音楽ゲームのルーツ「パラッパラッパー」が20年の時を経てPS4に復活!


ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、PlayStation4用ソフトウェア「パラッパラッパー」を、2017年4月20日に発売する。価格はBlu-ray Disc版、ダウンロード版がいずれも1,800円(税別)。

「パラッパラッパー」は、1996年に初代PlayStationで発売され、現在「音ゲー(音楽ゲーム)」と呼ばれる、ゲーム内の音楽に合わせてプレイヤーが指示されたボタンを押してプレイするタイプのゲームの草分けとして大ヒットを記録した。

本作は、3D空間内に2次元で表現されたペーパークラフトのようなデザインのキャラクターがダンスとラップで物語を進めていくことになる。「音ゲー」と呼ばれるゲーム性だけでなく、キャラクターの個性や音楽性についても好評となり、ゲーム以外にも、企業コラボレーショングッズやテレビアニメ化など多岐にわたり展開されるなど、日本のみならず世界中で愛されている作品だ。

■本作の特長
フクザツな操作は必要なし! 誰でも簡単にラップ&ダンス!
主人公のパラッパはヒロインのサニーちゃんのハートを射止めるために、数々の困難にラップで立ち向かっていく。パラッパとステージごとに現れる様々なラップの先生が、リズムに合わせて交互にラップをしていき、見事カッコよく決められたらステージクリア。フクザツな操作は一切不要で、先生のお手本のラップに続けて、リズムよくコントローラーのボタンを押すだけ。大人から子供まで誰でも楽しめるゲームだ。

慣れてきたら、お手本に捉われることなく、自分の好きなリズムやスタイルでアドリブにも挑戦。いいパフォーマンスができれば先生が逃げ出してパラッパのソロステージ状態に!
PS4版では初代PS版からプレイシーンのビジュアルがキレイに生まれ変わり、キャラクターたちがより活き活きと描かれている。パラッパをはじめとする個性豊かなキャラクターたちが贈るノリノリのパフォーマンスを、ぜひ楽しんでほしい。

なお、パッケージ版、ダウンロード版ともに1,800円(税別)で購入可能。昔プレイしていた人も、これからプレイする人も、気軽に手にとって、一人でももちろん、友人や家族と一緒に楽しんでほしい。

なお、PlayStation Storeにて無料体験版を配信中。体験版ではステージ1「フルーツ道場」でタマネギ先生とのラップバトルが楽しめるようになっている。

PaRappaTheRapper_01_stage01_01

©Sony Interactive Entertainment Inc. ©Rodney A.Greenblat/Interlink

■パラッパラッパー

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・PASMO10周年を記念したイベントを開催
・東日本大震災の発生から6年。“防災動画の決定版”が完成
・水族館の人気者がハンコに。海の生きものにいつでも会える「うみのいきものずかん」
・ソフトバンク、小学生を対象にしたプログラミング体験イベント参加者を募集開始
・日本向けに開発したプリングルズの新定番フレーバー「ハラペーニョ&オニオン」が登場

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【速報】任天堂、新型ゲーム機「ニンテンドー3DS」を正式発表

任天堂株式会社は2010年3月23日付のニュースリリースにおいて、裸眼で3D映像のゲームが楽しめ、ニンテンドーDSシリーズの後継機となる新ゲーム機「ニンテンドー3DS」を、今2011年3月期中に発売すると発表していたが、ついに発表となった…

DSiLLが371円!99%OFFでの落札もあるオークションゲーム

株式会社リマークマインドは2010年6月24日、同社が運営するオークションゲームサービス「エイラクセン」における6月前半の落札実績を発表した。「エイラクセン」は、インターネットを活用し商品の購入権をオークション形式で競い合うゲ…

ドラえもんもビックリ!デジタル家電やゲーム機の煩わしいLANケーブルをなくすアイテム

デジタル家電やゲーム機など、LANポートを搭載したネットワーク対応機器が増えているが、配線が面倒だったり、ケーブルが邪魔になったりすることが多々ある。そうしたわずらわしいケーブルをなくすことができる周辺機器があったらすごく…

3Dゲームも遊べる!東芝、3DノートパソコンのWebモデルを発売へ

3Dは何もテレビばかりではない。ノートパソコンにも3Dの時代が着実にやってきている。東芝は、ブルーレイ3Dタイトルを高画質で楽しめる再生機能を搭載した3D対応ノートPCのWebオリジナルモデル「dynabook Satellite AXW/90MW」を商品化…

AMDの底力を見よ!これが最強の6画面のゲーム環境だ【AKIBAX 2010】

秋葉原電気街振興会は、自作パソコンの聖地「秋葉原」において、自作パソコン(PCDIY)をテーマにしたイベント「AKIBAX2010 PCDIYフェスタ」を本日(2010年7月10日)より開催した。入場料は、無料。期間は、明日(7月11日)まで。■ド迫…