今度はフィヨルド1000m登頂チャレンジ! パナソニックが今年も限界に挑戦!




パナソニックが4月26日に発売する乾電池「EVOLTA NEO(エボルタ ネオ)」。材料や工法、構造が従来の製品よりも進化している「エボルタ NEO」の長持ち・パワー実証実験として、この乾電池を動力としたロボットでフィヨルド1000mの登頂にチャレンジすることがわかりました。

過去には乾電池「エボルタ」を使って埼玉県立川越工業高校と乾電池を動力とした車両で世界最長距離の鉄道走行に挑戦したり、東海大学と行った「世界最長距離 有人飛行チャレンジ」など毎年様々なテーマに挑戦しているパナソニック。

003

今回はノルウェーのフィヨルドの断崖絶壁にロープを貼り、2本の単3形乾電池を搭載したロボット「エボルタ NEOくん」が1000mの頂上まで登りきることに挑戦するということです。7月に実施されるこの挑戦を前に設計・開発を担当したロボットクリエーターの高橋智隆さんも発表会に登場し意気込みを語ってくれました。

「よくこんな、厳しいチャレンジを思いついたな」と笑いながらも高橋さんは「本当に登れるか不安もあるが、乾電池の性能は進化してるので」と高橋さんはエボルタ NEOへの期待を話します。

002

実は9年前にも高橋さんとパナソニックはグランドキャニオンの断崖絶壁に挑戦しています。当時は長もち実証ロボット「エボルタくん」が地上高約530mのロープを、6時間46分31秒というタイムで登りきり成功していますが、今回は1000mとさらに過酷になっています。

前回と比べてチャレンジする距離が格段に伸びてるため高橋さんは現在も「エボルタ NEOくん」の耐久性、軽量、省エネなどの開発、改良を行っているということです。

002

チャレンジは7月上旬に行われますが、その様子はエボルタ NEO公式ホームページやTwitter、ニコニコ生放送にて生中継も行われます。13時間以上のチャレンジになるというこのチャレンジを、ぜひ応援したいですね。

エボルタ NEO公式ホームページ

■関連記事
乾電池「エボルタ」でギネス世界記録を目指す! 川越工業高校とパナソニックの挑戦
パナソニック「エボルタ」で東海大学が有人飛行でギネスにチャレンジ!

西岡舞子(Maiko Nishioka)431370_175839735864754_142095489_n

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

ロボットアイドルも駆けつけた! アキバに「ロボットセンター」がオープン

2009年4月29日、秋葉原に「Vstone Robot Center(ヴイストン ロボットセンター)」がオープンした。ヴイストン株式会社は、同センターオープンに先立ち、2009年4月28日、報道関係者向けに内覧会を開催した。「ヴイストン ロボットセンタ…

ロボットの聖地「ロボット王国」が「テクノロジア」としてアキバに復活

2009年5月8日、秋葉原にまた一つロボットの聖地が誕生した。「Robot Shop テクノロジア」だ。オープンに先立ち、5月7日に開催された内覧会のレポートをお届けしよう。「Robot Shop テクノロジア」(テクノロジア株式会社)は、長年ロボ…

アキバにロボットバーも? 「銀河鉄道999」の世界と新聖地「Robot Shop テクノロジア」

2009年5月8日、突如、秋葉原にオープンしたロボット専門ショップ「Robot Shop テクノロジア」。ロボットファンに愛されてきた聖地 九十九電機「ロボット王国」の再来と言われているのだ。ロボット愛好者やハイテク好きな秋葉原フリーク…

ガンダムも作れる? 全身が新設計の近藤科学 二足歩行ロボット「KHR-3HV」が初披露

「ターミネーター4」や「トランスフォーマー」など、最近ロボットが話題になっている。一昔前まではマンガやSFの世界だけの存在だったロボットだが、技術の進歩によってすっかり身近なものになってきた。高校や大学では、機械工学や電子…

ダミーパーツは荒井店長のアイデア!二足歩行ロボット「KHR-3HV」【ロボマニア】

二足歩行ロボットは、世界の中でも日本がもっとも進んでいるといわれている。そもそも日本は、コミックやアニメなどでよくロボットが登場するほど、ロボット好きな人が多いのかもしれない。2009年5月、秋葉原に突如として出現したロボッ…