日本通信、SoftBankのSIMロックがかかったiPhoneで使える音声通話対応サービス「b-mobile S スマホ電話SIM」を8月9日に提供開始!1回5分までの通話無料含み、月1GBの月額2646円から



音声通話対応サービス「b-mobile S スマホ電話SIM」が8月9日にスタート!

日本通信は9日、SIMロックを解除することなくSoftBankのiPhoneシリーズで使える音声通話サービス付き格安SIM「b-mobile S スマホ電話SIM」を2017年8月16日(水)午前10時より提供開始すると発表しています。

同社ではこれまでソフトバンク回線を借り入れた仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「b-mobile S」としてデータ通信のみに対応した「b-mobile S 開幕SIM」やプリペイドサービス「b-mobile S プリペイド」を提供してきましたが、ようやく音声通話に対応したサービスが提供されます。

利用料金は月当たり1GBまでの高速データ通信なら月額2,450円(すべて税別)で、通話料金は5分以内なら無料、5分超過後は10円/30秒となっており、月間高速データ量は1GB当たり月額350円で自動的に2GB・3GB・4GB・5GBと追加され、5GBの場合には月額3,850円となります。

この他、新たに「スマホ電話SIM【ソフトバンクiPhone専用】コールセンター」を開設し、初めて格安SIMを利用する場合にも安心できるようにSoftBankのiPhone専用のアドバイザーが対応するとのこと。なお、最低利用期間はなく、番号そのままでの他社から乗り換え(MNP)は2017年8月22日(火)午前10時より受付開始とのこと。


b-mobile S スマホ電話SIMは、ソフトバンク回線のMVNOによるb-mobile Sの音声通話対応サービスです。データ通信のみのb-mobile S 開幕SIMが1GBプランで月額880円、3GBプランで月額1,580円であることを考えると、1回5分以内の国内通話無料による音声通話やSMS対応といった違いで月1,570円の差があります。

また料金プランは高速データ通信量によって段階的に月額料金が変わるプラン1つのみで、最低が月1GBまでの月額2,450円。そこから1GB当たり月350円が加算され、2GBまでなら2,800円、3GBまでなら3,150円、4GBまでなら3,500円、5GBまでなら3,850円となります。

5GBを超えた場合には上下ともに最大200Kbpsに速度制限され、追加チャージは現時点ではできないとのこと。また5分を超過した場合の通話料は10円/30秒で、SMSは受信は無料、国内への送信は3〜30円/通(ソフトバンク宛以外は3円/月、ソフトバンク宛は文字数によって変化)、海外への送信は100〜1,000円(文字数によって変化)。

オプションは割込通話(月200円)やグループ通話(月200円)、ナンバーブロック(月100円)、留守番電話(月300円)が用意されており、それぞれ申込が必要。その他、利用開始時にパッケージ(型番:BS-IPN-OSV-P)料金として3,000円(公式Webストア「bマーケット」の価格)や月ごとにユニバーサル料がかかります。


対応機種はSoftBankおよびSIMフリー(SIMロック解除後含む)のiPhone 5以降で、nanoSIMカード(4FF)のみが提供され、iPhone 4s以前またはiPadでは利用できないとされています。利用可能エリアはSoftBankのSoftBank 4G LTE(FDD-LTE方式)および3G(W-CDMA方式)で、b-mobile S 開幕SIMと同様にSoftBank 4G(AXGP方式)では利用できないとのこと。

なお、音声通話の1回5分まで通話無料は回数無制限ですが、利用するにはアプリ配信マーケット「App Store」から「b-mobile電話」をインストールする必要があるということです。発信時にプレフィックス番号「00324146」が付加されている必要がるとのことで、プレフィックスタイプとなっています。

同社では現在でも使っているiPhoneがSIMロックを外せない推定900万人いるとし、これらの製品では新たにiPhoneを買い直さなければならず、これまでNTTドコモのiPhoneを購入した場合では当たり前だったことがソフトバンクではできていなかったものの、b-mobile Sによってそれが当たり前になったということです。

またb-mobile S スマホ電話SIMにSoftBankのiPhoneユーザーが乗り換えれば、月1GBなら4,900円(月5GBなら7,000円)かかっているところが、月2,450円(月3,850円)と半額近くになると紹介。SoftBankのiPhone 5以降はすべてのモデルに対応しており、専用コールセンサーによるサポートを開設することで安心して乗り換えられるとしています。

コールセンサーはすでに8月9日より開設されており、受付時間は11時〜20時、電話番号は 03-6435-9800 となっています。その他の詳細については順次公式Webページ( http://www.bmobile.ne.jp/sb/ )にて追って追加していくとしています。

ソフトバンクのiPhone版 「b-mobile S スマホ電話SIM」 申込パッケージ BS-IPN-OSV-P [エレクトロニクス]
日本通信
2017-08-16



記事執筆:memn0ck


アプリ名:b-mobile電話
価格:無料
カテゴリ:ユーティリティ
開発者:Japan Communications Inc.
バージョン:1.2.0
条件:iOS 8.0 以降。 iPhone 対応。
iTunes Store:http://itunes.apple.com/jp/app/id1160120610?mt=8





■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・b-mobile S 関連記事一覧 - S-MAX
・日本通信、ソフトバンクのiPhone版スマホ電話SIMを新発売 SIMロックが掛かった状態で当たり前に使える格安SIM | 日本通信株式会社

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

携帯は無料通話になるのか? ノキアのケータイ対応するSkype【気になるトレンド用語】

世界的な携帯電話メーカーであるノキアが同社の携帯電話で無料通話のSkypeに対応すると発表しました。Skypeは、P2P技術を使い無線LANなどを介してSkype同士での無料通話ができるアプリケーションとサービスです。ノキアは、2009年第3四…

真のモバイル・ブロードバンド時代へ!「UQ WiMAXサービス開通式」レポート【ケータイラボ】

UQコミュニケーションズ株式会社は、高速モバイルデータ通信が利用できる世界基準のフューチャー・ブロードバンド通信サービス「UQ WiMAXサービス」を開始するのに先立ち、2009年2月26日、都内 帝国ホテル本館4階「桜の間」において「UQ…

有名ブランド製品の半値も? お値打ち地デジ対応液晶テレビを探せ【ネット物欲魂】

一時は高額家電の代名詞だった液晶テレビだが、地上デジタル放送への移行が近づくにつれ、価格破壊が起こっている。地上デジタル放送のハイビジョン映像を楽しむためには、ハイビジョン対応テレビが必要だ。自宅のテレビが未対応の場合…

iPhoneが開く国境なきビジネス 日本を飛び越え世界で勝負する【デジタルネイティブと企業】

アップル社が世界各国で発売したiPhone 3Gはスマートフォン市場に大きなムーブメントを巻き起こしたが、iPhone 3G登場の影響は、スマートフォンという端末市場だけではない。それ以上にiPhone 3G上で動作するアプリケーション市場が世界…

「感情」と「笑い」だ iPhoneアプリ市場で“侍”を目指す作品作りのイロハ【デジタルネイティブと企業】

アップル社が世界各国で発売したiPhone 3Gの登場で立ち上がったiPhoneアプリケーション市場は急成長を遂げ、インターネットの金鉱のごとく法人・個人を巻き込んだゴールドラッシュを生み出した。アプリケーション開発ができれば、法人・…