ファーウェイ・ジャパンが10月10日14時から「新製品発表会」を開催!ティザー画像からデュアルカメラ搭載スマホ「honor 9」を投入か――ターゲットは“若者”に



ファーウェイが10月10日に新製品発表会を実施!honor 9を発表へ

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は5日、同社の公式Twitterアカウント( @huawei_japan_pr )にてティザー画像を投稿し、新製品発表会を2017年10月10日(火)14時より開催するとお知らせしています。

投稿ではハッシュタグ「 #若者達よ次はHUAWEIだ 」が付けれており、ティザー画像には「デザインと機能の融合」や「2000万画素+1200万画素」とあり、海外で発表されている「honor 9」ではないかと思われます。



ファーウェイ・ジャパンではこれまでにも「honor」シリーズをオンライン販売限定で楽天およびファーウェイ公式オンラインストアのみで販売し、一昨年の「honor 6 Plus」と昨年の「honor 8」はともに好評でした。

honorシリーズの今年のモデルであるhonor 9はhonor 8の製品コンセプトを継承し、やや小型になった約5.15インチフルHD(1080×1920ドット)液晶やHiSillicon製チップセット「Kirin 960」、4GBまたは6GB内蔵メモリー(RAM)、64GBまたは128GB内蔵ストレージ、3200mAhバッテリーなどとなっています。

また背面にはhonor 8に続いてデュアルレンズカメラを搭載。ただし、フラッグシップモデルの「HUAWEI P10」などでは「Leica(ライカ)」レンズですが、honorシリーズではライカブランドではないものに。新たに1200万画素+1200万画素から2000万画素+1200万画素になり、カメラ機能が強化されています。


honor 8 (サクラピンク) ダブルレンズ搭載 / 3D指紋認証【ファーウェイ公式】


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Huawei Japan - ファーウェイ・ジャパン

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】これからの一眼レフは1000万画素がスタンダード

2006年は、一眼レフのブームや低価格化が進んだことにより各メーカーから数々のデジタル一眼レフカメラが発売された。その中でも脚光を浴びたのが、今回紹介するNikon「D80」とPENTAX「K10D」ではないだろうか。「D80」は、低価格の一眼…

【デジカメ調査室】720万画素で最大18倍ズーム!コンパクト高倍率ズームデジカメ「FZ8」

「FZ8」は、軽量コンパクトサイズに、720万画素CCDと最大18倍※の望遠撮影が可能な光学12倍ズームレンズを搭載したデジタルカメで、2月9日より発売を開始する。カラーバリエーションは、シルバーとブラックの2色。価格は、オープンプ…

【デジカメ調査室】1,406万画素の極上の色再現性!撮るためのカメラ「シグマ SD14」レビュー

シグマより、1,406万画素のイメージセンサーを搭載した一眼レフデジタルカメラ「SD14」が発売された。本体の価格は、実売価格で19万5,000円前後となる。前モデルの「SD10」と比較すると、イメージセンサーの画素数が1,029万画素から1,40…

【デジカメ調査室】1,020万画素になった超お得デジ一眼!性能アップした小型・軽量のエントリーモデルD40Xレビュー

ニコンは、一眼レフデジカメのエントリーモデルに1,020万画素のCCDを搭載する「D40X」を投入した。実売価格は、本体のみが80,000円前後、ダブルズームキットが120,000円前後(写真はダブルズームキット)。小型・軽量で初心者にも使いや…

【デジカメ調査室】小型・軽量で1,020万画素のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D40X」フォトレポート

「ニコン D40x」は、有効画素数10.2メガピクセル、クラス最軽量※約495gの小型ボディーのデジタル一眼レフカメラ。上位機種「D80」と同等のCCDと高性能画像処理エンジンを搭載し、高精細と高画質を実現した。価格は、オープンプライス。…