Amazon、新しくシリーズ初の防水対応な7インチ電子書籍リーダー「Kindle Oasis」を発表!日本では10月31日発売ーー価格は3万3980円から、プライム会員なら4千円OFF



Amazon.co.jpにて防水対応電子書籍リーダー「Kindle Oasis 2017」が発売!

Amazonは11日(現地時間)、同社が開発・販売する電子書籍リーダー「Kindle」シリーズにアルミニウムボディー採用で初の防水対応の最上位機種「All-New Kindle Oasis」(以下、Kindle Oasis 2017)を発表しています。

これを受けてアマゾン ジャパンは11日、同社が運営するWebストア「Amazon.co.jp」にて「Kindle Oasis (Newモデル) 電子書籍リーダー」を2017年10月31日(火)に発売すると発表しました。

発売に先立ってすでに事前予約受付を開始し、価格(税込)は「8GB、Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル」の33,980円からで、Amazonプライム会員ならさらに注文時にクーポンコード「PRIMEOASIS」を利用することで4,000円OFFになって29,980円からとなります。その他のモデルは以下の通り。

【Kindle Oasis 2017 価格】
容量通信キャンペーン
情報
価格
通常プライム会員
8GBWi-Fiつき33,980円29,980円
なし35,980円31,980円
32GBWi-Fiつき36,980円32,980円
なし38,980円34,980円
Wi-Fi+無料3Gなし44,980円40,980円



Kindle Oasisは昨年に最上位モデルとして発売され、今回新たに防水に対応したほか、画面も7インチに大きくなり、外装にアルミニウムを採用するなど、より機能や性能を高めたモデルが発売されます。防水はIPX8準拠で深さ2mの真水に60分沈めても有害な影響がないレベル。

画面は約7インチ300ppiのCarta電子ペーパー技術採用「Amazon Paperwhiteディスプレイ」(内蔵型ライト、フォント最適化技術、16階調グレースケール)。サイズは約159×141×3.4〜8.4mm、質量は約194g(Wi-FiモデルおよびWi-Fi+無料3Gモデルともに)。




バッテリーは明るさ設定10およびワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合、1回の充電で数週間利用可能。なお、ワイヤレス接続およびライトの使用によって利用できる時間は異なるとのこと。充電はPCからmicroUSB端子で行うと約3時間、別売りの5W充電器を利用すると2時間で充電可能。

内蔵ストレージが8GBの場合、マンガは約140冊、書籍は数千冊保存可能、32GBならマンガは約650冊、書籍は数千冊保存可能(それぞれ一般的な書籍の場合)。Wi-FiはIEEE802.11b/g/n準拠。対応ファイルフォーマットはKindleフォーマット8(AZW3)、Kindle(AZW)、TXT、PDF、保護されていないMOBI、PRCに対応。HTML、DOC、DOCX、JPEG、GIF、PNG、BMPは変換して対応。


Kindle OasisKindle VoyageKindle PaperwhiteKindle
20172016

7型300ppi6型300ppi6型167ppi


159×141×3.4〜8.4mm143×122×3.4〜8.5mm162×115×7.6mm169×117×9.1mm160×115×9.1mm

194g131g205g205g161g


8または32GB4GB4GB4GB4GB
Wi-
Fi
b/g/na/b/g/n/acb/g/n


Kindle Oasis (Newモデル) 8GB、Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー [エレクトロニクス]
Amazon
2017-10-31



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Amazon - Meet the All-New Kindle Oasis: Featuring a 7-inch, 300 ppi Display, Waterproof Design, and Audible
・Amazon Newsroom - Kindle電子書籍リーダーの最上位機種「Kindle Oasis」の最新版を発売。日本で5周年を迎えるKindle、製品・コンテンツ共にさらに進化

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】大人の女性に向けたケータイ「ベネトンコラボレーションモデル」

「ベネトンコラボレーションモデル」は、シンプルな形状と機能にこだわったストレートタイプの音声端末「nico.」をベースにした、ベネトン ジャパンとのコラボモデル。発売時期は2月下旬予定。価格はオープンプライスだが、ウィルコム…