人工知能サービス「Google Assistant」が日本語にまもなく対応し、家電コントローラー「Google Home」が今夏日本発売へ!iPhoneなど向けiOS向けアプリもリリース



GoogleはAIを活用したサービスを拡大!Googleアシスタントが日本語に対応

Googleは17日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2017年5月17日(水)から5月19日(金)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2017」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、人工知能(AI)による機械学習を利用したサポートサービス「Google Assistant」が日本語を含む4言語にまもなく対応すると発表しています。

対応言語は日本語のほか、フランス語およびドイツ語、ポルトガル語(ブラジル)。また2017年末までにはさらにイタリア語およびスペイン語、韓国語の3言語にも対応予定だとのこと。

さらにGoogle Assistantが日本語に対応することに伴って、Google Assistantを利用した家電コントローラー「Google Home」が今夏に日本で販売開始されることも合わせて発表されました。価格は現時点では未定。またGoogle Homeがハンズフリー通話に対応したり、新たに「Spotify」などにも対応するとのこと。

その他、Google AssistantのiOS向けアプリもアメリカでリリースされ、iPhoneなどでGoogle Assistantによるサポートサービスが利用できるようになるほか、Google Assistant APIが提供されてソニーやパナソニック、LG、ONKYO、B&O、Ankerなどのスマートテレビやスマートスピーカーなどでも利用できるようになるということです。


Google Homeが日本でも今夏発売に



Google Homeは日本のほか、新たにオーストラリア、フランス、ドイツ、フランスでも販売開始予定

Google Assistantは昨年のGoogle I/O 2016で発表されたGoogle独自のAIによる機械学習を利用したサポートサービスです。すでにGoogle Assistantを利用したメッセンジャーアプリ「Allo」ではテキストベースでは日本語に対応していましたが、今回、改めて音声認識と音声サポートも含めた完全対応となると見られます。

Google Assistantを利用した家電コントローラー兼ホームスピーカーであるGoogle Homeも昨年のGoogle I/O 2016で発表され、アメリカなどでは2016年11月に発売された製品です。アメリカでの価格は129ドル(約14,000円)。

Google Homeは設置・設定も簡単となっており、電源ケーブルを刺して電源アダプターをコンセントにつなぎ、スマートフォン(スマホ)などでGoogle Homeアプリをダウンロードして説明通りに操作するだけ。

サイズは約96.4×142.8mm、質量は本体が約477g、電源アダプターが約130g。カラーバリエーションは本体がホワイト、ベースがスレートやファブリックなど多数。無線LAN(Wi-Fi)は2.4および5.xGHzによるIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠。

スピーカーは2インチドライバーおよび2インチデュアルパッシブラジエーター搭載のハイエクスカーション対応。オーディオ形式は、HE-AAC、LC-AAC+、MP3、Vorbis、WAV(LPCM)、FLACで、ハイレゾ音源のストリーミングにも対応。対応OSはAndroid 4.1(開発コード名:JellyBean)以降およびiOS 8.0以降。

その他、Nest ThermostatやPhilips Hue、Samsung SmartThings、iFTTTなどのスマート ホームテクノロジーとシームレスに連携し、「オーケー、グーグル、台所のライトを暗くして」と言うだけで操作でき、大切な作業を中断する必要がないとしています。


Google Homeでは新たにSpotifyなども利用可能に

なお、同じくGoogle Assistantに対応した製品としてGoogleスマホ「Pixel」および「Pixel XL」がありますが、現時点ではこれらの日本での販売については明らかにされていません。

Google Homeと違って発売から時間が経つとスペックなどで見劣りなどするため、発売が見送られる可能性は高そうですが、是非、Pixelシリーズの次期機種あたりは日本で発売して欲しいところですね!


Google AssistantはiPhoneでも。iPhoneではSiriとMicrosoftの「Cortana」の三つ巴に



Google Assistant APIも提供


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Google I/O 関連記事一覧 - S-MAX
・Your Google Assistant is getting better across devices, from Google Home to your phone
・Google I/O'17: Google Keynote - YouTube
・Google I/O 2017

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

日本全国が無線LANスポットに!「どこでもWi-Fi」【ケータイラボ】

最近は、無線LAN機能を搭載するデジタルグッズが増えてきた。ニンテンドーDSiやプレイステーションポータブル(PSP)は無線LANで対戦型ゲームを遊べるし、iPod touchは無線LANを利用してネットサーフィンも楽しめる。無線LANは携帯型デ…

携帯は無料通話になるのか? ノキアのケータイ対応するSkype【気になるトレンド用語】

世界的な携帯電話メーカーであるノキアが同社の携帯電話で無料通話のSkypeに対応すると発表しました。Skypeは、P2P技術を使い無線LANなどを介してSkype同士での無料通話ができるアプリケーションとサービスです。ノキアは、2009年第3四…

報道番組の裏側を伝える!日本テレビ「ZERO 写真展」を開催へ

株式会社リコーは、フォトギャラリー「RING CUBE」において写真家 大村克巳氏による「ZERO 写真展」を2009年4月1日より開催する。「ZERO 写真展」は、大村克巳氏が日本テレビで放送中のニュース番組「NEWS ZERO」に密着し、番組を支える出演者…

真のモバイル・ブロードバンド時代へ!「UQ WiMAXサービス開通式」レポート【ケータイラボ】

UQコミュニケーションズ株式会社は、高速モバイルデータ通信が利用できる世界基準のフューチャー・ブロードバンド通信サービス「UQ WiMAXサービス」を開始するのに先立ち、2009年2月26日、都内 帝国ホテル本館4階「桜の間」において「UQ…

有名ブランド製品の半値も? お値打ち地デジ対応液晶テレビを探せ【ネット物欲魂】

一時は高額家電の代名詞だった液晶テレビだが、地上デジタル放送への移行が近づくにつれ、価格破壊が起こっている。地上デジタル放送のハイビジョン映像を楽しむためには、ハイビジョン対応テレビが必要だ。自宅のテレビが未対応の場合…