グロービス、「グロービス学び放題」の個人向けサービスを開始。月額980円から


グロービスは2017年3月13日、ビジネススキルを学ぶ動画教材を定額制で提供する「グロービス学び放題」の個人向けサービスを開始する。

期間は1か月から契約でき、料金は月額980円(キャンペーン価格)から。専用サイト(https://hodai.globis.co.jp)にパソコン・スマートフォンでアクセスし、500本以上の動画を、いつでも、どこでも、何度でも視聴することができる。

動画コンテンツは、グロービスが保有してきたビジネスナレッジを基礎から応用まで体系的に収録。グロービス経営大学院やグロービスの法人研修で教鞭を執る各分野の講師などが登場し、分かりやすく解説していくとのこと。視聴時間は3〜10分とコンパクトなので、隙間時間を有効に活用して学ぶことができる。

数多くの動画コンテンツから各受講者が自分にとって最適なものを選べるようにするために「レコメンド機能」も備えている。受講者が職種や職位を選択すると、70以上用意してある学習コースから最適なものをオススメ。動画は2017年3月9日時点で522本を備えており、今後も毎月約20本ずつ拡充していく予定だ。

「グロービス学び放題」には、個人向けサービスのほかに、2016年8月に開始した法人向けサービスがある。すでに157社(2017年3月13日時点)に採用され、好評であることから、個人ユーザーにも広く提供することとしたもの。個人向けサービスと法人向けサービスで利用できる動画コンテンツでは機能は同一だが、契約期間とeラーニングサービスの有無などで違いがある。

■「グロービス学び放題」の概要
17269094_1430488587003568_767251168_o

■500本以上の動画コンテンツからビジネススキル、最新のビジネス知見を学習可能

動画コンテンツは、2017年3月9日時点で522本。グロービス法人研修部門およびグロービス経営大学院のビジネス人材育成ノウハウを結集し、マネジメントやリーダーシップに関する幅広いビジネスナレッジを学ぶことができる。

動画の視聴時間は1本当たり3〜10分とコンパクトで、数台のカメラを使用した動きのある編集、ホワイトボード・アニメーションの活用など、楽しく、継続的に学べる工夫を凝らしているとのこと。

また、グロービス経営大学院の合宿型カンファレンス「あすか会議」や、各界のリーダーが登壇する「G1」の各カンファレンスから厳選したセッション動画を収録。最新のビジネス知見を得ることができる。

17237042_1430488600336900_1483521501_o

■グロービス学び放題専用サイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
・国内有数のデジタルマーケティングの広告賞「コードアワード 2017」を開催
・タクシー配車アプリ「全国タクシー」で目的地へ到着する前に支払手続きが可能に
・全国どこからでも電子お薬手帳サービスharmoサービスに参加可能に
・コロチキ、瀬戸内の景色豊かで温暖な土庄町をアピール
・ソースネクストが老舗ソフトメーカーの筆まめを子会社化

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

友を失うその前に!? ビジネススキルの意外なる盲点

『あの人と一緒に仕事がしたい』ビジネスパーソンとして、周囲からそう思われる人間になれ!ベストセラー作家・エッセイスト・役者等さまざまな顔をもち、アタッカーズ・ビジネススクールの講師も勤める中谷彰宏氏は言います。『こんな…

多忙を極めるビジネスマンに、加圧トレーニングでボディデザイン【新生活特集】

春の訪れを感じさせるようになりましたが、新生活の始まりを機に日頃の不摂生を正し、肉体改造に取り組もうというビジネスマンの方は大勢いるでしょう。米国では“太っている人は出世ができない”なんていう話を聞くこともあり、要は自己…

多忙なビジネスマンに――、ポッコリお腹はサプリメントで対策を【新生活特集】

新生活がスタートする春の到来を機に、ポッコリお腹をへこませようと意を決したビジネスマンは多いはず。それでも、何かと多忙が続く、フィットネスクラブ通いや定期的にランニングをするといった運動習慣を定着させるには至らないとい…

ランナーデビューをサポートするビジネスマン必見アイテムとは?【新生活特集】

新生活がスタートする春の到来を機に、運動習慣を定着させようと決意するビジネスマンも多いのではないでしょうか。ただ、ランニング一つをとってみても、「三日坊主」という言葉がある通り、継続して続けるには、高いモチベーションと…

イケメン社長、野菜を売る――、若林輝男さんに聞く“農業ビジネスのカタチ”

生産者と消費者が直接結びつく新たな市場として、農林水産省の補助事業として昨年9月に始まり、全国9都市で開催されるようになったマルシェジャポン。晴れ渡った3月の休日、大勢のお客さんで賑わう六本木の会場では、なんと“生姜(しょ…