレンド用語】

世界的な携帯電話メーカーであるノキアが同社の携帯電話で無料通話のSkypeに対応すると発表しました。Skypeは、P2P技術を使い無線LANなどを介してSkype同士での無料通話ができるアプリケーションとサービスです。ノキアは、2009年第3四…

有名ブランド製品の半値も? お値打ち地デジ対応液晶テレビを探せ【ネット物欲魂】

一時は高額家電の代名詞だった液晶テレビだが、地上デジタル放送への移行が近づくにつれ、価格破壊が起こっている。地上デジタル放送のハイビジョン映像を楽しむためには、ハイビジョン対応テレビが必要だ。自宅のテレビが未対応の場合…

イチバンが好き SSD搭載で薄くてかっこいい最先端をこの手に【ミニノートPC特集】

今、話題のパソコンといえば、6万円から4万円台という低価格がセールスポイントのミニノートPCです。インターネット利用が目的で性能を抑えてはいますが、予想外に仕事でも使えることから、サブではなくメインとして使う人も増えていま…

国内初のグーグルケータイ登場!地磁気センサーで星座も方位も一発表示【09夏ケータイ ドコモ編】

2009年5月19日、NTTドコモは国内初となるAndroid搭載のスマートフォン「HT-03A」を発表した。「HT-03A」は、HTC社製「HTC Magic」の国内向けモデルとなる。「HT-03A」は、地磁気センサーの搭載により羅針盤機能を利用することができる。…

4.1インチ大画面、1Ghz CPU搭載のインターネットケータイ「T-01A」【09夏ケータイ ドコモ編】

NTTドコモの09夏モデルのPROシリーズはホットだ。国内初のAndroidケータイHT-03Aの登場だけではない。4.1インチという最大級の大画面液晶を搭載する東芝製インターネットケータイ「T-01A」も同時に出現だ。OSにWindows mobile 6.1を採用…