au VoLTEにも対応したSIMフリーのハイスペックWindows 10 Mobileスマホ「HP Elite x3」を写真と動画で紹介!6インチWQHD有機ELやSnapdragon 820、4GB RAMなど【レポート】



ハイスペックWindows 10 Mobileスマホ「HP Elite x3」を写真や動画でチェック!

既報通り、日本HPおよびKDDIは8月31日、都内にて記者説明会を開催し、日本国内での発売が予告されていたSIMフリーのWindows 10 Mobileスマートフォン(スマホ)「HP Elite x3」を正式に発表しました。すでに日本HPのオンラインストア「HP Directplus」などにて9月5日より販売が開始されています。

HP Elite x3はOSにWindows 10 Mobileを採用した製品として日本では初のQualcomm製最上位CPU「Snapdragon 820」を搭載し、4GB内蔵メモリー(RAM)や5.96インチWQHD(1440×2560ドット)有機ELディスプレイなどを搭載するハイエンドモデルです。

また、IP67水準の防水・防塵に加え、米軍も採択する「MIL-STD-810G」準拠の耐衝撃性能にも対応し、Windows 10の注目機能である「Continuum」についても無線だけだけでなく、有線接続でも可能になっています。

また、au回線でも使えるように高音質通話サービス「au VoLTE」やau 4G LTE・WiMAX2+にも対応し、キャリアアグリゲーション(CA)も利用できるなど、auの相互接続性試験(IOT)を取得しているのも大きなポイント。

今回、そんな日本でははじめてのWindows 10 Mobileスマホの最上位モデルとなったHP Elite x3の実機に説明会後の展示会場にて触れる機会を得ましたので、写真や動画にて紹介していきたいと思います。

_DSC4523

HP Elite x3は約5.96インチディスプレイを搭載しているため、スマホというよりはファブレットサイズとなっています。実際に手で持ってみましたが、片手で操作するには少々難しいと感じました。Windows 10 Mobileではキーボードを利き手側に寄せる機能もあるため、そういったカスタマイズを行って使うと良いでしょう。

また、ディスプレイ上部にあるカメラが2つありますが、外側のカメラが撮影やビデオチャットに利用するインカメラ。内側(受話スピーカー側)にあるのは虹彩認証用のカメラで、「Microsoft Hello」でロック解除が行えます。

_DSC4522

背面はマットな塗装がされており、滑り止めのようにもなっています。確かに本体は大きいのですが、マット塗装のおかげで持った時のホールド感は良かったです。また、"hp"のロゴマークはハイエンドモデルにだけ許された4本斜線のものが使われています。

一方、背面の中央に配置されているが指紋認証センサー。表面に配された虹彩認証カメラと合わせ、ビジネス向けということでセキュリティー面にかなり力が入っているのがわかるのではないでしょうか。

_DSC4524
HP Elite x3の下側面


_DSC4525
HP Elite x3の上側面


_DSC4526
HP Elite x3の右側面


_DSC4527
HP Elite x3の左側面

本体下部には充電やContinuumなどのための専用ドックなどと接続するためのUSB Type-C端子が用意されています。また、上部には3.5mmイヤホンマイク端子、正面向かって右側面には電源キーと音量上下キー、左側面はSIMカードおよびmicroSDカードスロットがあります。

_DSC4530
SIMカード・microSDカードスロット

SIMカードはnanoSIMカード(4FF)サイズ。スロットはmicroSDカードとともにトレーに乗せて挿入します。microSDカード側にもnanoSIMカードを取付可能なようにも見えますが、仕様としてはシングルSIMとのことです。

_DSC4528
正面下部にあるスピーカー

また、HP Elite x3の外観的なアクセントになっているのが正面下部のスピーカーです。ランダムにホールが配されていること、シルバーのメタリックがワンポイントになっているのがオシャレで、さらにBang & Olufsen製のスピーカーであることがわかるようにロゴも入っています。

その他、細かな製品情報はすでに紹介している「日本HP、au VoLTEにも対応したWindows 10 Mobile搭載の6インチハイエンドなSIMフリースマホ「HP Elite x3」を9月5日より順次発売!指紋・虹彩認証や各種ドックなど - S-MAX」を参照してください。また以下にHP Elite x3の展示を紹介した動画を掲載しておきます。


動画リンク:https://youtu.be/cB1qv4nqt8Y

_DSC4548

_DSC4547
専用ドックでContinuumデモ

さらにデモンストレーションとして注目機能であるHP Elite x3の有線接続におけるContinuumも行われていました。上の写真は通常通り、有線接続でContinuumを行い、Windows 10 Mobileの「Microsoft Excel」アプリを立ち上げた状態です。

下の写真はhpが提供するシンクライアントソリューション「HP Workspace」に接続し、他の場所にあるWindowsパソコン(PC)のMicrosoft Excelを立ち上げています。Continuumはあくまでアプリが対応している必要があるだけでなく、対応していてもWindows 10 Mobile版となるため、完全にWindows 10の置き換えにはなりません。

一方、HP Workspaceはネットワーク経由で他のWindows 10搭載PCを利用できるサービスなので、完全なWindows 10として利用できるメリットがあります。

なお、利用するには別途、HP Workspaceの契約・導入が必要となりますが、普段はWindows 10 Mobileで軽快に作業を行い、PC版にしかない機能を使いたいときはネットワーク越しにHP Wordspaceを活用するといった使い分けが可能です。この辺りもHP Elite x3の掲げる「3in1」の魅力のひとつでしょう。

_DSC4544

_DSC4551
HP Elite x3の専用ドック

周辺機器として提供される専用ドックはHP Elite x3の本体をそのまま差し込むだけで利用可能です。ドックの背面にはUSB端子やEthernet(有線LAN)端子、HDMI端子があり、拡張性はかなり高くなっています。

_DSC4536
ノートドックは見た目は完全にノートPC

また、会場でもひときわ人気があったのがノートドックです。据え置き型のディスプレイに映像出力を行うのではなく、ディスプレイやキーボード、ポインティングデバイスが一体化したノートPC型のノートドックにHP Elite x3をContinuum接続し、さながらノートPCのように使えるという周辺機器です。

_DSC4537


_DSC4539
ノートドックの左右側面

ノートドック自体にもUSB端子などが用意されており、必要に応じUSB機器を接続してHP Elite x3で利用するといったことも可能になっています。

_DSC4541

ノートドックのキーボードはキーストロークも深めになっており、打鍵感も良好です。持ち歩けるBluetoothキーボードなどはキー配列が特殊だったり、キーストロークが浅く打鍵感がないため使いづらいものが多いのですが、Continuumの仕組みを生かし、思い切った方向で用意されたノートドックはかなり使いやすそうに感じました。

こういった使い方は、説明会のプレゼンテーションの中でも「生産性を向上させる」や「どこでもオフィスと同じように使える」といった場所や状況にとらわれない新しい3in1デバイスとして紹介されていたHP Elite x3ならではの工夫だと思われます。

Windows 10 Mobileスマホとして、初の多いHP Elite x3ですが、発表内容から法人向けにしか販売されないようなイメージを持たれている人もいるかもしれませんが、個人での購入も可能になっています。

価格(税抜)はHP Elite x3の通常版が77,800円、プレミアムパッケージが79,800円、ノートドックが49,800円、デスクドックが12,000円。HP Directplusではプレミアムパッケージ69,800円になる「早得キャンペーン」も実施していますので、個人・法人で使ってみようという人は是非チェックしてみてください。

HP Directplus


記事執筆:黒ぽん
動画撮影:mi2_303


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
HP Elite x3 関連記事一覧 - S-MAX

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…