エレキット、「300Bシングル真空管アンプキット TU-8600」を発売


電子工作キット「エレキット」の企画・開発・製造を行うイーケイジャパンは、「300Bシングル真空管アンプキット TU-8600」を2017年9月下旬に数量限定発売する。価格は10万8,000円(税別)。

今回発売するTU-8600は音楽表現豊かな300Bアンプをめざし、増幅回路はもちろん、電源回路の構成、フィードバックのかけ方などの見直しを徹底的に行い、スピーカーシステムだけでなくヘッドホンでの使用にも充分満足できる低ノイズと音質を実現した。

また、今回はユーザーが保有している300Bを有効に活用してもらうため、真空管類は付属しない。

本製品は、電源トランスに高効率、低漏れ磁束のRコアトランスを採用するとともに、整流用のダイオードに回復時間が短いショットキーバリアダイオード、ファストリカバリーダイオードを採用し、ごくわずかなスパイク状ノイズも最小限に抑えた。

また、トランス巻き線はフィラメント・ヒーター用のA電源、 B電源それとバイアス用のC電源それぞれの巻線を独立させ、さらに各電源のクリーン化を徹底的に実施することにより残留ノイズレベルは当社TU-8300(R)の1/10以下を実現している。

300Bの特性を最大限に引き出すために出力トランスをはじめ各部回路の裸特性を向上させ、そのうえで、出力トランスの専用三次巻線による300Bへのカソード帰還や、電圧増幅段のみの帰還など、極めて安定な局所NFBを採用し、オーバーオールのNFB量を少なくすることで、過渡特性の悪化を抑えた。

300Bのバイアスは、バイアス電源を別途準備し、プレート電流を検出してグリッドの負電圧を自動調整する「新アクティブオートバイアス」方式を採用。自己バイアス方式と固定バイアス方式の「良いとこどり」はもちろんのこと、電流検出回路をカソード側でなくB電圧側に移したことにより、一層の音質向上を実現した。

電圧増幅段はオーソドックスな構成で真空管の特性の良さを活かしているとのこと。とくに2段目は12AU7(ECC82)パラレルとし、ノンクリップで200Vp-pの能力を持つドライバーを構成、 300Bをしっかりとドライブする。

直熱管と傍熱管の混在する回路ではウォーミングアップの時間が大きく異なるため、先に立ち上がる直熱管(300B)に負担がかかってしまう。TU-8600では傍熱管が確実にウォーミングアップした後に直熱管(300B)をヒートアップする仕組みだ。

ヘッドホン出力はヘッドホンの感度に合わせ、4段階の音量設定が可能だ。

音質に大きな影響を与えるコンデンサーも、導電性高分子ハイブリッド電解コンデンサーやポリプロピレンフィルムコンデンサーなどを多用している。また、色々なカップリングコンデンサーに交換したい方のために、大形のタイプも実装できるスペースを確保している。

■主な商品仕様
使用真空管 : 300B×2、 12AX7×1、 12AU7×2  ※真空管は付属しておりません
定格出力  : 9.2W+9.2W ( THD 10% )
定格入力  : 320mV 
残留ノイズ : 36μV(IHF-A)
周波数特性 : 7Hz〜40kHz(-3dB)
入力インピーダンス: 50kΩ
出力インピーダンス: 4〜6.3Ω、 8〜16Ω(背面のスイッチにより切替)
入力端子 : LINE × 1
出力端子 : スピーカ出力端子、金メッキネジ式ターミナル (バナナプラグ使用可)
電源電圧 : AC100/200V 50/60Hz (3Pインレット)
消費電力 : 90W
本体寸法 : W385×H217×D325mm (突起部を含む)
本体重量 : 約12.6kg ( 電源コード含まず)

■イーケイジャパン

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・今夏はVRアイドルユニットと海に出かけよう!VRミュージッククリップ第3段をSteamにて配信
・サードウェーブ、経験ゼロからUnreal Engine 4を徹底的に学べるEpic Games公認アカデミーを開催
・「駅メモ!」がコミカライズ!「やわらかスピリッツ」にて連載決定
・ソニー・エクスプローラサイエンスで「ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン」を開催
・Nintendo SwitchのJoy-Conを充電しながら使える! 握りやすいコントローラー「Nintendo Switch用Joy-Con充電握りやすいグリップ」を発売

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】リアルメタルフェイスを採用!次世代京ぽん「WX320K」

「WX320K」は、より高速で快適な通信環境を実現する「W-OAM」に対応したアルミ素材を採用した京セラ製の音声端末。発売時期は2月中旬予定。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。カラ…

【気になるPC】最小・最軽量モデルにCore 2 Duoプロセッサ採用 Let′s note R6レビュー

松下電器産業は、Let's noteシリーズの最小・最軽量モデルR6(CF-R6AW1BJR)を発売開始した。実売価格は210,000円前後。約940gの超軽量コンパクトボディにCore 2 Duoプロセッサを搭載。OSには、Windows Vista Businessを採用している。■…

【アキバ物欲】ネットも電源も使い放題!極上のスイーツとネットを楽しめる新スポット

アキバは、 パソコン専門店やジャンクショップがあることから、ネットで知り合った者同士のオフラインミーティングの場としても利用されることが多い多い。またビジネスマンの中には、外出や帰宅途中にアキバに立ち寄る人も多い。そんな…

【気になるトレンド用語】現代のオアシス!静寂を実現するノイズキャンセラとは

iPodなどの携帯オーディオプレーヤーの普及で、現代はいつでもどこでも音楽を楽しめるようになりました。そんな音楽生活に必要なのがヘッドフォンですが、最近はノイズキャンセラ搭載という製品が増えてきました。このノイズキャンセラ…

【大人の物欲】ぬくもりのある音を!自分で作る「真空管アンプ」

高級オーディオアンプやギターアンプには、昔ながらの真空管を使用している製品がある。真空管は、古い電子パーツの一つでもあるが、トランジスターやICで作られたデジタル世代のオーディオアンプとはひと味もふた味も違う艶やかな音色…