災害時に無料で使えるWi-Fiサービス「00000JAPAN」を試してみた!契約不要・事前設定不要で利用可能――ホテルやコンビニ、飲食店などで使えた【レポート】



[email protected]

熊本地震の発生を受けて運用が開始された災害用の無料公衆無線LAN(Wi-Fi)サービス「00000JAPAN」は、NTTドコモおよびKDDi、ソフトバンクなどの携帯電話会社のWi-Fiサービスを契約していない場合でも"一切の事前準備不要"で無料でWi-Fiが利用可能だ。これにより、被災地やその周辺において災害に関する情報収集や安否情報の確認・登録などに活用することができる。

今回、筆者は最大震度7を記録した4月14日の地震の翌日4月15日の朝から福岡県内(主に博多など中心部)に滞在する機会があったので、実際に00000JAPANを試してみたので紹介する。

なお、00000JAPANが利用可能な施設などを調べて回ってみたところ、コンビニエンスストアや飲食店などでも00000JAPANが利用できるようになっていた。ただし、バックボーンは固定回線に限らず、モバイル回線をバックボーンとするスポットも少なくなかった。

現在、熊本県を含む九州の各県内にて00000JAPANが無料で利用できるようになっており、使い方はセキュリティーがかかっていないため、Wi-Fiをオンにして「00000JAPAN」を選ぶだけだ。

【提供エリア】
・熊本県内および九州地方

【対象SSID】
00000JAPAN
(先頭は数字のゼロが5つ)


ただし、00000JAPANは普段は運用されていないサービスなので、店頭などで「00000JAPANが利用可能」という掲示が基本的にされていない(被災地ではされている場所もあるかもしれない)上、実際にはサービスが利用可能な状態であってもサービスが提供されているかどうかを施設のスタッフが知らないケースも少なくなかった。

このため、00000JAPANを使ったインターネット接続が実際に可能かどうかは、利用者自身が目的の施設を訪れた上で試してみるのが良いようだ。これについては、例えば、NTT空間情報がdocomo Wi-Fiによる00000JAPANを含め、NTTグループが提供しているDoSPOTや各地域Wi-Fiなどを利用した無料Wi-Fiの稼働状況を公開しているのである程度参考にできそうだ。

九州地方 公衆無線LAN稼働状況
http://153.149.27.137/map.php?type=1

九州地方 公衆無線LAN稼働状況(現在停止中のアクセスポイント)
http://153.149.27.137/map.php?type=2

ちなみに、00000JAPANを使ったWi-Fiは、契約不要かつ事前設定不要で使えるインターネット接続手段として、災害発生時には便利に使える一方で、上述通り、Wi-Fiが暗号化されていない点や00000JAPANのSSIDが悪意あるユーザーによって提供された「偽アクセスポイント」で運用されている可能性を排除できないという点はリスクがある。そのため、このサービスを使ってインターネット接続を利用する場合は、VPNを利用しないのであれば、Webサイトへのクレジットカード情報の入力などを控えた方がベターだと思われる。

02
00000JAPANを利用しているところ。通信の暗号化はないので注意


03
au FUKUOKAにて00000JAPANを使用


04
SoftBank Wi-Fiも「00000JAPAN」として利用可能に

00000JAPANは利用可能なエリアが明確に表示されていないけれど、滞在した福岡県博多区近辺では、コンビニエンスストアやホテル、スターバックス、その他の一部飲食店などで利用することができた。

ただし、同一チェーンで展開するコンビニエンスストアであっても店舗によって00000JAPANを利用できる店舗とそうでない店舗が混在しているため、どこで事前に使えるかを把握するのが難しいのは今後の課題と思う(特に、00000JAPANは平常時に使うことができないので、平常時に情報として知っておくことも難しい)。

実際に各携帯電話会社のWi-Fiサービスが提供されているコンビニエンスストアでも一番上の写真のようにSSID「00000JAPAN」がない店舗もあった。

災害時の情報収集などに利用できる通信手段として、00000JAPANが活用されることに期待はしているけれど、被災中に「どこで使えるのか」(サービスが提供されるのか)についての正確な情報はなかなか難しいため、平時でもある程度提供予定の場所を確認できる仕組みがないと、どこで使えるのかを把握するのが難しく、その点については今後の改善に期待したいところだ。

なお、00000JAPANは4月16日より各避難所にもアクセスポイントが順次開設される予定とされており、提供する無線LANビジネス推進連絡会の公式Webサイト「00000JAPANポータル | 無線LANビジネス推進連絡会【WiBiz(ワイビズ)】無線LANビジネス推進連絡会【WiBiz(ワイビズ)】」にて00000JAPANの最新情報について確認できる。

記事執筆:[email protected]


[email protected]
契約や事前設定不要、災害時の無料Wi-Fi「00000JAPAN」はホテル・コンビニ・飲食店で使えた | [email protected]

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…

【気になるトレンド用語】″FON″は無線LANの無料天国をつくれるか?

最近、ITニュースなどでも、盛んに"FON(フォン)"という無料で使える無線LANの話題をよく見かけるようになりました。無線LANはケーブルレスでネットに接続できる便利な方法ですが、どうやって"無料"になるのでしょうか?今回は、無料で…

【世界のモバイル】国境を越えはじめた通信サービス!日本以外の世界が繋がる「国際ローミング」の新しい潮流

普段自分が使っている携帯電話をそのまま海外に持ち出して利用できる、そんな便利なサービスが"国際ローミングサービス"だ。日本でも利用者が増えてきているが、海外の多くの国では何年も前から一般的なサービスであり、海外渡航時に携…

【ケータイラボ】出先で利用するのはどれがオススメ? 最新の″カード型通信端末″をチェック

筆者は、出先で仕事をすることが多くあるので、ノートパソコンを持ち歩くことが多い。特に最近はモバイルタイプのノートパソコンが軽量化したことで、持ち運びに苦痛を感じなくなったから持ち歩くことが多くなった。また、無線LANに対応…