NTTドコモ、ハイスペックスマホ「Galaxy S7 edge SC-02H」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始



NTTドコモのGalaxy S7 edge SC-02HがAndroid 7.0 Nougatに!

NTTドコモは16日、昨年5月に発売した「2016夏モデル」のうちのハイスペックスマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge SC-02H」(サムスン電子製)に対して最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年3月16日(木)10時より提供開始するとお知らせしています。

ソフトウェア更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはXi、FOMA回線によるOTAと、パソコンにUSBケーブルで接続して実施する方法の2通りが用意されており、更新にかかる時間は本体のみの場合で約38分、パソコンを使う場合で約50分。

ただし、回線環境やバックアップするデータ量によって更新時間は異なる場合があるとのこと。なお、同社ではFOMA/Xiでのパケット通信を利用の場合にはダウンロードに通信料金が発生するほか、帯域を圧迫するなどの理由も含めてWi-Fiでのダウンロードを推奨しています。

なお、Galaxy S7 edge SC-02Hは現時点でもスペック的には最上位に近く、昨年12月には新色ブルーコーラルも発売され、価格(税込)も新規契約および他社から乗り換え(MNP)なら一括15,552円(分割648円/月×24回)機種変更でも一括31,104円(分割1,296円/月×24回)と購入しやすくなっています。

NTTドコモではすでにAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップ提供予定機種一覧を案内し、昨年12月の「AQUOS ZETA SH-04H」(シャープ製)や今年1月の「Xperia XZ SO-01J」および「Xperia X Performance SO-04H」、今月7日には「Xperia X Compact SO-02H」に続いてGalaxy S7 edge SC-02HにもAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップが提供開始されました。

Galaxyシリーズとしては日本では昨日3月15日よりau向け「Galaxy S7 edge SCV33」がAndroid 7.0 NougatへOSバージョンアップが提供開始されています。今回配信されたGalaxy S7 edge SC-02HへのOSバージョンアップで変更される主な点は以下の通り。

◯主なアップデート内容
1)マルチウィンドウの追加
2)アプリ利用中の手軽なメッセージへの返信
3)省電力機能の強化
4)HDR動画再生対応
5)Always on Displayの機能拡張
6)改善される事象
・セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2017年3月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。

更新はスマホ本体のみで実施する場合には「設定」→「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」を選択し、画面の案内に従って操作を行うことで行います。詳細は「Androidバージョンアップ操作手順について | お客様サポート | NTTドコモ」にてご確認ください。パソコン接続による方法は事前に専用のソフトウェア更新を行うためのソフトウェア「Galaxy Smart Switch | by Galaxy」をパソコンにインストールしておき、USBケーブルでスマホ本体をパソコンに接続して行います。

対象のソフトウェアバージョン(ビルド番号)は「MMB29M.SC02HOMU1APD6」および「MMB29M.SC02HOMU1APH4」、「MMB29M.SC02HOMU1APL2」で、更新をすると「NRD90M.SC02HOMU1BQC4」になります。ビルド番号の確認方法は「設定」→「端末情報」→「ビルド番号」から。

なお、同社では日頃使っているアプリをより快適に使うために、アプリのアップデートも合わせて実施するように案内しています。アプリアップデートは「Playストア」および「設定」から。詳細は「Androidのアプリアップデートについて | お客様サポート | NTTドコモ」をご参照ください。その他、ソフトウェア更新に際する注意点は以下の通りです。

・アップデート手順をよく読み、お客さまの責任において実施してください。
・アップデートすると、以前のソフトウェアバージョンへ戻すことはできません。
・アップデートの際は、必要に応じて、事前にデータをバックアップしてください。
・FOMA/Xiでのパケット通信をご利用の場合、ダウンロードに通信料金が発生します。Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨します。
・携帯電話(本体)をフル充電してから実施してください。電池残量が不足している場合はアップデートできません。
・端末本体(Xi/FOMA)でのアップデートにはドコモ契約のあるドコモnanoUIMカードおよびspモードの契約が必要です。
・国際ローミング中に端末本体(Xi/FOMA)でのアップデート、もしくは、圏外中に端末本体(Wi-Fi、Xi/FOMA)でのアップデートを実行すると「Wi-FiまたはFOMA/Xiの電波が受信できない場所ではインストール処理を開始できません」と表示されます。
・アップデートの際、本端末固有の情報(機種や製造番号など)が、自動的に当社のサーバーに送信されます。当社は送信された情報を、Androidバージョンアップ以外の目的には利用いたしません。
・アップデート中は、電話の発着信を含め全ての機能をご利用いただけません。
・アップデート中は、絶対に電源をOFFにしないでください。
・アップデートに失敗し、一切の操作ができなくなった場合は、お手数ですがドコモショップなどの故障受付窓口までご相談ください。
・バージョンアップ実施時に、一部の設定が引き継がれません。バージョンアップ完了後、再度設定を行ってください。
・OSバージョンアップ実施後、FreeFormモードにてドコモ音声入力アプリが正しく表示されないことがございます。正常動作をさせるためには、アプリのアップデートを実施してください。
・バージョンアップ実施後、「SMS」は「メッセージ」に名称が変更されます。
・バージョンアップ実施後、「Sプランナー」は「カレンダー」に名称が変更されます。
・「スマートマネージャ」は「端末のメンテナンス」に名称が変更されます。
・バージョンアップ実施後、電話とSMSの着信拒否リストが統合されます。
・「スマートマネージャ」と「省電力モード」が新機能である「端末のメンテナンス」配下に統合されます。
・Sブラウザ経由で指紋センサーによるWebサインインを利用するにはGalaxy Passの設定が必要になります。
・Galaxy Passを設定するにはGalaxyアカウントのサインインが必要です。
・画面ロックの種類を指紋/パターン/PIN/パスワードに設定している場合、画面ロック状態から電源OFFする場合、あらかじめ設定しているパターン/PIN/パスワードの入力を求められます。
・アップデート後にGoogle PlayTMストアなどからアプリケーションをアップデートしてください。
※Android 6.0向けのアプリケーションはAndroid 7.0では正常に動作しない場合があります。
※Android 7.0に非対応のアプリによって携帯電話の動作が不安定になる場合や、機能が正常に動作しなくなる場合があります。
※各アプリケーションのAndroid 7.0対応有無については、アプリケーションの提供元にご確認ください。
・アップデートすると、一部の設定が初期化されます。アップデート完了後、再度設定を行ってください。




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Galaxy S7 edge 関連記事一覧 - S-MAX
Galaxy S7 edge SC-02Hの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

坂本龍一をCM起用したドコモの本気さがわかるスマートフォン【新生活特集】

4月にはAndroidを搭載したXperiaがリリースされますが、先だって発売されたdocomo PRO series SC-01BはCMに坂本龍一氏を採用するなど、ドコモのスマートフォンが注目されています。docomo PRO series SC-01Bは、タッチパネルと本体の前…

iPhone対抗の本命 最新のAndroid「Desire」の実力

ソフトバンクモバイルから発売されたDesire(X06HT)は、OS2.1を搭載し、Androidの可能性と実力を見せつけた端末といえる。現在人気のXperiaは、OS1.6搭載で、2.1へアップデートも10月予定ということもあり、OS2.1が使える国内端末は、当…

Xperiaを凌駕するか?最新Android2.1搭載 SoftBank「Desire」

ソフトバンクモバイルが発売したAndroid端末Desire(X06HT)は、OS2.1バージョンを搭載した最先端のスマートフォンだ。本体は、幅60mm×高さ119mm×厚さ11.9mmと、Xperiaの63mm、iPhone 3GSの62.1 mmに比べ、細くなっているところが特徴だ…

スマートフォンでワンセグ三昧 録画もできるぞ【au初のAndroidを試す】

au初のAndroid端末スマートブックIS01は、フルキーボード搭載のノートPCタイプのスマートフォンだ、ポケットに入るノートPCを超小型にしたような形状の携帯電話なのだ。小型ではあるが、パソコンなみのフルキーボードを搭載していること…

ゼロデイ攻撃に悪用される可能性アリ!Adobeの最新アップデートをお忘れなく【役立つセキュリティ】

つい先日、Adobe SystemsがPDF関連製品の「Adobe Reader」および「Adobe Acrobat」における脆弱性を修正するアップデートをリリースしました。Adobe Reader/Acrobatでは、既に前バージョンの9.3.2時点で脆弱性が発見されており、ゼロデ…