新感覚のサバゲー体験! 射撃距離200mの次世代トイガン「赤外線銃」をドワンゴが発売




株式会社ドワンゴのモバイル事業本部が運営する通販サイト「ドワンゴジェイピーストア」にて、「M24スナイパーライフル風赤外線銃」(69,800円〜)と「89式小型銃風赤外線銃」(150,000円)の販売が開始された。

■トイガンの常識をくつがえす、次世代トイガン「赤外線銃」
IMG_7283_s

この赤外線銃はBB弾を飛ばす従来のトイガンと違い、赤外線を発射するため、安全に誰でもどこでも遊ぶことができる。トリガーを引くと赤外線が飛ぶ仕組みになっており、ヘルメット型の受信機か据え置きのターゲットでヒットの判断ができる。従来のトイガンではBB弾を発射するため「痛い」「危ない」という心配もあったが、子どもでも安全に遊ぶことが出来るようになった。

さらに、従来のBB弾では50m程度の狙撃が限界だが「M24スナイパーライフル風赤外線銃」では、空気の抵抗を受けることなく真っ直ぐ狙撃することが可能で、最大200mの距離で遊ぶことができる。これまでは難しかった遠距離でのスナイパー戦を楽しむ事もできるというわけだ。

IMG_2946-2

「M24スナイパーライフル風赤外線銃」は最大飛距離200mの遠距離射撃を可能にしたモデルで、「89式小型銃風赤外線銃」は音や重量、質感などのリアルさを追求したモデル。どちらのモデルも予備自衛官として狙撃部隊に所属するプロが1丁1丁調整しているため、ガンマニアでも満足できる出来となっているということだ。

■オフィスがサバゲー会場に!
IMG_8861-1-2

遊ぶ場所を選ばないので、オフィスや自宅でサバゲーを楽しむことが可能。また、室内でのサバイバルゲームはもちろん、大人数での射的ゲームやビルとビルの間でのスナイパー戦、ドローンに的を吊るしたリアルインベーダー風ゲームなどアイディア次第で遊び方は無限大だ。パーティーやイベントで盛り上がること間違い無しだ。

完全受注生産のため、興味を持った人は早めにチェックしてみてはいかがだろう。

ドワンゴジェイピーストアHP

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

DIESELが「0円」でTシャツを販売、公式サイトでも入手可能

イタリアのプレミアム・カジュアル・ブランド「DIESEL(ディーゼル)」は2月27日、28日の2日間、「0円」でTシャツを販売するゲリラストア「BE STUPID STORE」を原宿に限定オープンする。DIESELは、1991年から、斬新なテーマと強烈なビジ…

ユーザーが本音で評価したマルチタッチも可能なタブレット「Bamboo Fun」のポイント

ワコムのタブレットは、入力精度の高さと使いやすさにより、プロのデザイナーやイラストレーターをはじめ、多くのグラフィックを扱うユーザーに支持されている。最近では、グラフィックの手書き用途だけでなく、WordやExcelに手書きの指…

3Dゲームも遊べる!東芝、3DノートパソコンのWebモデルを発売へ

3Dは何もテレビばかりではない。ノートパソコンにも3Dの時代が着実にやってきている。東芝は、ブルーレイ3Dタイトルを高画質で楽しめる再生機能を搭載した3D対応ノートPCのWebオリジナルモデル「dynabook Satellite AXW/90MW」を商品化…

ゼロデイ攻撃に悪用される可能性アリ!Adobeの最新アップデートをお忘れなく【役立つセキュリティ】

つい先日、Adobe SystemsがPDF関連製品の「Adobe Reader」および「Adobe Acrobat」における脆弱性を修正するアップデートをリリースしました。Adobe Reader/Acrobatでは、既に前バージョンの9.3.2時点で脆弱性が発見されており、ゼロデ…

もはや芸術品!ScanSnap 漆塗り特別モデルが登場

スキャナーは、紙の資料や名刺などをデジタルデータ化に便利だが、実用性を重視するものなので、今までは高級モデルは存在しなかった。しかし、ついにPFUから芸術品とまでいえる、超高級モデルが登場する。PFUは1960年にウノケ電子工業…