本日発売の“話題のスマホ”!NTTドコモで「iPhone 8 Plus」のゴールドを購入したのでさっそく気になるパッケージや外観をチェック――iPhone 7 Plusともサイズを比較【レビュー】



iPhone 8 Plusをゲット!気になる外観をさっそくチェック

ついに日本やアメリカなどの29の国・地域で9月22日にアップルの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」が発売され、日本では各携帯電話会社と直営のAppleストアで発売セレモニーが行われました。

例年は長い行列もでき、かなりの盛り上がりを見せますが、今年は同時に発表された新世代モデル「iPhone X」の発売を待つ人もいるためか、例年よりは発売日に入手しやすくなっているようで、各社ともに店頭では在庫があるケースも見られていました。

新しいiPhone 8/iPhone 8 Plusは、基本は昨年発売された従来機種「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」のサイズと形状をそのまま継承し、背面を金属からガラスにすることで非接触充電にも対応しました。

またこれまでの使い勝手をそのままにセンサーを新しくより大型化してカメラの性能もアップされ、最新のプロセッサー「A11 Bionic」によって動作が高速化したこともあり、特に前の機種変更から2年以上経過しているユーザーが乗り換える価値は大きいのではないでしょうか。

筆者も今回、NTTドコモのiPhone 8 Plus(ゴールド・256GB)を予約開始日に予約し、発売日にゲットすることができました。そこで、さっそく開封して同梱品や外観をチェックしていきたいと思います。

【パッケージと同梱物をチェック】

まずは、本体の箱をチェックしていく。今回購入した本体色のゴールドの箱は、白地にゴールドのiPhone 8 Plusの背面が実寸大で印刷されていました。

また箱の側面は、長辺には「iPhone」の文字、短辺には林檎のマークが本体と同じゴールドカラーで記載されています。


本体カラーのiPhoneが実物大に表示



側面のロゴは本体と同じゴールドカラーで記載



箱の内側がほんのりゴールドカラーで凝っている印象

箱を開けると、Designed by Apple in Californiaの文字が目に飛び込んできました。このスリープケースを取り出すと、いよいよiPhoneとのご対面となります。


iPhoneと付属品が登場!

iPhoneと対面した後に、箱の下には付属品が収納されています。付属品はイヤホンやLightningケーブル、USB電源アダプターなど。


イヤフォン、Lightningケーブル、USB電源アダプターが収納

iPhone 8シリーズはiPhone 7シリーズに続いて3.5mmイヤホンマイク端子がないため、Lightning端子に接続する「EarPods with Lightning Connector」というイヤホンが付属されています。

また、手持ちの3.5mmイヤホンマイク端子のイヤホンやヘッドホンを利用するために使う「Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」も付属されているため、普段使っているお気に入りのイヤホンやヘッドホンがある人はこちらを使うと良いでしょう。


Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ

また、付属品は紙で結束されているので、一度開封すると現状に復帰させるのは難しくなっています。iPhone 6s以前はプラスチックケースを使用していて高級感があったのですが、iPhone 7シリーズからは紙となっており、ここは個人的には少しだけ残念なポイントです。


ケーブルの結束は紙を使用



同梱されている書類一式

箱を開けてはじめにあったDesigned by Apple in Californiaと書かれたスリープケースの中には、
・ようこそiPhoneへ
・製品の取り扱いについて記載した用紙
・SIMピン
・林檎のシール
といったものが収納されていました。

【iPhone 8 Plusの本体の外観をチェック!】

続いて、いよいよiPhone 8 Plusの外観をチェックしていきます。本体正面は画面の周りの縁(ベゼル)は白となっていて、指紋認証「Touch ID」を内蔵したホームボタンの縁がゴールドカラーのアクセントになっています。

画面はiPhone 6 Plusから続く約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶「Retina HDディスプレイ」を搭載し、画素密度は約401ppi。コントラスト比は標準時で1300:1で、感圧機能「3D Touch」や耐指紋性撥油コーティング、広色域ディスプレイ(P3)、True Toneなどに対応。


iPhone 8 Plusの本体正面



iPhone 8 Plusの本体右側面



iPhone 8 Plusの本体左側面

iPhone 8 Plusの右側面には、電源キーとSIMトレイが配置されています。SIMトレイは同梱されているSIMピンを刺して引き出すようになっています。また左側面には、サウンドオン/オフスイッチと音量上下キーが配置されています。


iPhone 8 Plusの本体上部



iPhone 8 Plusの本体下部

本体上部には何も配置されておらずスッキリとしていて、本体下部にはスピーカーとLightning端子が配置されています。スピーカーは本体上部からも音が出るステレオスピーカーで、iPhone 7シリーズよりも音がさらに大きく出せるようになっています。なお、防水・防塵(IP67準拠)に対応しているため、Lightning端子はキャップレス防水です。


iPhone 8 Plusの本体背面

本体背面は、デュアルレンズカメラやモバイルライトが搭載。また林檎のマークとiPhoneの文字はゴールドで記載されており、ガラスでコーティングされた部分は薄いゴールドカラーになっていて優しい印象となっています。

iPhoneと記載されている部分には昨年のiPhone 7シリーズにはFeliCaに対応したことによる「総務省認定」マークなども記載されていましたが、iOS 11では電子式表示となったため、iPhone 8シリーズ以降では本体への記載はなくなっています。

なお、iPhone 8 Plusのリアカメラ部分が出っ張っているため、気になる人は気になると思います。そういった場合にはケースを付けると解消されそうなのでお試しあれ。


iPhone 8 Plusのデュアルレンズカメラ部分


【iPhone 7 Plusと外観を比較してみた】

筆者の家にはiPhone 7 Plusもあるため、せっかくなので簡単に比較してみようと思います。iPhone 8 PlusをiPhone 7 Plusと並べてみましたが、サイズはまったく同じといって良いくらいです。数値的には若干ですが、iPhone 8 Plusのほうが大きく、重くなっています。

機種画面サイズ大きさ質量
iPhone 8 Plus5.5インチ158.4×78.1×7.5mm202g
iPhone 7 Plus5.5インチ158.2×77.9×7.3mm188g
iPhone 6s Plus5.5インチ158.2×77.9×7.3mm192g
iPhone 6 Plus5.5インチ158.1×77.8×7.1mm172g


iPhone 8 Plus(左)とiPhone 7 Plus(右)を本体正面で並べたところ



iPhone 8 Plus(左)とiPhone 7 Plus(右)を本体背面で並べたところ

一方、背面はiPhone 7 Plusが金属仕上げであるのに対し、iPhone 8 Plusはガラス素材なので、質感の違いが大きいです。本体色がゴールドとブラックなので細かな色味の違いはわかりませんが、サイズやカメラモジュールの形・位置などは同じと言って良さそうです。


iPhone 8 Plus(左)には総務省指定の文字がない



iPhone 8 Plus(上)とiPhone 7 Plus(下)の本体下部

本体下部を比較してもLightning端子やスピーカーの位置、本体の厚みまで一緒。また店頭でケースを選んでいたところ、店員の方に「iPhone 7シリーズと大きさが同じなのでケースは流用できます」と案内されました。このため、少なくとも多くのケースの基準においてサイズや形などは同じと考えて良さそうです。

前述通り、例年よりも少し在庫に余裕があるiPhone 8シリーズですが、NTTドコモの公式Webストア「
ドコモオンラインショップ」でもiPhone 8 Plusの64GB・スペースグレイは9月22日21時時点で在庫がある状態なので購入手続きをすればすぐに発送されて、比較的すぐに手にできそうですし、他のiPhone 8も含めて予約しておけば在庫が比較的頻繁に入ってきているようなので購入を検討している人はひとまず予約しておくのが良いでしょう。

iPhone X待ちの人が多そうですが、iPhone 8/iPhone 8 Plusは既存の機種から継続しているサイズだけに設計などもこなれていそうで、昔はデザインが大きく変わるモデルのときにはハードウェア的な不具合も多くあったこともあり、ホームボタンやTouch IDのあるこれまでの操作感を継続したい場合には安定していると思われるiPhone 8シリーズを買うというのも選択肢としては良いのかなと思っています。


ドコモオンラインショップでiPhoneを予約・購入



au Online ShopでiPhoneを予約・購入



ソフトバンクオンラインショップでiPhoneを予約・購入


記事執筆:ちえ


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・iPhone 8シリーズ 関連記事一覧 - S-MAX
・iPhone 8 and iPhone 8 Plus now available - Apple

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

iPhoneが開く国境なきビジネス 日本を飛び越え世界で勝負する【デジタルネイティブと企業】

アップル社が世界各国で発売したiPhone 3Gはスマートフォン市場に大きなムーブメントを巻き起こしたが、iPhone 3G登場の影響は、スマートフォンという端末市場だけではない。それ以上にiPhone 3G上で動作するアプリケーション市場が世界…

「感情」と「笑い」だ iPhoneアプリ市場で“侍”を目指す作品作りのイロハ【デジタルネイティブと企業】

アップル社が世界各国で発売したiPhone 3Gの登場で立ち上がったiPhoneアプリケーション市場は急成長を遂げ、インターネットの金鉱のごとく法人・個人を巻き込んだゴールドラッシュを生み出した。アプリケーション開発ができれば、法人・…

ミラーでお化粧もUVもニュースもチェック! 情報がみえる「mirumo」【09夏ケータイ ソフトバンクモバイル編】

ユニークなシャープ製ケータイが多い09夏のソフトバンクモバイルだが、そのなかでも注目を集めているのが「mirumo(mirumo 934SH)」だ。mirumoの大きな特徴が、本体前面に搭載された3.0インチ新開発の「メモリ液晶」だ。モノクロながら…

発売前に徹底チェック!最速スマートフォン NTT docomo 「T-01A」のブロガー内覧会が開催

19日にNTTドコモから発表された東芝製スマートフォン「T-01A」のブロガー内覧会5月22日(金)に開催される。今回の内覧会は、現在発売されているスマートフォン中でも最速とも評価されている「T-01A」を発売前にブロガーを対象に体験する…

ゴルフのスイングチェックもバッチリ エグゼクティブケータイ【09夏ケータイ ドコモ編】

ディールとスリムにこだわったエグゼクティブケータイがdocomo PRIME series N-09Aだ。レザー、木目、スチールの質感を再現したデザインを採用し、厚さ13.9mmという薄さを実現した折りたたみケータイだ。自然な音声で通話ができる「ハイ…