Appleの新4インチスマホ「iPhone SE」がiFixitによって分解!内蔵メモリーはiPhone 6sシリーズと同じ2GBに――電池容量は1624mAhに



Appleの新小型スマホ「iPhone SE」がiFixitによって分解!

iFixitは1日(現地時間)、日本時間では3月22日に発表され、先日3月31日に発売されたAppleの新しい4インチスマートフォン(スマホ)「iPhone SE」を分解したレビューを掲載しています。

分解に用いた製品はアメリカ(米国)向け「A1662」と日本で販売されている「A1723」ではありませんが、携帯電話ネットワーク以外は基本的には同じと見られます。

これによりAppleが公開している両製品の仕様では内蔵メモリー(RAM)や電池パックの容量などの詳細なスペックが明らかにされていませんが、今回、分解したことによる部品によってそれらの数値が判明しています。

02

03

04

05
分解時の画像はiFixitより

詳細はiFixitのWebページを見たほうがいいと思いますが、まずは内蔵メモリー(RAM)がSK Hynix製の2GB LPDDR4を搭載しています(iPhone 6sではSamsung Electronics製、iPhone 6s PlusではSK Hynix製でそれぞれ同様に2GB LPDDR4 RAM)。ベンチマークなどでも判明していましたが、部品的には2GBで1枚で構成されています。

同じ型番の製品であっても部品のメーカーは異なっている可能性もありますが、内蔵ストレージはTOSHIBA製、iPhone 6sはTOSHIBA製、iPhone 6s PlusはSK Hynix製でそれぞれ16GB。

チップセットのA9は「APL1022」となっており、iFixitが分解したiPhone 6s Plusと同じ(iPhone 6sは「APL0898」)ですが、製造メーカーが異なり、iPhone 6sシリーズと同様に同じSKU(製品)でもどちらが搭載されているかは購入してみないとわからないです。

なお、APL1022が16nmプロセスで製造されたTSMC製、APL0898が14nmプロセスで製造されたSamsung Electronics製です。

モデムはiPhone 6シリーズと同じQualcomm製「MDM9625M」で、LTE UE Category 4対応。iPhone 6sシリーズはより新しい「MDM9635M」でLTE UE Category 6によるキャリアグリゲーション(CA)に対応していたので残念なところ。

無線LAN(Wi-Fi)モジュールは中国メーカーのUniversal Scientific Industrial製「339S00134」となっている模様。

電池パック(リチウムイオンバッテリー)は1624mAhで、iPhone 5sの1560mAhよりもわずかに容量が増えたものの、iPhone 6sの1715mAhやiPhone 6s Plusの2750mAhよりは少なくなっています。

とはいえ、連続利用時間はiPhone 5sだけでなく、iPhone 6sやiPhone 6よりも長くなっているのは4インチと画面サイズが小さかったり、解像度が低かったりするためでしょうか。

ほとんどの部品が従来のiPhone 6sシリーズやiPhone 6シリーズ、iPhone 5sからの流用となっているようです。なお、iFixitでは修理(分解)のしやすさを6点(10点満点)とし、iPhone 6sシリーズの7点より低いものの、iPhone 5sと同じとしています。

機種iPhone SEiPhone 5siPhone 6siPhone 6iPhone 6s PlusiPhone 6 Plus
大きさ mm123.8×58.6×7.6123.8×58.6×7.6138.3×67.1×7.1138.1×67.0×6.9158.2×77.9×7.3158.1×77.8×7.1
重さ g113112129143192172
CPUA9+M9A7+M7A9+M9A8+M8A9+M9A8+M8
RAM2GB
LPDDR4
1GB
LPDDR3
2GB
LPDDR4
1GB
LPDDR3
2GB
LPDDR4
1GB
LPDDR3
電池3.8V
1624mAh
6.2Wh
3.8V
1570mAh
5.96Wh
3.82V
1715mAh
6.55Whr
3.82V
6.91Whr
1810mAh
3.80V
10.61Whr
2750mAh
3.82V
11.23Whr
2915mAh


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Appleの新しいスマホ「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」がiFixitによって分解!内蔵メモリーはiPhoneシリーズ初の2GBに――電池容量はともに1割程度減少 - S-MAX
iPhone SE Teardown - iFixit

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…

【デジカメ調査室】強力二重奏!新「LUMIX」シリーズ6機種発表

松下電器産業は2007年1月31日(水)、パナソニックセンター東京において、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズ新製品6機種の記者発表会を行った。今回発表された製品は、世界最薄※1・広角28mm※2ズームレンズ搭載の「FX30」、世界最小※…

【ケータイラボ】薄くなった快適ナビ!アンテナ内蔵のハンディナビゲーション端末「Mio DigiWalker C323」レビュー

マイタックジャパンは、4.3型の液晶タッチパネルスクリーンを採用した車載用ナビゲーションシステムを発売した。価格はオープンプライスで、店頭実売価格は46,800円前後。手のひらサイズで、バッテリー駆動が可能なので持ち運びもできる…