Google Play対応でアプリ追加も可能!保護者メニューが充実した新しいジュニアスマートフォン「miraie f KYV39」を写真と動画でチェック【レポート】


充実の保護者メニューやココセコムにも対応!

既報通り、KDDIと沖縄セルラー電話は11日、京セラ製のAndroidスマートフォン(スマホ)「miraie f (ミライエ フォルテ)」(型番:KYV39)を1月下旬に発売すると発表した。

今回は、同日に都内で開催された「au発表会 2017 Spring」の展示会場で、miraie fを試すことができたので、写真と動画でレポートする。

170111_au_miraie_f_02_960
miraie fの本体正面

miraie fの主な特長は、Webサイトやアプリの制限機能、防犯ブザーや居場所確認機能、Google Playに対応しアプリのダウンロードが可能といった点で、とくにジュニア向けスアホとしてはGoogle Play対応は注目するべきポイントだろう。

170111_au_miraie_f_03_960
miraie fの本体背面


170111_au_miraie_f_04_1280
本体向かって左側面(左上)、右側面(左下)、下部側面(右上)、上部側面(右下)

本体のサイズは約67(幅)×135(高さ)× 9.9(厚さ)mm、重量は約136g、ディスプレイは約4.7インチHD(720×1280ドット)TFT液晶(約1677万色)を搭載し、IPX5・IPX8等級の防水性能およびIP5X等級の防塵性能に対応している。

本体カラーは、メインカラーの「スカイブルー」のほか、「スノーラベンダー」および「リーフグリーン」の3色展開。本体の上部側面には、3.5mmイヤホンジャック、au Nano IC Card(SIMカード)とmicroSDカードのスロットを備える。スロットのキャップは専用のピンで開ける仕様となっている。なお、microSDカードは最大32GBまでのmicroSDHCに対応。

本体正面に向かって左側面には、防犯ブザーのボタン、コーナー部分にはストラップホールを、右側面には電源(スリープ)ボタンとボリュームキー、本体下部側面はmicroUSB端子を搭載している。

背面のメインカメラは約1300万画素、正面のサブカメラは約200万画素のカメラをそれぞれ搭載する。また、2600mAhのバッテリーを内蔵している。

auの各種サービスにも対応しているが、ワンセグおよびフルセグ(テレビ機能)、おサイフケータイ、キャリアアグリケーション(CA)、NFC(情報取得/リンク)、au 世界サービス、赤外線には対応していない。

170111_au_miraie_f_05_960
内部ストレージ画面(左)、端末情報画面(右)

OSはAndroid 6.0.1(開発コード名:Marshmallow)、CPUは最大1.4GHz駆動の「MSM8917」(クアッドコア)を、内蔵メモリー(RAM)は2GB、内蔵ストレージ(ROM)は16GBを採用。展示機で内部ストレージを確認したところ、およそ9.4GBの空き容量があった。

170111_au_miraie_f_06_960
ホーム切替画面(左)、保護者メニュー(右)

ホームアプリは「標準ホーム」と「auベーシックホーム」の2種類を用意。「保護者メニュー」ではデザインや機能を充実した。保護者メニューのトップ画面は、リスト表示からイラストのあるパネル表示になり、視覚的に分かりやすいデザインに変更している。

なお、Android標準の設定メニューも、一部のメニュー以外はこの保護者メニューの「その他の設定」から参照することになる。操作性としては従来のAndroidスマートフォンとは異なるので注意が必要だ。

170111_au_miraie_f_07_960
本体の利用制限の時間帯を設定する画面(左)、あんしん文字入力の設定画面(右)

保護者メニューはあらかじめ設定したロック解除をしてから起動する。保護者メニューの中にはさまざまな利用制限や許可を設定する項目があり、端末利用制限/許可やアプリ利用制限/許可の設定ができる。

また、「あんしん文字入力」では、「アホ」「バカ」など子どもに使わせたくない文言を設定できる。あらかじめいくつかの文言が設定されているが、「NGワードを登録する」から追加で文言の設定ができる。登録された文言を入力した場合は、確認画面が表示される。

170111_au_miraie_f_08_960
フィルタリングレベルの設定画面(左)、防犯の設定画面(右)

フィルタリングレベルの設定では、アプリおよびWebサイトのフィルタリングを設定することが可能。「小学生」「中学生」「高校生」のいずれかを選択する簡単操作で、子どもの成長にあわせて、変更できる点も特徴。

防犯の設定では、ココセコムの設定もできる。かつて「mamorino(マモリーノ)」シリーズで対応していたココセコムが、ジュニア向けのスマートフォンとしては初めて対応した。ココセコムオペレーションセンターへの通報サービスや、現場急行サービスの利用ができる。現場急行サービスには別途利用料が必要。

なお、防犯ブザーについては、誤操作防止のため、ブザーを押した後、ディスプレイに改めてブザーを鳴らすかどうかの確認画面が表示される。その表示をタップすることでブザーを鳴らすことができる。

170111_au_miraie_f_09_960

170111_au_miraie_f_10_960
仕様と主な特長


170111_au_miraie_f_11_960
miraie f Washable Case


170111_au_miraie_f_12_960
左からパッケージ、本体背面、本体正面


170111_au_miraie_f_13_960
カバー部分を開いたところ


170111_au_miraie_f_14_960
手に持った様子

公式アクセサリーブランド「au +1 collection」では、1月12日 (木)10時から公式Webストア「au Online Shop」にてmiraie fの各種アクセサリーの予約を開始する。展示会場では、その中のひとつ「miraie f Washable Case」を展示していた。

ケースに付着した汚れを洗い流すことができるというこのケースは、カバー部分を開いて利用するブックタイプのケースだ。「Sky Blue」「Snow Lavender」の2色をラインナップする。蛍光タグのリフレクターを付属し、ストラップホールに取り付けることが可能。この他、ハイブリッドカバーや保護フィルムなど合計8種類のアクセサリー商品を用意する。

最後に、会場の説明員にmiraie fの管理者メニューなど主な特長について解説してもらったので、その様子を動画で紹介する。


S-MAX:au向け京セラ製「miraie f(ミライエ フォルテ)」ファーストインプレッション


170111_au_miraie_f_15_960




記事執筆・撮影:2106bpm(つとむびーぴーえむ)


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
保護者も安心。auの新しいジュニアスマートフォン「miraie f」登場! | 2017年 | KDDI株式会社)
miraie f | Android スマートフォン| 京セラ | Android スマートフォン| 京セラ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

マウスの動きでアプリを軽快に操作しよう【知っ得!虎の巻】

アプリケーションの起動や、テキストのコピー、貼り付け、ブラウザの操作は、通常はマウスを使ってメニューやアイコンを操作する。画面の小さいネットブックでは、なかなか思い通りに操作できないことがある。今回は、よく行う操作を手…

小窓でお知らせ!起動しているアプリがすぐわかる【いまから知っ得 Windows 7】

Windows 7は、グラフィカルユーザーインターフェイス「Aero(エアロ)」とともにタスクバーを進化させ、Windows Vistaに比べてOSの操作性を格段に向上させている点に大きな魅力がある。前回はタスクバーのタスクボタンをとりあげたが、…

「感情」と「笑い」だ iPhoneアプリ市場で“侍”を目指す作品作りのイロハ【デジタルネイティブと企業】

アップル社が世界各国で発売したiPhone 3Gの登場で立ち上がったiPhoneアプリケーション市場は急成長を遂げ、インターネットの金鉱のごとく法人・個人を巻き込んだゴールドラッシュを生み出した。アプリケーション開発ができれば、法人・…

国内初のグーグルケータイ登場!地磁気センサーで星座も方位も一発表示【09夏ケータイ ドコモ編】

2009年5月19日、NTTドコモは国内初となるAndroid搭載のスマートフォン「HT-03A」を発表した。「HT-03A」は、HTC社製「HTC Magic」の国内向けモデルとなる。「HT-03A」は、地磁気センサーの搭載により羅針盤機能を利用することができる。…

発売前に徹底チェック!最速スマートフォン NTT docomo 「T-01A」のブロガー内覧会が開催

19日にNTTドコモから発表された東芝製スマートフォン「T-01A」のブロガー内覧会5月22日(金)に開催される。今回の内覧会は、現在発売されているスマートフォン中でも最速とも評価されている「T-01A」を発売前にブロガーを対象に体験する…