Google、SMS・MMSクライアントアプリ「Android メッセージ」をアップデートして通知エリアで既読にできるように!地味ながらバッジが気になる人はありがたい!?



Androidメッセージアプリがアップデート!通知欄からSMSを既読できるように

Googleは2日(現地時間)、Android向けのSMS&MMSクライアントアプリ「Androidメッセージ」をVersion 2.3.270にアップデートし、次期プラットフォーム「Android O(Android 8.0)」をサポートするなどしています。また新たに通知エリアから届いたSMSやMMSといったメッセージを既読できるようになっています。

これはいわゆるコミュニケーションサービス「LINE(ライン)」などのような相手に既読を通知する機能ではありませんが、自分自身で通知エリアにて既読とすることで、バッジの未読件数を消費できるのは地味にありがたいという人もいるのではないでしょうか。


AndroidメッセージはSMS(ショートメッセージ)やMMSのクライアントアプリのため、あくまでSMSやMMSに沿った仕様であってLINEのような相手が既読かどうかがわかる既読機能はありません。

しかしながら、自分ではメッセージを受信して未読状態のままで置いておくと、ランチャーのバッジなどに未読件数が表示されます。これは実際にメッセージを表示して既読にすれば消えるのですが、内容が少ない場合などでわざわざAndroidメッセージアプリを開くのも面倒です。

開かなければバッジの未読件数は減りません。そんな時に今回導入された新機能なら通知エリアから既読にできるようになり、わざわざAndroidメッセージアプリを開かずとも未読件数を減らすことが可能となります。

さっそく既読機能について確認してみましたが、上記画像のようにSMSを受信すると、確かにLINEのメッセージを受信した時のように通知エリアに「既読にする」というボタンが表示されていることが確認できます。これをタップしてあげれば、該当メッセージを既読化することができました。

最近ではメッセージをあまり日常で使うという人は少なくなっているかもしれませんが、SMSは認証などで受け取ることも多く、そういったときには特に内容が短い場合も多いため、地味な機能ではありますが、嬉しい機能となっています。

記事執筆:YUKITO KATO


アプリ名:Android メッセージ
価格:無料
カテゴリ: 通信

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

日本初のAndroid搭載ケータイ「HT-03A」が7月10日に発売決定

NTTドコモは2009年7月1日、OSにグーグルのAndroidを搭載した携帯電話「docomo PRO series HT-03A(以下、HT-03A)」を、2009年7月10日より発売すると発表した。HT-03Aは、日本初のAndroid搭載ケータイ。Gmailを自動で受信したり、Google…

大手2社が新端末! Androidケータイが今年のトレンドとなる理由【世界のモバイル】

日本でもドコモからAndroid搭載端末のHT-03Aが発売開始されたことから「Android」の名前をニュースなどでよく見かけるようになってきた。Android携帯、すなわちAndroid OSを採用したスマートフォンは2008年に登場したHTCの「T-Mobile G1…

iPhone追撃は急ピッチ?Androidは発展中【09夏のスマートフォン】

2009年夏モデルでもっとも話題となったのが、国内初のAndroid搭載端末docomo PRO series HT-03Aだろう。Androidは、Googleなどが提供するオープンなモバイルプラットフォームだ。一番の特徴は、世界中のどんな企業でも端末制作ができる…

Androidの皮を被った中国製「Ophone」は、本家Google携帯を凌ぐか【世界のモバイル】

AndroidベースのOphone世界最大の携帯電話加入者数を誇る中国移動は、OMS(Open Mobile System)を採用したフルタッチスマートフォン「Ophone」を発表した。OMSのベースOSはGoogle Android。新しいオープンなソフトウェアプラットフォーム…

Androidアプリの開発者に聞く!livedoorニュースビューア誕生の経緯とアプリを作るコツ

日本国内では、スマートフォンというとiPhoneを思い浮かべる人が多いかもしれないが、世界的にはOSにAndroidを採用した、いわゆるAndroid携帯も大きな注目を集めている。そんなAndroid携帯向けにlivedoorニュースのビューアを開発した株…