最新最上級スマホ「HUAWEI Mate 10」シリーズを発表!ほぼ全画面デザインやAI対応チップセットなどーー防水にも対応した「HUAWEI Mate 10 Pro」は日本で年内にも発売に



ファーウェイが最上級スマホ「HUAWEI Mate 10」シリーズを発表!Proは日本でも発売

Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)は16日(現地時間)、ドイツ・ミュンヘンで発表会を開催し、新たに最上級スマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 10」および「HUAWEI Mate 10 Pro」、ポルシェとコラボレーションした「PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 10」を発表しています。

HUAWEI Mate 10シリーズは日本でも昨年12月に発売されたファーウェイの最上級プレミアムスマホ「HUAWEI Mate 9」の後継機種で、新たに画面占有率の高い「HUAWEI FullView Display」を採用したほぼ全画面デザインとなり、AI(人工知能)に対応したチップセットを搭載するなど、より高性能になりました。またHUAWEI Mate 10は生活防水、HUAWEI Mate 10 Proは防水にも対応。

発売時期はHUAWEI Mate 10が2017年10月下旬以降、HUAWEI Mate 10 ProおよびPORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 10が2017年11月中旬以降にグローバル市場にて順次発売され、HUAWEI Mate 10 Proについては日本でも発売されることが明らかにされました。日本での発売時期は年内を予定。

価格は発表があったドイツを含むヨーロッパではHUAWEI Mate 10の4GB内蔵メモリー(RAM)および64GB内蔵ストレージのモデルで699ユーロ(約92,000円)、HUAWEI Mate 10 Proの6GB RAMおよび128GB内蔵ストレージのモデルで799ユーロ(約106,000円)、PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 10の6GB RAMおよび256GB内蔵ストレージのモデルが1,395ユーロ(約184,000円)となっています。







HUAWEI Mate 10シリーズはディスプレイの周りの縁(ベゼル)を狭くした狭額縁の“ほぼ全画面デザイン”を採用し、今年9月に発表したAIに対応した専用プロセッサー「NPU(Neural Network Processing Unit)」を内蔵した最新ハイエンドチップセット「Kirin 970」(HiSillicon Technologies製)を搭載することで、AI処理も高速に行える最上級クラスのプレミアムスマホです。

画面はHUAWEI Mate 10が従来と同じアスペクト比9:16の約5.9インチQHD(1440×2160ドット)液晶ディスプレイ(約499ppi)、HUAWEI Mate 10 Proが縦長9:18の約6.0インチFHD+(1080×2160ドット)OLEDディスプレイ(約402ppi)を採用。なお、基本的にHUAWEI Mate 10 ProおよびPORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 10は本体色とRAM、内蔵ストレージの違いのみとなっています。

HUAWEI Mate 10の画面がNTSC色域96%およびコントラスト比1500:1、明るさ1.8〜730nits、RGBW、HUAWEI Mate 10 Proの画面がNTSC色域112%およびコントラスト比70000:1で、面積と画面占有率ではHUAWEI Mate 10とHUAWEI Mate 10 Pro、iPhone Xを比べた場合にそれぞれ9532m2、9317m2、8047m2、81.79%、81.61%、81.36%とHUAWEI Mate 10シリーズのほうがiPhone Xよりも全画面度が高く、画面も広いとのこと。前面には約800万画素センサーおよびF2.0レンズのフロントカメラも搭載。




チップセットはともに10nmプロセスで製造されたKirin 970で、CPUがオクタコアCPU「Cortex-A73(最大2.4GHz×4コア)」+「Cortex-A53(最大1.8GHz×4コア)」、GPUが業界初採用の「Mali-G72MP12」(12コア)、そして、自社開発のデュアルISPを内蔵し、CPUは20%、GPUは20%性能向上して50%の省電力化を実現。

これにより、通信面も進化しており、LTE UE Category 18による3波のキャリアアグリゲーション(3CC CA)と4x4 MIMO、256QAMを組み合わせて下り最大1.2Gbpsを実現。なお、CAは最大5波の5CC CAまで対応。さらにデュアルSIMの2つのスロットともにLTEが同時利用できるLTE+LTEのデュアルVoLTE(DSDV)に対応し、LTEで通信しながらVoLTEの待受が可能となっています。



RAMと内蔵ストレージは、HUAWEI Mate 10が4GB RAMおよび64GB内蔵ストレージ、HUAWEI Mate 10 Proが4GB RAMおよび64GB内蔵ストレージと6GB RAMおよび128GB内蔵ストレージ、PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 10が6GB RAMおよび256GB内蔵ストレージを搭載。ともにmicroSDXCカードスロット(最大256GBまで)を搭載し、デュアルSIMモデルの場合には片方のSIMカードスロットとmicroSDカードスロットは共用。


HUAWEI Mate 10とHUAWEI Mate 10 ProはそれぞれシングルSIMモデルとデュアルSIMモデルが用意され、HUAWEI Mate 10のシングルSIMモデルが型番「ALP-L09」、デュアルSIMモデルが型番「ALP-L29」、HUAWEI Mate 10 ProのシングルSIMモデルが型番「BLA-L09」、デュアルSIMモデルが型番「BLA-L29」で、それぞれの対応周波数帯は記事末の通り。

背面にはHUAWEI Mate 9などと同様に「Leica(ライカ)」と協業してライカレンズのダブルレンズカメラを搭載。約2000万画素モノクロセンサーと約1200万画素カラーセンサーでともに裏面照射型CMOSを採用し、レンズの明るさは2つともF1.6。光学手ブレ補正(OIS)に対応したほか、4in1オートフォーカス(PDAF+CAF+Laser AF+Depth AP)に対応。また指紋センサーはHUAWEI Mate 10 Proは背面、HUAWEI Mate 10は前面のディスプレイの下中央に搭載。




サイズおよび質量はHUAWEI Mate 10が約150.5×77.8×8.2mmおよび約186g、HUAWEI Mate 10 Proが約154.2×74.5×7.9mmおよび約178g。HUAWEI Mate 10はIP53準拠の生活防水・防塵、HUAWEI Mate 10 ProはIP67準拠の防水・防塵に対応。外観は3Dカーブデザインを採用し、背面は多層フィルムを重ねたガラスデザインに。

本体色はHUAWEI Mate 10がMocha BrownおよびBlack、Champagne Gold、Pink Goldの4色、HUAWEI Mate 10 ProがTitanium GreyおよびMocha Brown、Midnight Blue、Pink Goldの4色、PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 10がDiamond Blackの1色展開。




PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 10

OSはAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)を採用し、独自ユーザーインターフェース(UI)の「EMUI 8.0」を搭載。ハイレゾ音源に対応し、サウンド面ではaptXおよびaptX HD、LDAC HD Audioをサポート。

その他の共通仕様は4000mAhバッテリー(取外不可)およびIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2 LE、位置情報取得(A-GPS・GLONASS・BDS)、赤外線リモコン、NFC Type A/B、DisplayPort 1.2、USB Type-C端子、3.5mmイヤホンマイク端子、加速度センサー、ジャイロセンサー、電子コンパス、環境光センサー、近接センサー、ホールセンサー、気圧センサーなど。


ハイレゾ音源対応





急速充電対応




PCモード




Microsoftと協業してAI翻訳に対応など、Office機能を強化

HUAWEI Mate 10
ALP-L09:
FDD-LTE: Band 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28
TD-LTE: Band 34/38/39/40
UMTS(WCDMA)/HSPA + /DC-HSDPA: Band 1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: Band 34/39
GSM/EDGE: 850/900/1800/1900MHz

ALP-L29:
SIM1:
FDD-LTE: Band 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28
TD-LTE: Band 34/38/39/40
UMTS(WCDMA)/HSPA + /DC-HSDPA: Band1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: Band 34/39
GSM/EDGE: 850/900/1800/1900MHz

SIM2:
FDD-LTE: Band 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28
TD-LTE: Band 34/38/39/40
UMTS(WCDMA): Band 1/2/4/5/6/8/19
GSM/EDGE: 850/900/1800/1900MHz

HUAWEI Mate 10 Pro
BLA-L09:
FDD-LTE: Band 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/32
TD-LTE:Band 34/38/39/40
UMTS(WCDMA)/HSPA + /DC-HSDPA: Band 1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: Band 34/39
GSM/EDGE: 850/900/1800/1900MHz

BLA-L29:
SIM1:
FDD-LTE: Band 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/32
TD-LTE: Band 34/38/39/40
UMTS(WCDMA)/HSPA + /DC-HSDPA: Band 1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: Band 34/39
GSM/EDGE: 850/900/1800/1900MHz

SIM2:
FDD-LTE: Band 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/32
TD-LTE: Band 34/38/39/40
UMTS(WCDMA): Band 1/2/4/5/6/8/19
GSM/EDGE: 850/900/1800/1900MHz

PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 10
SIM1:
FDD-LTE: Band 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/32
TD-LTE: Band 34/38/39/40
UMTS(WCDMA)/HSPA + /DC-HSDPA: Band 1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: Band 34/39
GSM/EDGE: 850/900/1800/1900MHz

SIM2:
FDD-LTE: Band 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/32
TD-LTE: Band 34/38/39/40
UMTS(WCDMA): Band 1/2/4/5/6/8/19
GSM/EDGE: 850/900/1800/1900MHz



動画リンク:https://youtu.be/XVXytij8Rno

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・HUAWEI Unveils the HUAWEI Mate 10 and HUAWEI Mate 10 Pro
・HUAWEI Mate 10 | Android Phone | HUAWEI Global
・HUAWEI Mate 10 Pro | Android Phone | HUAWEI Global
・PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 10 | Luxury Android Phone | HUAWEI Global

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

ケータイでFTTH並みの速度を実現!次世代の通信規格「LTE」の最前線【最新ハイテク講座】

最近の携帯電話は、メール機能や音楽再生機能、デジカメ機能など多機能化が進んでいるが、そんな携帯電話に新たな展開が見え始めている。総務省は2009年1月23日、「3.9世代移動通信システムの導入のための特定基地局の開設に関する指針…

携帯は無料通話になるのか? ノキアのケータイ対応するSkype【気になるトレンド用語】

世界的な携帯電話メーカーであるノキアが同社の携帯電話で無料通話のSkypeに対応すると発表しました。Skypeは、P2P技術を使い無線LANなどを介してSkype同士での無料通話ができるアプリケーションとサービスです。ノキアは、2009年第3四…

有名ブランド製品の半値も? お値打ち地デジ対応液晶テレビを探せ【ネット物欲魂】

一時は高額家電の代名詞だった液晶テレビだが、地上デジタル放送への移行が近づくにつれ、価格破壊が起こっている。地上デジタル放送のハイビジョン映像を楽しむためには、ハイビジョン対応テレビが必要だ。自宅のテレビが未対応の場合…

遠隔地からPCの電源をオン/オフ 「vPro」が変える安全【デジタルネイティブと企業】

「vPro(ヴィープロ)」というキーワードをご存じだろうか。インテルが提唱する「vPro」は、パソコンにおける環境問題とコスト削減、セキュリティを大きく改善するテクノロジーだ。vProテクノロジーは、搭載したパソコンで遠隔操作によ…

残業してるPCをサーバから電源オフに? グリーンITの切り札 vPro【気になるトレンド用語】

CO2削減や環境問題が叫ばれる中、IT業界もグリーンITといった環境取り組みがうたわれています。サーバやネットワーク、オフィスのパソコンやプリンターなどIT業界は、大量に電力を消費する業界でもあります。特にオフィスのパソコンは、…