最新プレミアムスマホの廉価モデル「HUAWEI Mate 10 Lite」が発表!5.9インチFHD+縦長画面のほぼ全画面デザインに加え、背面と前面にデュアルカメラを搭載



ファーウェイが最新プレミアムスマホの廉価モデル「HUAWEI Mate 10 Lite」を発表!

Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)は16日(現地時間)、同社の最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 10」シリーズを発表し、廉価モデル「HUAWEI Mate 10 Lite」を発表しています。

日本で発売予定の「HUAWEI Mate 10 Pro」と同様のアスペクト比9:18の縦長ながら若干小さくかつ液晶の約5.9インチフルHD+(1080×2160ドット)IPS液晶ディスプレイ(約407ppi)を搭載し、狭額縁デザインの“ほぼ全画面ディスプレイ”となっています。

発売時期は2017年10月以降にグローバル市場で順次発売され、ポーランドで販売されることが明らかになっています。価格はヨーロッパでは349ユーロ(約46,000円)。

現時点では日本で発売されるかどうかは不明ですが、ファーウェイの“Lite”モデルはコストパフォーマンスも高く、先進的な縦長ディスプレイ搭載のミッドレンジクラスは珍しいこともあり、投入を期待したいところです。


HUAWEI Mate 10 Liteは最新プレミアムスマホとなるHUAWEI Mate 10シリーズの廉価モデルで、チップセットがHUAWEI Mate 10やHUAWEI Mate 10 Proなどの「Kirin 970」からARM Cortex-A53コアの2.36GHz×4+1.7GHz×4のオクタコアCPU「Kirin 659」(HiSillcon Technologies製)になったミッドレンジクラススマホです。

サイズは約156.2×75.2×7.5mm、質量は約164g、本体色はAurora BlueおよびGraphite Black、Prestige Goldの3色展開。OSはAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)を採用し、独自ユーザーインターフェース(UI)「Emotion UI 5.1」を搭載。

機種Mate 10 LiteMate 10 ProMate 10
画面5.9型FHD+液晶
(約407ppi)
6.0型FHD+有機EL
(約402ppi)
5.9インチWQHD液晶
(約499ppi)
大きさ156.2×75.2×7.5mm154.2×74.5×7.9mm150.5×77.8×8.2mm
重さ164g178g186g
SoCKirin 659Kirin 970Kirin 970
電池容量3340mAh4000mAh4000mAh
NFC
Irリモコン
防水IP67IP53





カメラは背面および前面ともにダブルレンズカメラで、リアカメラは約1600万画素+約200万画素、フロントカメラは約1300万画素+約200万画素に。背面には指紋センサーも搭載。センサー類は他に加速度センサー、電子コンパス、環境光センサーなど。

その他の共通仕様は4GB内蔵メモリー(RAM)および64GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大128GBまで)、3340mAhバッテリー(取外不可)、2.4GHz帯におけるIEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2 LE、位置情報取得(A-GPS・GLONASS・BDS)、DisplayPort 1.2、USB Type-C端子、3.5mmイヤホンマイク端子など。

通信方式および対応周波数帯はポーランド向けでは4GのFDD-LTE方式でBand 1および3、7、8、20、3GのW-CDMA方式でBand 1および5、8、2GのGSM方式でBand 2および3、5、8で、SIMカードはnanoSIMカード(4FF)が2つのデュアルSIM対応。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・HUAWEI Mate 10 lite | SMARTFON | HUAWEI Polska

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】これからの一眼レフは1000万画素がスタンダード

2006年は、一眼レフのブームや低価格化が進んだことにより各メーカーから数々のデジタル一眼レフカメラが発売された。その中でも脚光を浴びたのが、今回紹介するNikon「D80」とPENTAX「K10D」ではないだろうか。「D80」は、低価格の一眼…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…

【ケータイラボ】大人の女性に向けたケータイ「ベネトンコラボレーションモデル」

「ベネトンコラボレーションモデル」は、シンプルな形状と機能にこだわったストレートタイプの音声端末「nico.」をベースにした、ベネトン ジャパンとのコラボモデル。発売時期は2月下旬予定。価格はオープンプライスだが、ウィルコム…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…