電子コミックスは書店フェアの夢を見るか。電子書籍の購買動向や従来の書店販売との連携を探る「LINEマンガ主催 プレスセミナー」を写真とともに解説【レポート】



LINEマンガ主催のプレスセミナーから出版業界の“今”を読み解く!

LINE Corp.は11日、都内にてLINEマンガ主催のプレスセミナーを開催しました。セミナーには同社執行役員の森啓氏のほか、多数の出版業界関係者が登壇し、各テーマに沿ってそれぞれの立場から現在の出版業界の状況や今後の課題についてトークセッションが行われました。

これまで印刷物を中心としてきた出版業界にとってデジタルモバイルデバイスであるスマートフォン(スマホ)は「脅威の対象」であり、敵対する存在であるという認識が一般的でした。しかしその状況もここ数年で大きく変化し、大手の出版社や書店はデジタルデバイスとそれを使いこなす「デジタルネイティブ」の世代を上手く紙の出版物へと誘導し始めています。

出版業界がどう変化しスマホ全盛時代を生きる若いマンガ世代にアプローチしているのか、また今後どのようにアプローチしようとしているのか、今回行われたプレスセミナーの内容とともに解説したいと思います。


LINE Corp. 執行役員 森啓氏


■出版物は減っていない?電子コミックスの読者が急増している「LINEマンガ」

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

スポーツ観戦から電子決済まで楽々こなす!新ブラビアを体験してみよう

ソニーは、4倍速動画表示「モーションフロー240Hz」を搭載した液晶テレビ「BRAVIA」W5・F5シリーズの発売に先駆け、都内 銀座のソニーショールームにおいて体験イベントを開催した。2008年11月10日、世界で初めて4倍速動画表示機能「モ…

デジタルサイネージは電子広告だけじゃない!次世代の環境型メディアだ【デジタルネイティブと企業】

「デジタルサイネージ」ってご存じだろうか?東京オリンピックの招致活動でも競技情報や観光案内を電子ディスプレイで表示するプレゼンテーションで話題を呼んだ最新の環境型の情報だ。まだ一般には、周知されていないが、既に広告業界…

ロボットの学習に最適!電子ブロックのような組み立てキット【ロボマニア】

自動車や家電製品、パソコンなどの組み立てには、ロボットはもはや欠かせない存在となっている。専門学校や大学などでロボットを学べる学科が急速に増えているのも、そういった背景があるからだろう。そんなロボットの技術を学ぶために…

シート型電子黒板で「驚き」プレゼンを【中村祐介の電脳思考】

■デジタルツールを味方につけて、ビジネスで勝ち組になる!プレゼン時、ホワイトボードにPowerPointを映し出して、ペンで書き込んだり、操作をしたりする----プラスビジョンのシート型電子黒板「UPIC」なら、それができてしまう。シート…

アマゾンの電子書籍端末「Kindle」が国内でも入手可能に

アマゾンは、同社の電子書籍端末「Kindle(キンドル)」がアメリカ以外の国でも購入可能になったことを明らかにした。価格は、279米ドル(約2万4,800円)。「Kindle」は、世界100カ国以上で利用されている電子書籍端末。本体に携帯電話…