KDDI、au向け4.7インチコンパクトスマホ「AQUOS SERIE mini SHV38」を発表!IGZO液晶やSnapdragon 617、3GB RAMなどを搭載したミドルハイレンジモデルに



au向け新スマホ「AQUOS SERIE mini SHV38」が2月上旬に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、今春以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Spring」を都内にて開催し、約4.7インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶やオクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS SERIE mini SHV38」(シャープ製)を発表しています。

au向けのシャープ製小型ハイスペックスマホとしてシリーズ化されている「AQUOS SERIE mini」の最新モデルで、旧機種で2016年1月に発売された「AQUOS SERIE mini SHV33」(以下、SHV33)の後継機種。SHV33ではディスプレイの上左右の縁が狭い「EDGEST」デザインを採用していましたが、最近のシャープではEDGESTデザインをやめているのに従って普通のデザインに。

チップセットも64bit対応Qualcomm製「Snapdragon 617(MSM8952)」(最大1.5GHz×4コア+最大1.2GHz×4コア)と若干これまでのハイエンドの流れからすると落ちていますが、どんなシーンも綺麗に撮影できるスマホ最高レベルの高画素約2100万画素リアカメラと、フラッシュ付きでセルフィーも綺麗に撮影できるフロントカメラを搭載するなど、カメラ機能がより充実しています。

発売時期は2017年2月上旬を予定し、事前予約受付は後日実施される見込み。なお、価格(税込)は公式Webストア「au Online Shop」では本体価格48,600円(分割2,025円/月×24回)、毎月割1,350円×24回(総額32,400円)で実質負担額16,200円(分割675円/月×24回)からを予定しているということです。

その他、公式アクセサリーブランド「au +1 collection」からカバーを閉じたまま小窓での時計表示やカメラ撮影ができる専用「小窓付きブックタイプケース」などを販売するということです。

02

AQUOS SERIE mini SHV38は4.7インチサイズの小型ながら高い性能と多くの機能を搭載するミドルハイレンジクラスのスマホです。AQUOS SERIE miniシリーズとしては4代目。前機種SHV33のEDGESTデザインから新たに2.5Dラウンドガラス「Gorilla Glass 4」(Corning製)を採用し、手に馴染むラウンドフォルムデザインとなっています。

滑らかな曲線と研ぎすまされた直線的な側面のカットラインとの融合で、デザイン性と持ちやすさを両立。本体色も凛とした印象のネイビー、上品で清楚なホワイト、柔らかなニュアンスカラーのシャンパンピンクの3色を用意。サイズは約135×67×8.6mm(最厚部9.4mm)、質量は約134g。

03

機種AQUOS SERIE mini
型番SHV38SHV33
大きさ mm135×67×8.6126×66×8.9
重さ g134120
画面4.7型FHD4.7型FHD
電池容量 mAh24002810
SoCSnapdragon 617
(MSM8952)
Snapdragon 808
(MSM8992)
CPU1.5GHz×4+1.2GHz×41.8GHz×2+1.4GHz×4
GPUAdreno 405Adreno 418
RAM3GB3GB
ROM16GB16GB
microSDXCXC
背面カメラ約2100万画素約1310万画素
前面カメラ約800万画素約500万画素
OSAndroid 7.0Android 6.0
(→Android 7.0予定)

主な仕様は防水(IPX5・IPX8準拠)および防塵(IP6X準拠)、ワンセグ、おサイフケータイ(FeliCa)、NFC Type A/B、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2、位置情報取得(A-GPS)、テザリング(Wi-Fi 10台・Bluetooth 4台・USB 1台)、WPS対応、急速充電、非常用節電機能、緊急速報メール、au VoLTE、au世界サービスなどに対応。一方、赤外線通信やMU-MIMO、フルセグ、生体認証、ハイレゾ音源には非対応。

キャリアアグリゲーション(CA)に対応し、下り最大225Mbpsに対応。SIMカードはnanoSIMカード(4FF)サイズの「au Nano IC Card 04」。連続通話時間(VoLTE)は約900分、連続待受時間(LTE・WiMAX 2+)は約580時間、ワンセグ連続視聴時間は約7時間50分、電池持ち時間は約75時間、充電時間は約120分。

約2100万画素リアカメラはF1.9の明るいレンズとの組み合わせで細部まで追求した美しい写真を撮影可能。従来通り、リコー「GRシリーズ」開発メンバーによる画質認証プログラム「GR certified」を取得し、ハイエンドカメラユーザーまで満足させる高品位画質を実現。

また、AQUOSシリーズ初のフロントカメラにフラッシュを搭載。うす暗い場所でも明るく撮影できる「NightCatch II」にも対応し、明るくキレイにフロントカメラでの自撮りを楽しめるということです。

さらに本体右側面には音量上下キーや電源キーのほか、カメラ/シャッターキーも搭載。3.5mmイヤホンマイク端子およびmicroUSB端子はキャップレス防水に。また、日本メーカーとしてストラップホールも搭載。

画面下中央の一カ所にLEDを3灯配置し、LEDと画面の連動した「動き」で今までにない揺らぎを実現する「ヒカリエモーション」のほか、シャープ独自の人工知能(AI)機能「エモパー 5.0」や日本語文字入力アプリ「S-Shoin」なども搭載しています。

04




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
片手で使えるコンパクトサイズに充実のカメラ機能を搭載、シリーズ4作目となる「AQUOS SERIE mini」が新登場! | 2017年 | KDDI株式会社
KDDI株式会社向け「AQUOS SERIE mini SHV38」を製品化|ニュースリリース:シャープ
AQUOS SERIE mini(アクオス セリエ ミニ) SHV38 | スマートフォン(Android スマホ) | au
主な特長|AQUOS SERIE mini SHV38|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

MINIチアリーダーが日本に「元気な春」を【新生活特集】

日本に春の訪れを告げ、新生活の始まりを感じさせる、桜。桜前線が日本列島を北上し、各地で続々と開花宣言が発表されて行く中、3月2日“MINIの日”を皮切りに全国5都市で行われた道ゆく人々を元気にするイベントが、4月2日に北海道・札幌…

スポーツ中心の大規模SNSが誕生…対戦相手のブッキングサービスも搭載

オンライン上で“交流の場”が持てるソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下SNS)において、スポーツ分野に特化したSNS「365すぽーつでぃ(読み方:サンロクゴ スポーツディ)」が7日、公開された。野球、サッカー、ゴル…

電気シェーバーのブラウン「Series7」790cc-4LDE/新製品レビュー

10月から数量限定で販売開始となったブラウン「Series7」790cc-4LDE。同ブランドのトップに位置する電気シェーバーで、執筆時における通販サイトの大手「amazon」での実勢価格は、税込み3万5,198円となっている。高価格帯のラインナップ…

新型MINIの世界観を体験できる「ミニ・オープン・ハウス」を期間限定でオープン!

ビー・エム・ダブリューから先日発表となったMINIの注目の新モデル、「MINI Crossover(ミニ・クロスオーバー)」。MINI(ハッチバック)、MINI Convertible(ミニ・コンバーチブル)、MINI Clubman(ミニ・クラブマン)に続いて、MINIフ…

ポストペイ電子マネー「QUICPay」がAndroidのおサイフケータイに対応開始

おサイフケータイAndroidスマートフォン対応のQUICPay対応JCBなどクレジットカード各社が対応するポストペイ電子マネー「QUICPay」が、3/17からAndroidスマートフォンのおサイフケータイへの対応を開始しました。NTTドコモ、KDDI(au)…