今度はフィヨルド1000m登頂チャレンジ! パナソニックが今年も限界に挑戦!




パナソニックが4月26日に発売する乾電池「EVOLTA NEO(エボルタ ネオ)」。材料や工法、構造が従来の製品よりも進化している「エボルタ NEO」の長持ち・パワー実証実験として、この乾電池を動力としたロボットでフィヨルド1000mの登頂にチャレンジすることがわかりました。

過去には乾電池「エボルタ」を使って埼玉県立川越工業高校と乾電池を動力とした車両で世界最長距離の鉄道走行に挑戦したり、東海大学と行った「世界最長距離 有人飛行チャレンジ」など毎年様々なテーマに挑戦しているパナソニック。

003

今回はノルウェーのフィヨルドの断崖絶壁にロープを貼り、2本の単3形乾電池を搭載したロボット「エボルタ NEOくん」が1000mの頂上まで登りきることに挑戦するということです。7月に実施されるこの挑戦を前に設計・開発を担当したロボットクリエーターの高橋智隆さんも発表会に登場し意気込みを語ってくれました。

「よくこんな、厳しいチャレンジを思いついたな」と笑いながらも高橋さんは「本当に登れるか不安もあるが、乾電池の性能は進化してるので」と高橋さんはエボルタ NEOへの期待を話します。

002

実は9年前にも高橋さんとパナソニックはグランドキャニオンの断崖絶壁に挑戦しています。当時は長もち実証ロボット「エボルタくん」が地上高約530mのロープを、6時間46分31秒というタイムで登りきり成功していますが、今回は1000mとさらに過酷になっています。

前回と比べてチャレンジする距離が格段に伸びてるため高橋さんは現在も「エボルタ NEOくん」の耐久性、軽量、省エネなどの開発、改良を行っているということです。

002

チャレンジは7月上旬に行われますが、その様子はエボルタ NEO公式ホームページやTwitter、ニコニコ生放送にて生中継も行われます。13時間以上のチャレンジになるというこのチャレンジを、ぜひ応援したいですね。

エボルタ NEO公式ホームページ

■関連記事
乾電池「エボルタ」でギネス世界記録を目指す! 川越工業高校とパナソニックの挑戦
パナソニック「エボルタ」で東海大学が有人飛行でギネスにチャレンジ!

西岡舞子(Maiko Nishioka)431370_175839735864754_142095489_n

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】乾電池対応!光学6倍ズームのコンパクトデジカメ「LZ7」

「LZ7」は、720万画素CCDを搭載した乾電池対応のコンパクトデジタルカメラで、2月9日より発売を開始する。カラーバリエーションは、シルバーのみ。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、3万3,000円前後の見込み。外出先でも手…

【デジカメ調査室】光学3倍ズーム搭載で乾電池駆動のコンパクトデジカメ「LS75」

「LS75」は、720万画素CCDと「トリプルブレ補正」を搭載し、乾電池駆動のコンパクトデジタルカメラ。2月9日より発売を開始し、カラーバリエーションはシルバーのみ。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、2万5,000円前後の見込…

【ケータイラボ】auから久しぶりのパナソニック端末「W51P」登場

以前は筆者もauのパナソニック端末を使っていたことがある。しかし、いつのまにかauのラインナップからパナソニック端末が消えていた。5年ぶりで、auにパナソニック端末が復活したのだ。筆者の住む大阪はパナソニックファンが多いだけ…

【ケータイラボ】二つのアンテナで感度アップ!どこでもワンセグ放送を楽しめるパナソニック「P903iTV」

パナソニックのケータイでワンセグ放送対応の「P903iTV」が発売になった。去年の3月にドコモの"ワンセグケータイ"の第一弾として登場したのが「P901iTV」。約1年を経てのパナソニック端末第2弾の登場である。■本格派ワンセグケータイ…

【モバイル通信の実力チェック】PHS高度化通信の限界に挑戦!W-OAM typeG対応通信カード″AX530IN″を徹底チェック

モバイル通信の実力チェックでは、最大3.6Mbps※1のHSDPA通信サービスを利用できる端末として、イー・アクセスの"EM・ONE"と、NTTドコモの"FOMA M2501 HIGH-SPEED"を紹介した。EM・ONEは1.6Mbps超え、"FOMA M2501 HIGH-SPEED"にいたっては…