話題のウルトラモバイルPC「GPD Pocket」がクラウドファンディングサービスで募集開始


深センGPD technologyは、アメリカのクラウドファンディングサービス「INDIEGOGO」で、ウルトラモバイルPC「GPD Pocket」のバッカー募集を開始した。価格は5万6,800円(税送料込)で、2017年4月1日以降は7万4,800円(税送料込)。予約受付開始は2017年2月15日で、出荷開始予定は2017年6月となっている。

大人気のGPDシリーズの新ラインナップ「GPD Pocket」は、スタイリッシュでビジネステイストのUMPC。豊富な出力端子は用途を限らず、ミニミニノートPCとも言える小型軽量化により、気軽にどこへでも持ち運べるのが特徴だ。

■製品仕様
OS:Windows10 HOME 64bit/Ubuntu 16.04 LTS
本体カラー:シルバー(マグネシウム合金筐体)
本体サイズ:180×106×18.5mm
本体重量:480g
ディスプレイ:7インチフルHD(1920×1200)、IPS、323.45ppi、第三代ゴリラグラス、多層膜テクノロジー、マルチタッチパネル
SoC:インテル Atom X7-Z8700、クアッドコア1.6GHz
メインメモリ:4GB
ストレージ:128GB(eMMC5.1)
ネットワーク:無線LAN(802.11a/ac/b/g/n)、Wlan、2.4/5GHzデュアルバンド、Bluetooth4.1
拡張端子:USB-A(3.0)×1、USB-C(3.0)×1、microSDカードスロット、miniHDMI×1、3.5mmヘッドホン端子
内蔵バッテリー:リチウムポリマー充電池、7000mAh、12時間稼働
入力デバイス:QWERTYキーボード、トラックポイント
その他:ステレオスピーカー内蔵、マイク
保証:1年保証(初期不良交換、無料修理、無料交換対応。保証期間終了後は有償)

37776_JuvfllEJLs

■GPD Pocket
■INDIEGOGO

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
・最大解像度16,000dpiのMOBA/MMO特化型ゲーミングマウスが登場
・Steamコントローラー、Steamリンクをドスパラ・パソコン工房・グッドウィルで販売
・JAPANNEXT、4K対応の55型曲面液晶ディスプレイ「JN-VC550UHD」を発表
・人気の14インチハイコスパノートがApollo Lakeにアップグレードして再登場
・GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

Xperiaはパソコンに一番近いモバイル?【新生活特集】

Android OSを搭載するXperiaには、ほかのモバイルとは少々違う特徴があります。■豊富なアプリケーションXperiaは、iPhone同様に世界中で開発されてAndroidマーケットで公開されている豊富なアプリケーションがあります。Androidマーケッ…

ドコモスマートフォン「GALAXY S SC-02B」は本体のみで画面キャプチャができる

GALAXY SではiPhoneのように本体のみで画面撮影が可能!NTTドコモから発売されたAndroid 2.2(Froyo)を搭載したサムスン電子製スマートフォン「GALAXY S SC-02B」では、本体のみで画面のスクリーンキャプチャーができるようになっていま…

SFの世界がもうすぐそこに!?SONY360°立体ディスプレイRayModeler

SONY360°立体ディスプレイRayModeler360°立体ディスプレイRayModelerが、2010年12月9日〜11日まで開催されたエコプロダクツ2010のソニーブースに、参考出品として展示されていた。円柱の形をしたディスプレイは、どの方向からでも裸眼で…

パソコン出荷台数は15ヵ月増!地デジ対応モデルが大躍進した理由

地デジテレビが好調な販売だった11月は、パソコンの販売も順調だった。電子情報技術産業協会(JEITA)が調査した11月のパーソナルコンピューター国内出荷実績の結果から明らかになった。11月はPC出荷台数が69万8000台で前年同期比103.8…

知らないなんてもったいない!パソコンをアプリで高速化するワザ【′10-11年末年始特集】

「誰でも簡単にできる!パソコンの起動や動作を高速化するワザ」から始まった「高速化するワザ」シリーズも、今日で2日目となる。パソコンを使っている人の中には、購入したままの状態で使っている人も多いのではないだろうか。パソコン…