SAS、Cisco UCSサーバーとSAS Analyticsを連携した企業向けIoTソリューションを提供開始!IoTにおいてもビッグデータは非常に強力な武器に



SAS、Cisco UCSサーバーとSAS Analyticsを連携した、IoTソリューションを提供!

SASは3日(現地時間)、Ciscoと連携して同社が提供する統計解析ソフト「SAS Institute」のうちのSAS AnalyticsとCisco UCSサーバーを連携させた統合IoTソリューション「Cisco SAS Edge-to-Enterprise IoT Analytics Platform」を提供すると発表しています。

Cisco SAS Edge-to-Enterprise IoT Analytics Platformは、IoT(Intenet of Things)が提供するデータを解析するための企業向けプラットフォームで、IoTにおいてもビッグデータを活用できるようになります。


IoTにおいて重要な点は、IoTデバイス自体ではなく、IoTが提供するデータにあります。CiscoのIoTゲートウェイと、同社のSAS Event Stream Processingを組み合わせることで、デバイスやセンサーの間に流れている莫大なデータを瞬時に分析することができます。

得られた分析結果を用いて、ビジネスを飛躍させることができるようになります。最近になりビッグデータに注目が集まっていますが、IoTにおいてもビッグデータは非常に大きな意味を成します。

今まではネットワークに接続されることがなかったが、ネットワークに繋がることによってさらに膨大なデータがネットワークを流れることが容易に想像できます。

日本でも先日、さくらインターネットがIoT向けプラットフォーム「sakura.io」を正式発表しましたが、ようやくIoTでも得られたデータを活用する次のステップに来ているようです。Cisco SAS Edge-to-Enterprise IoT Analytics Platformを利用することで、さらに便利な世の中になることを期待したいですね。

記事執筆:YUKITO KATO


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・New Cisco SAS Edge-to-Enterprise IoT Analytics Platform harnesses streaming data to help customers gain insight, take action | SAS UK

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

ネットブックとモバイラーの救世主!次世代の高速データ通信「WILLCOM CORE XGP」【最新ハイテク講座】

低価格なインターネット端末としてネットブックが急速に普及しているが、インターネット利用がメインであるネットブックの一番の悩みは屋外での通信環境だ。ネットブックには、無線LAN機能を備えたマシンも多いが、屋外で利用可能な無線…

au初のスマートフォンを使いまくろう! auが無償で「E30HT」を提供

待望のau初のスマートフォン「E30HT」が発売された。E30HTは、au初のスマートフォンというだけでなく本体を無線LANのルーター化できるアプリケーションを搭載するなど充実した機能が注目されており、業務などでも使ってみたいというユー…

面倒な接待が簡単になった!家庭でもスイスイPC同士のデータ共有【いまから知っ得 Windows 7】

今ではパソコンもずいぶんと安くなったものだ。ネットブックの登場が低価格パソコンの増加に拍車を掛けているわけだが、パソコンの価格が安くなれば、パソコンも一家に一台からひとり1台、一人2台などと増えた人も多いだろう。家庭や職…

モバイルブロードバンド時代へ!次世代データ通信「UQ WiMAX」の実力を試す【ケータイラボ】

外出先で高速なインターネットといえば、無線LANを思い浮かべる人が多いだろう。無線LANはHSDPAや3G通信に比べて高速だが接続ポイントがスポット的に点在するため、移動しながらインターネットを利用すると接続エリアからはずれたり、使…

どうする?重複したデータをひと目で確認するには……【知っ得!Excel 虎の巻】

Excelで商品管理を行っている人の中には、同じ商品を二重登録してしまったという経験をお持ちの方はいないだろうか。手動でチェックできるデータ数であればよいが、膨大なデータ数となると、手動で見つけ出すことは絶望的に難しい。重複…